【2019年10月版】ドコモ光の料金は?フレッツ光の違いも徹底比較!

2019年10月9日

ドコモ光詳細
ホームタイプ月額料金5,200円(税抜)
マンションタイプ月額料金4,000円(税抜)
インターネットの速度最大1G(1,000M)
スマホ割引1回線1,000円引き
100~3,500円引き
固定電話料金500円
TV料金660円
契約期間2年間自動更新
工事費(新規のみ)ホームタイプ:750円×24回※1
マンションタイプ:625円×24回※1
事務手数料3,000円※2
メリットドコモのスマホの割引が大きい
デメリットIPv6にしないと速度があまり速くない

※1  新規工事料無料キャンペーンが2019年9月より開始されていますので、現在は実質無料です。

※2 新規・転用とも最初の1回のみ発生します。その他どのインターネット回線でも大抵初回1回3,000円がかかります。

ドコモ光とフレッツ光、その他光回線の違い

サービス名ネット速度ホームタイプ料金マンションタイプ料金
フレッツ光1G5,200円+約1,000円※1
(回線+プロバイダ料金)
3,500円+約800円※1
(回線+プロバイダ料金)
ドコモ光 1G 5,200円 4,000円
NURO光2G〜10G4,743円1,900〜2,500円
auひかり1〜10G5,100円3,800円
ソフトバンク光1G5,200円3,800円
ビッグローブ光1G4,980円3,980円

※1 プロバイダ料金は、何種類かあるのでプロバイダによって料金は異なります。

ドコモ光とフレッツ光はどちらも、親会社はNTT東西日本だから同じなのでは?といった疑問もあるかと思いますが、ドコモ光を始めとした、ソフトバンク光、ビッグローブ光などはコラボ光と呼ばれている、フレッツ光の回線を借りて事業を行なっているサービスのことです。

つまり、回線の品質はフレッツ光とドコモ光はほぼ同種のサービスで、既にフレッツ光をご利用の方は、ドコモ光に切り替えても工事すら発生しませんし、回線自体は引き続きNTTが管理していますので、切り替えても安心です。

コラボ光にも沢山の種類があり、ドコモ光は上記の料金からドコモのスマホの値引きがあります。

ドコモ光の特徴、料金や速度

ドコモ光のスマホ割とは

メリット:ドコモのスマホだと割引がある

ドコモ光はソフトバンク光やビッグローブ光などと同じコラボ光の一種で、最大の特徴はドコモの携帯電話と合わせることで、月額料金から毎月1回線あたり最大1,000円、もしくは最大3,500円の値引きが受けられることです。

値引き金額に幅があるのは、ドコモの携帯料金のプランによって差があるためです。

料金プランスマホ値引き金額
ギガホ 1回線につき 1,000円引き
ギガライト(7Gまで)1回線につき 1,000円引き
ギガライト(3〜5Gまで) 1回線につき 1,000円引き
ギガライト(1〜3Gまで) 1回線につき 500円引き
ギガライト(1Gまで) 値引き無し

新料金では、1回線につき最大1,000円の値引きを受けられるので、家族全体でドコモのスマホをご利用といった事があれば、3人であれば3,000円といった具合に台数分値引きされますので、かなりお得感があります。

逆にギガライトプラン1台といった場合では、ギガライトは月間でどのくらいスマホでネット接続したかによって、段階的に料金が変わるプランですから、1G以内で収まったという月であれば、ドコモ光の値引き分を全く受けられません。

料金プラン スマホ値引き金額
ウルトラシェアパック100 3,500円引き
ウルトラシェアパック50 2,900円引き
ウルトラシェアパック30 2,500円引き
ベーシックシェアパック (30Gまで)18,00円引き
ベーシックシェアパック (15Gまで) 18,00円引き
ベーシックシェアパック (10Gまで) 12,00円引き
ベーシックシェアパック (5Gまで) 800円引き
ウルトラデータLLパック 1,600円引き
ウルトラデータLパック 1,400円引き
ベーシックパック (20Gまで) 800円引き
ベーシックパック (5Gまで) 800円引き
ベーシックパック (3Gまで) 200円引き
ベーシックパック (1Gまで) 100円引き

新規受付が終了したプランですが、現在もご利用の方は引き続き利用でき、ドコモ光の値引きも受けられます。

このプラン数が多いのを見ると、携帯料金が分かり辛いといった意見があるのも納得です。

新料金と異なる点として、新料金は1回線につき値引きされるため、ご家族間など台数が多ければ多いほど、値引き金額が加算されていく仕組みでしたが、旧プランはシェアパックなどで家族間で分け合うといった利用がメインでしたので、値引きされるのは代表回線1つのみです。

つまり最大でも3,500円値引きが限度額ということです。

新料金プランでも旧料金プランでも共通して言えることは、自分がまたは家族間でドコモのスマホを月に5G以上毎月使う場合はドコモ光のスマホ割引がお得になり、またその人数が増えれば増えるほど、その割引は大きくなります。

やはりここの部分の値引き金額が大きいので、ご自宅でインターネットをご利用、かつ携帯電話はずっとドコモで5Gはスマホを使うという方は、まず初めにドコモ光を検討すると間違いないかと思います。

なお、ドコモ光を申し込む場合は、キャッシュバックを受けられる公式代理店経由がおすすめです。

ドコ光申し込み窓口

反対に自分、もしくは家族間にスマホを月5G以上使う人が居ないのであれば、違う光回線にした方がいいと思います。

デメリット:速度が遅い可能性がある(対応策あり)

ドコモ光の料金は?

反対にデメリットをあげると、ドコモ光はインターネットの速度として、最大1Gと十分な速さを保っているインターネットですが、お得感とその知名度の高さから、利用される方が多いので、インターネットの速度が相対的に遅くなる可能性があります。

なぜ利用する人が多い場合インターネットが遅くなるかというと、ネット回線は利用する場合、光ファイバーと呼ばれるNTTの電線で伝わってきますが、同時に使っている人が多いと、内部で渋滞を起こしてしまい、伝達が遅れるという事があるためです。

ただ対応策はしっかりと用意されていますのでご安心ください。

IPv6対応のプロバイダを選ぶと速度が速い

ドコモ光の特徴として申し込む際に、プロバイダを選択することが出来ます。

プロバイダとはインターネットを繋げる事業者のことで、どのプロバイダを選んでもインターネットを利用することは出来ますが、速度に差が出る場合があります。

選ぶ際に基準として特におすすめなのが、"IPv6″に対応しているプロバイダを選ぶことです。

IPv6とは

IPv6がおすすめ

IPv6とは簡単に言うと、インターネットの情報が伝わる際の新しい道、のことです。

いままではIPv4という道がメインで使われていたため、インターネットを使う人が増えれば増えるほど渋滞を起こす場合がありました。

IPv6はいわば高速道路の新しい道路です。

光回線自体は高速道路の様に速く走れる道路ですが、車が多いので渋滞してしまい、結果的に場所や時間帯によって高速道路なのにも関わらず、ノロノロになってしまっていました。

そこで新しい高速道路の道(=IPv6)を作り、そちらはまだ走っている車が少ないので本来の高速通信が可能になっている訳です。

ですが注意点として、IPv6は全てのプロバイダにはまだ対応していないので、対応している以下のプロバイダを選ぶことを強くおすすめします。

IPv6対応、かつ、申込み不要のおすすめプロバイダ

ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、@nifty、BIGLOBE、BB.excite

ドコモ光まとめ

まとめ
ドコモ光を選ぶ上でのポイント

・ドコモ光とフレッツ光は品質は同じ

・ドコモ光はドコモのスマホ割引を受けられて5G以上使う人がいる場合はお得

・申し込む際はIPv6に対応しているプロバイダを選ぶのがおすすめ

ドコモのスマホユーザーの方は今も昔もずっとドコモという方が多い印象です。

管理人もお店時代ではそういったお客様にはドコモ光をそのままご案内することが多かったです。

ドコモの携帯をずっと使う予定であれば、インターネットはシンプルにドコモ光で決まりでしょう。

申し込む際は、ドコモ光公式や家電量販店などではキャッシュバックの特典を受けられないので、代理店から申し込むのが一番お得です。

【ドコモ光】 ドコモ光バナーを申し込む場合はこちら