ドコモ光キャンペーンを解説【2020年版】キャッシュバック編

2020年3月27日

光回線を申し込んだ際には色々なキャンペーンの特典を受けることができます。

ただ、それらのキャンペーンにはどこの窓口から申し込んでも受けることができるドコモ光の「公式キャンペーン」と、申し込んだ先によって特典が変わる「窓口限定キャンペーン」とがあります。

窓口限定キャンペーンの中にはかなり高額なキャッシュバックがありますので、よく選んで申し込むと良いでしょう。

ここではドコモ光のキャッシュバックについて紹介していきたいと思います。

ドコモ光には申し込み窓口がいくつかある

ドコモ光の申し込み窓口

ドコモ光という光回線を申し込む場合、サービスの内容は同じであっても申し込みの窓口がいくつかあるためどこから申し込むかを選ぶことになります。

ドコモ光の申し込み窓口としては、

  • ドコモショップ
  • ドコモの公式サイト
  • プロバイダなどの代理店
  • 家電量販店

などがあり、それぞれの申し込み先で受けることができる窓口限定キャンペーンが違っています

申し込み先によっては何も窓口限定キャンペーンがないという場合もありますし、dポイントがついてくる、キャッシュバック20000円があるといった窓口限定キャンペーンもあります。

これらの中で、特に窓口限定キャンペーンの内容が大きいのは「プロバイダ」です。

インターネットを利用するためには光回線の申し込みを行うのと同時にプロバイダとも契約をしなければいけません。

「プロバイダ」とはインターネットを利用する際の入り口と考えれば良いでしょう。

ここを通過することでインターネットを利用できるようになります。

ドコモ光の場合は「フレッツ光+プロバイダ」でセット契約となるために月額使用料を抑えることができているのですが、どのプロバイダを利用するかは選ぶことができますので、サービス内容やキャンペーンの内容を考えて選ぶことになります。

ドコモショップやドコモの公式サイトから申し込みをした場合は公式キャンペーンはもちろん利用することはできるのですが、窓口限定キャンペーンに関してはほとんど特典がありません。

家電量販店でも窓口限定キャンペーンは行われていますが、やはり量、質ともにプロバイダの方が特典は多くあります。

キャッシュバック以外の特典にはどういったものがあるか

キャッシュバック以外の特典はあるのか

ドコモ光には利用できるプロバイダがいくつもありますので、どれを利用すれば良いかわからないということがあるかもしれません。

その際にポイントなる部分をいくつか紹介しておきます。

通信速度が違う

ドコモ光では「最大1Gbps」での利用が可能となっているのですが、実はこの通信速度は利用している地域や周囲の環境、使用しているWi-Fiルーター、プロバイダなどの条件によって違ってきます。

自分が思っているほど通信速度が出ていないと思った時にプロバイダを変更したら思いがけないほど速くなったということもあるのです。

通信速度にこだわりたい人は特に注意しましょう。

タイプAの契約に対応している

プロバイダには「タイプA」と「タイプB」という2種類があり、料金が200円ほど違っています。

性能にはほとんど差はありませんが、プロバイダによって両方は選べない、料金が安いタイプAは選べないということがあります。

できればタイプAに対応しているプロバイダを選ぶようにしましょう。

どういった性能のWi-Fiルーターを貸し出してくれるか、それは無料か有料か

無線接続でインターネットを利用するためにはWi-Fiルーターを使用しなければいけません。

基本的にはプロバイダがWi-Fiルーターを貸し出してくれるのですが、そのルーターの性能はプロバイダによって違います。

ルーターの性能が違うと通信速度にもかなり影響してきますので、ここは慎重に選びたいところです。

また、そのルーターが無料の場合と有料の場合があります。

できるだけ性能が良いルーターを無料で貸し出ししてくれるところを選びたいものです。

セキュリティサービスがあるかどうか、無料か有料か

プロバイダはインターネットに接続するためのサービスをしてくれるものですが、同時に安全にインターネットを利用する環境を整えてくれるサービスをしてくれる場合があります。

安全にインターネットを利用できるようにセキュリティサービスを実施してくれる、セキュリティソフトを提供してくれるという場合があるのです。

プロバイダによっては契約している数年間の間、そういったセキュリティソフトを無料で貸し出しをしてくれることがあります。

セキュリティソフトはなくてもインターネットを利用することはできるものですが、入っていればさらに安心して利用できるのは間違いありません。

自分でセキュリティソフトを購入してインストールするにはかなり費用がかかるために、プロバイダが無料で提供してくれるのであれば、それを利用するのが良いでしょう

どういったキャッシュバックのキャンペーンが行われているか

キャッシュバックはどういった種類があるのか

ドコモ光で利用できるプロバイダはその時によって多少の変化はあるのですが、ここ最近は24~25社ほどが利用できるようになっています。

それぞれでまったくサービスの内容が違っているほか、そのプロバイダでも「テレビオプション」などの利用を条件にキャッシュバックを行っていることが多く、必ず申し込みをすれば最大の金額を受け取ることができるというわけではありません。

まずプロバイダの一覧を見ていくと、

プロバイダ キャッシュバック 無料Wi-Fiルーター 無料セキュリティソフト
GMOとくとくBBのドコモ光 20,000円
【@nifty with ドコモ光】 20,000円
DTI with ドコモ光 20,000円
ぷらら 15,000円
ドコモネット なし なし
タイガースネット なし なし
BIGLOBE なし
BBエキサイト なし なし
アンドライン なし
ic-net なし
エディオンネット なし なし なし
シナプス なし なし
TiKiTiKi        なし なし なし
楽天ブロードバンド なし
ハイホー なし
01光コアラ なし なし なし
@ネスク なし なし なし
スピーディア なし なし
OCN なし
@TCOM なし なし
TNC なし なし
AsahiNet なし なし なし
WAKWAK なし なし なし
ちゃんぷるネット なし なし なし

のようになっています。

この表をみるとわかる通り、キャッシュバックの金額やルーターの貸し出し、セキュリティソフトの有無などはかなり差があります。

その中でも「GMOとくとくBBのドコモ光 」「【@nifty with ドコモ光】 」 は人気のプロバイダとなっています。

いくつかのルーターの中から選ぶことができるのですが、どれも高性能ルーターですので、通信速度を考えても十分に満足することができます。

また、どのルーターでもさらに高速で利用することができる「v6プラス」に対応しているので安心です。

まとめ

まとめ

ドコモ光のキャンペーンの中には高額なキャッシュバックが行われるものがあります。

ただし、家電量販店などでのキャッシュバックのキャンペーンで5万円以上のような高額なものが設定されている場合があるのですが、よく条件を見ると同時に家電を購入することが条件になっていたりする場合もあります。

キャッシュバックのキャンペーンは金額だけでなく、どうすれば受け取ることができるのかも確認して選ぶようにしましょう。