【2020年版】ドコモ光の料金を徹底解説!おトクに使える条件も公開!

【2020年版】ドコモ光の料金を徹底解説!おトクに使える条件も公開!

ドコモ光はNTTドコモが提供している光回線であり、ドコモユーザーは最安の光回線になります。

戸建ての月額(回線料+プロバイダ料)は5,200円、マンションは4,000円であり、ドコモのスマホとのセット料金がとてもお得です。料金プランの詳細や内訳、ドコモ光に変えることでどれくらい割引されるのかを、シミュレーションしながら徹底解説します。

ドコモ光の料金を他社と比較しながら徹底解説!内訳や料金プラン・支払方法を紹介!

ドコモ光はNTTドコモが提供しているインターネット光回線です。NTT西日本・東日本が提供しているフレッツ光とは、同じNTT系列にはなりますが別会社であるため、回線やサービス内容が異なります。NTTドコモが提供しているドコモ光の詳しい料金プランやその内訳・支払い方法などを紹介します。

ドコモ光の料金プランと内訳を解説!

ドコモ光の料金プラン

結論から先に言うと、ドコモ光の月額料金は、一戸建ての方は5,200円、マンションの方は4,000円になります。他社の光回線と同様に、ドコモ光も回線とプロバイダの両方と契約する必要があります。

ドコモ光の月々の支払料金の内訳は、「回線基本料」+「プロバイダ料金」+「基本工事費」+「(必要に応じて)オプション」-「ドコモ光セット割」になります。
それぞれ紹介していきます。

3つの料金プラン

ドコモ光には3つのプランがあり、基本的に光回線の基本料金とプロバイダの料金がセットになったプランになります。

  • タイプA:最安のプラン
  • タイプB:タイプAより200円高いプラン
  • 単独プラン:プロバイダを別に契約できるプラン

3つのプランの料金表

マンション戸建て
タイプA4,000円5,200円
タイプB4,200円5,400円
単独4,300円~5,500円~

タイプAよりタイプBの方が200円高いため、例えばインターネット回線のスピードが違うのではないか?より特典が付くのではないか?などと思うかもしれないが、契約するプロバイダの違いになるため大きな違いはありません。そのため、最安プランであるタイプAをオススメします。以前から使っているプロバイダがタイプBであるなどといった、プロバイダへのこだわりがない場合、タイプBや単独プランを選ぶメリットはありません。

基本工事費

ドコモ光の月額料金には、インターネット回線の基本料金やプロバイダの他に、初期工事費がかかってきます。初期工事費の料金は3パターンあります。※①②③のパターンに関わらず、事務手続きの手数料3,000円は必要となります。

  1. (現在フレッツ光を利用しておらず、)一戸建てに住んでいる方は18,000円
  2. (現在フレッツ光を利用しておらず、)マンションに住んでいる方は15,000円
  3. 現在フレッツ光を利用しておりドコモ光に転用される場合、工事費が無料

フレッツ光を使っている方は、ドコモ光の工事費だけではなく、フレッツ光の違約金も無料になるため、手続き手数料の3,000円のみとなります。

フレッツ光を使っていない方は、マンションなら15,000円・一戸建てなら18,000円支払っていきます。12/24/36/48/60回の分割での支払いとなり、詳細は下記になります。分割回数を多くすることで、月々の負担を減らすことができます。

【一戸建ての毎月の工事費】

初期工事費12回24回36回48回60回
18,000円1,500円750円500円375円300円

【マンションの毎月の工事費】

初期工事費12回24回36回48回60回
15,000円1,250円625円416円312円250円

後ほど詳しく解説はしますが、専用ページから申し込むだけで、工事費が無料になるキャンペーンが開催中になります。

オプション

ドコモ光にはさまざまなオプションがありますので、一挙に紹介します。

①ドコモ光電話/月額500円
ドコモ光回線を使用した固定電話サービスです。電話番号も電話機もそのまま使えて、月額500円から利用できます。

②ドコモ光テレビオプション/月額750円
アンテナ不要で地デジやBSを楽しむことができます。新4K8K衛星放送にも対応しています。スカパーも見たいという方は、合計2,973円(ドコモ光テレビオプション750円+スカパー基本使用料390円+チャンネルパック料金1,833円)で利用可能です。

<ここからは@nifty with ドコモ光に申し込みの方限定のオプションサービスになります>
③常時安全セキュリティ24/月額500円(最大12ヵ月無料)
「お子さまのネット使い過ぎ防止」「危険サイトへのアクセス防止」「ネットバンキング保護機能」「お子さまの見守りやスマホの紛失対策」など、さまざまなインターネット上の危険・脅威から守ってくれるサービスです。

④@nifty まかせて365/月額500円
「PCやスマホの動作不具合」「PCやスマホの設定」「ウイルスのトラブル」「データ移行」など、身近でよくあるトラブルに関する相談・問い合わせを365日いつでも行うことができるサービスです。通常のサポート窓口ではお答えできない内容でも、解決できるように全面的にサポートしてくれます。

⑤@nifty 詐欺ウォール/月額500円(初月無料)
ウイルス対策ソフトとは別の「ネット詐欺」専用セキュリティソフトが月額500円で利用することができます。

⑥@nifty生活トラブルレスキュー/月額500円
水回り・カギ・ガラスのトラブルなどに対して、24時間365日、電話一本でかけつけてくれるサービスです。基本的に全国どこでも、出張費や作業費が0円で対応してくれます。

他にもいろいろなオプションがありますので、気になる方はチェックしてみてください。

ドコモ光は結局お得なの?大手3社のプランと比較!

プランと比較!

ドコモ光の料金プランとその中身を説明しましたが、大手3社(フレッツ光・auひかり・SoftBank光)と比較するとお得なのかどうか解説します。

大手3社との比較表

ドコモ光auひかりSoftBank光フレッツ光
月額料金戸建て5,200円/マンション4,000円戸建て5,200円/マンション4,100円戸建て5,200円/マンション3,800円戸建て5,700円/マンション4,500円
回線速度(下り最大)1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
工事費戸建て18,000円/マンション15,000円戸建て37,500円/マンション37,500円戸建て24,000円/マンション24,000円戸建て18,000円/マンション15,000円
事務手数料3,000円3,000円3,000円3,000円
ドコモセット割引-1,000円

大手3社と比較すると、ほとんど変わらないことがわかると思います。

最大速度や事務手数料は同じであり、月額料金はフレッツ光が少し高いものの、そこまでの差はありません。工事費ではauひかりが高いですが、どの光回線でも実質無料キャンペーンをやっているため、大差はないでしょう。

結論、docomoユーザーはセット割引が使えるため、ドコモ光が最もお得になります!

支払い方法は3つ!

ドコモ光の支払方法は、口座引き落としだけではなく、クレジットカードや請求書払いでも可能です。

  1. 口座引き落とし・・・初回のみの手続きで、自動的に毎月の料金が翌月の振替日に引き落とされます。
  2. クレジットカード・・・残高不足が起こりにくく、ポイントを得ることができます。デビットカードは不可です。
  3. 請求書払い・・・郵送される請求書を使って支払います。支払った証拠を残すことができるが、毎月支払いに行かなければならず、請求書発行手数料として毎月100円かかります。

docomoユーザーならドコモ光とのセット料金が1番安い!シミュレーションを元に、どれくらいの料金がかかるのか確認してみましょう!

ドコモのスマホとのセット割引がとってもお得!

ドコモ光の最大の目玉は、docomoのスマホとのセット割になります。ドコモユーザーはドコモ光が最安の光回線になるため、とてもオススメです。具体的にどれだけ安くなるのか見てみましょう!

プラン名割引金額
ギガホ-1,000円
ギガライト(ステップ4:~7GB)-1,000円
ギガライト(ステップ3:~5GB)-1,000円
ギガライト(ステップ2:~3GB)-500円
ギガライト(ステップ1:~1GB)
ウルトラシェアパック100-3,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円
ベーシックシェアパック(ステップ4:~30GB)-1,800円
ベーシックパック(ステップ4:~20GB)-800円

「カケホーダイ&パケあえる」を契約の場合は1家族分の割引金額だが、「ドコモのギガプラン」を契約の場合は、ギガホやギガライトの利用者1人につき割引が適用されるため、家族の中でギガホ利用者が多いほど割引されます。

よくある2つのパターンでのシミュレーション

ドコモ光が本当にお得なのかどうかを、よくある2つのパターンを例にとってシミュレーションしてみます。


パターン①:4人家族で全員がドコモユーザー
パターン②:1人暮らしでドコモユーザー

パターン①:4人家族で全員がドコモユーザー

よくあるパターンの1つ目は一戸建てに住む4人家族です。4人全員がドコモユーザーであり、ギガホ2人・ギガライト(ステップ2:~5GB)が2人、インターネット回線はフレッツ光、プロバイダは@niftyを使っています。
ドコモ光にする前の料金:TOTAL28,570円

ドコモ携帯料金
ギガホ5,980円×2台
11,960円
ギガライト5GB3,980円×2台
7,980円
ドコモ料金の合計19,920円
インターネット料金
フレッツ光(戸建て)5,700円
@nifty950円
固定電話(NTT)2,000円
インターネット料金の合計8,650円
TOTALの料金28,570円

ドコモ光にした後の料金:TOTAL21,640円

ドコモ携帯・ドコモ光料金
ギガホ5,980円×2台
11,960円
ギガライト5GB3,980円×2台
7,980円
ドコモ光5,200円
ドコモ光セット割-4,000円
固定電話(ドコモ光)500円
TOTALの料金21,640円

インターネット回線と固定電話をドコモ光に変えるだけで、月額6,930円、1年間で83,160円も安くすることができます!

パターン②:1人暮らしでドコモユーザー

よくあるパターンの2つ目は1人暮らしのドコモユーザーです。インターネット回線はフレッツ光のマンションプランを利用しています。
ドコモ光にする前の料金:TOTAL11,430円

ドコモ携帯料金
ギガホ5,980円
インターネット料金
フレッツ光(マンション)4,500円
@nifty950円
インターネット料金の合計5,450円
TOTALの料金11,430円

ドコモ光にした後の料金:TOTAL8,980円

ドコモ携帯・ドコモ光料金
ギガホ5,980円
ドコモ光4,000円
ドコモ光セット割-1,000円
TOTALの料金8,980円

1人暮らしの方でも毎月の料金が2,450円、1年間で29,400円も安くすることができます。

@nifty with ドコモ光が1番オススメ!24社のプロバイダを徹底比較!

プロバイダの内容を徹底比較

結論から先に言うと、24社もあるプロバイダの中で1番オススメは「@nifty with ドコモ光」です。

プロバイダを選ぶ基準は、「回線の速さ(v6プラスに対応しているかどうか)」「無線LANルーターが無料かどうか」「月額基本料が安い(タイプA)かどうか」「キャンペーンがお得かどうか」になります。

@nifty with ドコモ光は、v6対応していて、無線LAMルーターも無料なタイプAのプロバイダであり、キャンペーンもお得なため、とてもオススメなプロバイダです。

プロバイダによって速度って変わるの?最速のプロバイダを紹介!

ドコモ光と提携している24社のプロバイダはそれぞれ速度が異なります。その中でも、IPv6プラスが最速となります。

IPv6ってなに?

IPv6を説明する前に、「IP」とはなんなのかを説明します。IPとは、インターネットプロトコルの略称であり、インターネット通信をする際の規則(ルール)のことです。

同じプロトコル同士であればスムーズに通信することができますが、異なるプロトコルではスムーズに行うことができません。また、通信するときにはIPアドレスと呼ばれる住所が必要になります。郵便を送る時に、自分の住所と相手の住所がわからないとできないように、インターネット通信でもデータの送受信はお互いのIPアドレスが必要です。

IPv6とは、IPアドレスの量が従来のIPv4と比べて格段に多くなったものになります。IPv4はインターネットの普及とともに使われているが、IPアドレスの総数が約42億個(2の32乗個)しかなく、インターネットを使う人が急速に増えたことによってアドレスが足りなくなる、いわゆるIPアドレス枯渇問題が起こりました。

新しいルールとして登場したIPv6のアドレスの総数は約340澗(かん)個であり、これは340兆×1兆×1兆というとてつもなく大きな数字です。IPv6によってほぼ無制限にアドレスを確保することができるようになりました。

接続方式によるスピードの違い!PPPoEよりIPoEが圧倒的に速い!

インターネットには、2つの接続方式があります。従来使用されてきたPPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)は、下り最大200Mbpsに制限されているのに対して、新方式のIPoE(IP over Ethernet)は100Gbpsまで可能となります。その他にも下記のような違いがあります。
IPoEとPPPoEの比較

IPoEPPPoE
通信速度◎ 最大100Gbps× 最大200Mbps
接続可能なWEBサイトIPv6のみIPv4のみ
混雑時の速度○ 遅くならない× 遅くなる

上記の通り、PPPoEよりIPoEが圧倒的に優秀です。

v6プラスが最速!ドコモ光の最速プロバイダは?

IPv6にも3種類の接続方式が存在します。同じIPv6でもどの接続方式を使っているかによって速度が変わってきます。

早い方から、v6プラス・IPoE IPv6・PPPoE IPv6になります。v6プラスの最大の特徴は、旧方式であるIPv4のみに対応したWEBサイトでも、IPv6の速度で利用できるIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6という新規格が採用されており、それによって混雑している回線を避けて通信することができ、一日中安定して高速なインターネット通信ができるところになります。

PPPoE IPv6は従来の接続形式に比べ、まだ余裕があり空いているため、高速でインターネットを利用できます。

ドコモ光のプロバイダの中で、v6プラスに対応しているのは全部で15社です。GMOとくとくBB、@nifty、DTI、ぷらら、ドコモネット、タイガースネット、BIGLOBE、アンドライン、ic-net、楽天ブロードバンド、01光コアラ、スピーディア、OCN、@TCOM、AsahiNet。

プロバイダによる月額料金の違い!

ドコモ光と提携している24社のプロバイダは、すべて同じ料金というわけではありません。タイプAとタイプBの2つに分けられます。
タイプAとタイプBの月額料金

マンション戸建て
タイプA4,000円5,200円
タイプB4,200円5,400円

タイプBはタイプAよりも、戸建て・マンションともに月額200円高いです。200円高いからといって、より速度が速い・よりサービスが良いなどというわけではないため、タイプAを選ぶことをオススメします。

お得なプロバイダはどこ?24社のプロバイダを比較!

ドコモ光はプロバイダが24社もあるため、どれにしようか悩むと思います。

プロバイダを選ぶ基準は、「回線の速さ(v6プラスに対応しているかどうか)」「無線LANルーターが無料かどうか」「月額基本料が安い(タイプA)かどうか」「キャッシュバックの金額」です。24社のプロバイダを下記にまとめてみました。

24社のプロバイダの総比較表

回線の速さ(v6プラスに対応しているか)月額基本料が安い(タイプA)かどうか無線LANルーターが無料かどうかキャッシュバックの金額
【@nifty with ドコモ光】20,000円
GMOとくとくBBのドコモ光最大20,000円 ※ただし条件あり
ぷらら15,000円
DTI最大20,000円 ※ただし条件あり
アンドライン
ic-net
楽天ブロードバンド
BIGLOBE20,000円
シナプス
スピーディア
タイガースネット
ドコモネット
BBエキサイト
01光コアラ
OCN
@TCOM
AsahiNet
ハイホー
@ネスク
TiKiTiKi
エディオンネット
TNC
ちゃんぷるネット
WAKWAK

v6プラスに対応し、タイプAの料金となり、無線LANが無料になるプロバイダは24社中7社になります。その7社の中で、追加の条件なしに20,000円のキャッシュバックをGETできるのは@niftyだけです。

GMOとくとくBBやDTIも最大20,000円のキャッシュバックを得ることができますが、ひかりTV for docomoとDAZN for docomoを申し込まなければなりません。

@nifty with ドコモ光のお得なキャンペーン!さまざまな特典・割引!

@nifty with ドコモ光のお得なキャンペーン

高速通信IPv6接続(IPoE方式)に対応している@nifty with ドコモ光ですが、以下のページから申し込むだけでさまざまな特典をGETできちゃうんです!

\@nifty with ドコモ光/

特典①高額キャッシュバック20,000円をGET!

@niftyの魅力はなんといってもキャッシュバックの多さです。20,000円もキャッシュバックでゲットできるプロバイダはほとんどありません。

GMOとくとくBBなども最大20,000円のキャッシュバックを得ることができるが、ひかりTV for docomoとDAZN for docomoに申し込まないといけません。@niftyは追加オプションに入る必要はなく、専用のページから申し込むだけでOKなんです。

特典②5,000ポイントものdポイントをプレゼント!

ドコモ光(2年定期契約あり)を契約中であり、ドコモ光のペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であれば、dポイントを5,000ポイントゲットすることができます。さらに、2年毎の定期契約更新の度に3,000ポイントのdポイントがプレゼントされます。

特典③新規工事費が無料!

マンションタイプであれば15,000円、戸建てタイプであれば18,000円かかる新規工事費が無料になります。新規契約の契約事務手数料(税抜3,000円)は別途必要となるため、注意が必要です。

特典④wi-fiルーターが契約期間中ずっと無料!

最高速度の新方式であるv6プラスに対応したwi-fiルーターを無料でレンタルすることができます。レンタルできるWi-Fiルーターを買おうとすると5,000円~10,000円はかかり、レンタルするとなると通常は月額500円かかります。専用ページから申し込みの方限定で、ドコモ光の契約期間中ずっと無料でレンタルすることができます。レンタル期間の期限がないのはとても魅力的です。

レンタルできるwi-fiルーターは面倒な設定もなく、接続するだけで自動で初期設定を完了してくれます。すでにルーターをお持ちの方は、WPSボタンを押すだけで引継ぎができるのでとっても簡単です。

特典⑤設定サポートが1回無料!

「マニュアル通りにやっているけど上手くいかない」「昨日まで使えていたのに急に使えなくなった」など、設定に困ったことがある人は少なくないのではないでしょうか。@niftyでは、インターネット設定を代わりにやってくれるサービスを1回無料で受けることができます。

設定の方法は2つあり、1つ目は電話と遠隔でのパソコン操作を使って設定を行ってくれる「リモートサービス」、2つ目は専門のスタッフが直接家に来て設定してくれる「訪問サービス」になります。

リモートサポートは、利用時間が10分を過ぎると追加で料金が発生してしまうため、1から設定してほしい人には向いていません。設定に自身がない方は、訪問サービスを利用するとよいでしょう。

専門スタッフが設定してくれるのは、インターネット接続だけではなく、セキュリティソフトの設定など、インターネットに関することであれば基本的になんでもやってもらえます。通常であれば6,000円以上かかる有料のサービスになるため、パソコンの設定が苦手な方などは、このサービスを使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ

ドコモ光の月額(回線料+プロバイダ料)は、戸建てで5,200円・マンションで4,000円です。さらにドコモユーザーの場合は、セット割引が適用されるため、とてもお得です。プロバイダは24社もあるが、@niftyが1番オススメです!

ドコモ光の関連記事