ドコモ光のおすすめプロバイダを比較【2020年版】

2020年5月4日

ドコモ光のおすすめプロバイダを比較【2020年版】

ドコモ光はその使いやすさや料金設定、ドコモのスマホユーザーとのセット割などで人気の光回線ですが、利用できるプロバイダが多いことも人気の秘訣です。

しかしプロバイダはそれぞれに特徴があるためにどれを選べばよいかわからないという人も多いのが実状です。

そこでここではドコモ光のプロバイダの比較2020年版を紹介していきたいと思います。

現在使っているものよりも良いプロバイダがあれば変更してしまうのも良いかもしれません。

プロバイダを選ぶポイントとは

ドコモ光のプロバイダを選ぶポイント

ドコモ光で選べる24社のプロバイダにはそれぞれ特徴があります。

それをしっかり把握しないまま選んでしまうとお得なキャンペーンを受けることができない、高性能なルーターを貸し出してもらえないなどかなり不利な条件でドコモ光を使うことになってしまいます。

まずプロバイダを選ぶ際のポイントについて紹介していきます・

タイプAの料金プランが選べること

ドコモ光のプロバイダにはいくつかの料金プランが設定されています。

中心となるのは「タイプA」と「タイプB」です。

この2つはあまり性能は変わらないのですがタイプAの方が月額使用料が200円安くなっています。

特にこだわりがないのであればタイプAを利用できるプロバイダを選んだ方が安くなるということになります。

タイプAが利用できるプロバイダ18社

  • ドコモnet
  • plala
  • GMOとくとくBB
  • DTI
  • @nifty
  • ic-net
  • Tigers-net.com
  • andline
  • BIGLOBE
  • エディオンネット
  • SIS
  • SYNAPSE
  • excite
  • hi-ho
  • Rakutenブロードバンド
  • TikiTiki
  • @ネスク
  • 01光コアラ

タイプBが利用できるプロバイダ6社

  • OCN
  • @TCOM
  • TNC
  • WAKWAK
  • AsahiNet
  • @ちゃんぷるネット

タイプCについて

タイプCは光回線ではなくケーブルテレビの回線を使ってドコモ光を利用するというものです。

こちらはすでにケーブルテレビを利用していて、その回線を使って行うというものなのですが、光回線ではないので通信速度はそれほど速くはありません

対応しているケーブルテレビは以下の通りです。

  • 株式会社シー・ティー・ワイ
  • 株式会社ケーブルネット鈴鹿
  • 近鉄ケーブルネットワーク株式会社
  • 株式会社エヌ・シィ・ティ
  • 株式会社ニューメディア
  • 株式会社テレビ小松
  • 多摩ケーブルネットワーク株式会社
  • 香川テレビ放送網株式会社
  • 株式会社秋田ケーブルテレビ
  • 伊賀上野ケーブルテレビ株式会社
  • 射水ケーブルネットワーク株式会社
  • 株式会社アドバンスコープ
  • 株式会社テレビ岸和田
  • 株式会社ケーブルテレビ富山
  • 株式会社ケブルメディアワイワイ
  • 株式会社ベイ・コミュニケーションズ
  • 株式会社キャッチネットワーク
  • 株式会社TOKAIケーブルネットワーク

通信速度が速いこと

ドコモ光だけに限ったことではありませんが、プロバイダによって通信速度が変わってくることがあります。

特に住居環境や使用する時間帯によって繋がりにくいと感じることがあるかもしれません。

これを解決するには「v6プラス」という混みあわない回線ポイントを利用する方法があるのですが、残念ながらすべてのプロバイダがv6プラスに対応しているというわけではありません。

通信速度にこだわりたいという人はv6プラスに対応しているプロバイダを選ぶ必要があると言えます。

高性能のWi-Fiルーターを無料で貸し出してくれるか

ドコモ光やプロバイダが通信環境を整えてくれていてもルーターの性能が悪ければ通信速度は速くなりません。

ドコモ光は最大で1Gdpsまで通信速度が出るのですが、ルーターの性能が最大400Mdpsであればそれが最大速度になってしまうのです。

そのためできるだけ高性能のWi-Fiルーターを使いたいところなのですが、プロバイダによっては高性能のルーターを無料で貸し出してくれるところと、貸し出しはしていないというところがあります。

自分で購入すると高額になってしまいますし、レンタルするのに別料金をとられるということも好ましくありません。

無料で貸してくれるものの性能が悪いというのも不都合があります。

ぜひ無料で高性能のルーターを貸し出してくれるプロバイダを選びましょう。

窓口限定キャンペーンができる限り優秀なところを選ぶ

どこから申し込んでも必ず適用されるドコモの公式キャンペーンと違って窓口限定キャンペーンは申し込み先によって変わってきます。

ドコモ光のプロバイダではそれぞれキャンペーンを行っているのですが、これが会社によってかなりの違いがあります。

中にはdポイントが多く付与されたり、高額なキャッシュバックが行われるところがありますので、そういったところを選びたいものです。

セキュリティソフトがついてくる

インターネットを利用していると怖いのがウィルスです。

自分が使うパソコンをウィルスから守るために「セキュリティソフト」を入れることがあるのですが、たいていこれは有償のサービスとなります。

しかしプロバイダによってはこのセキュリティソフトを無償でサービスしてくれるオプションがあるのです。

こういったオプションサービスがあるかどうかもプロバイダを比較して選ぶ際には重要となります。

プロバイダのキャンペーン一覧比較とおすすめプロバイダ

プロバイダのキャンペーン一覧比較
プロバイダ キャッシュバック 無料Wi-Fiルーター 無料セキュリティソフト
GMOとくとくBBのドコモ光 20,000円
【@nifty with ドコモ光】 20,000円
DTI 20,000円
ぷらら 15,000円
ドコモネット なし なし
タイガースネット なし なし
BIGLOBE なし
BBエキサイト なし なし
アンドライン なし
ic-net なし
エディオンネット なし なし なし
シナプス なし なし
TiKiTiKi なし なし なし
楽天ブロードバンド なし
ハイホー なし
01光コアラ なし なし なし
@ネスク なし なし なし
スピーディア なし なし
OCN なし
@TCOM なし なし
TNC なし なし
AsahiNet なし なし なし
WAKWAK なし なし なし
ちゃんぷるネット なし なし なし

総合的には「GMOとくとくBB」「@nifty 」がおすすめのプロバイダ

ドコモ光を利用している人の声を集めた口コミなどを見てもプロバイダは「GMOとくとくBB」、「@nifty 」の評判がダントツに良いということがわかります。

それぞれの項目ごとにその理由を見ていきます。

タイプAを利用できるプロバイダである

GMOとくとくBB、@niftyは共に月額料金が安いタイプAを利用できるプロバイダです。

わずかな差ではありますが、これもポイントの一つです。

@niftyは当初タイプBのプロバイダでしたが、2017年12月からはタイプAになっった事で選びやすくなりました。

v6プラスに対応しているプロバイダである

GMOとくとくBBでは通信速度に非常にこだわっているプロバイダで、高速回線のv6プラスに加入しているユーザーの速度が100Mbpsを切ったらポイントを付与するというキャンペーンを行うほどです。

また、@niftyは昔からサービスを提供している、いわゆるネット業界の"老舗" プロバイダで、なぜ長くサービスを提供し続けているかといえば、ネット回線の品質とサポート体制の充実があるといえます。

高性能のWiFiルーターが無料で貸し出ししてもらえる

GMOとくとくBB、@ニフティではv6プラスにも対応している非常に高性能なWi-Fiルーターを無料で貸し出ししてくれるというサービスがあります。

これは販売しているもの、有償で貸し出しをしているものと比べてもまったく遜色のないハイレベルなルーターです。

このレベルのルーターを無償で貸し出しをしているというだけでもかなりのメリットだと言えます。

高額なキャッシュバックのキャンペーン

GMOとくとくBBから申し込みを行った場合は最大で20000円のキャッシュバックを受けることができます。

一緒に申し込むオプションによって金額が変わります。

  • 「ひかりTV for docomo(2年割)」と「DAZN for docomo」:20000円
  • 「ひかりTV for docomo(2年割)」:18000円
  • 「DAZN for docomo」もしくは「スカパー!(1,800円以上)」:15000円
  • 「dTV」もしくは「dアニメストア」:10000円
  • オプションなし:5500円

となっています。

特にオプションを申し込まなくても5500円のキャッシュバックがあるので安心です。

また@ニフティでは、ドコモ光で20,000円キャッシュバックを貰えるまで12か月後と時期は遅めですが、条件はありません。

すぐに解約するといった事がなければ@ニフティはキャッシュバックの面でもおすすめのプロバイダです。

セキュリティソフトが12ヶ月無料である

GMOとくとくBB、 @ニフティ共に申し込みを行った場合、パソコンやスマホで使うことができるセキュリティソフトを1年間無料で利用することができます。

これも大きなメリットだと言えます。

以下のリンクでGMOとくとくBB、@ニフティのキャッシュバックを適用できますので確認してみてください!

まとめ

まとめ

ドコモ光のプロバイダは豊富にあるためにどれにしようか考えてしまうかもしれません。

それぞれのメリットを比較して考え、通信速度などを考えてプロバイダを変更するというのも良いでしょう。

ドコモ光の関連記事