【2021年版】auひかりの引越し完全ガイド|費用や違約金、解約した方がいいかなど解説

2021年2月20日

auひかりの引越し完全ガイド

auのスマホと同時に契約することで、auの利用料金がお得になる光回線がauひかり。

そんなauひかりを契約している方の中には、これから引っ越しの予定がある方がいるかもしれませんね。ですが、auひかりを引っ越し先でも利用できるか疑問に感じることもあるのではないでしょうか。

この記事では、auひかりを引っ越し先でも利用する方法などを詳しく解説しているので、auひかりを利用していて引っ越しをしなければならない場合は参考にしてみてくださいね。

目次

auひかりは引っ越し先で利用できる?

auひかり

それでは、auひかりの引っ越し先でも利用できるかについて解説していきます。この記事で1番気になるポイントだと思うので、auひかりを利用していて引っ越しの予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

これからauひかりを申し込みたい方は、キャッシュバックをもらえちゃいますので、代理店からがおすすめですよ!

auひかりは基本的に引越し先で利用できます!

結論:引越し先で利用できる

結論から言うと、auひかりは手続きを行えば引っ越し先でも利用することができます
ただし、auひかりを引っ越しできないケースもあるので、これから詳しく解説していきますね。

auひかりを引越し先で利用できない場合

auひかりを引越し先で利用できない場合

上記ではauひかりは手続きを行えば基本的に引っ越し先でも利用できることを解説しましたね。ですが、auひかりを引っ越し先でも利用できないケースもあることも紹介しました。

そこで気になるのが利用できない場合ではないでしょうか。実際に利用できると思っていても、引っ越し先で利用できない場合は困ると思うので、引っ越し先でauひかりを利用できない場合を解説していきます。

auひかりの対象エリア外への引っ越し

auひかりの対象エリア外

auひかりを含む多くの光回線サービスは利用できるエリアが決められており、利用できるエリアへの引っ越しをする場合は引き続き利用できないので注意が必要です。

auひかりを利用できるエリアの確認は後から詳しく解説するので、安心してくださいね。

引越し先で回線開通工事が行えないとき

引越し先で回線開通工事が

マンションやアパートなどに引っ越す場合は、引っ越し先で回線開通工事が行えることも確認するべきポイントの1つです。

もし引っ越し先で回線開通工事が行えない場合は、auひかりを引き続き利用できないので注意しましょう。回線開通工事を行えるかの確認は物件を所有しているオーナーや管理会社に問い合わせることで確認できますよ。

auひかりの引っ越しは1度解約してから再契約する形になるので注意!

引っ越し

auひかりで行うインターネットの引っ越しは、現在契約している内容を1度解約してから再契約する形になるので注意してくださいね。ただし、再契約する形でも基本的には契約している情報を引き続き利用するため、あまり気にする必要はありませんよ。

auひかりの引っ越しで必要な費用はいくら?

引っ越しで必要な費用

auひかりを引っ越ししたいと考えている方の中には、引っ越しにかかる費用が気になる方がいるのも事実です。そこでauひかりの引っ越しに必要な費用・手数料について詳しく解説していくので、参考にしてみてください。

解約違約金

違約金

解約違約金はauひかりを解約する場合に発生する手数料です。別の名前では契約解除料とも呼ばれますよ。auひかりの解約違約金は、利用している建物の種類とプランによって料金が変わります。

戸建てのプランで3年契約プランの場合は15,000円の違約金、2年契約プランで9,500円の違約金となっていますよ。また、契約期間なしのプランはいつ解約しても違約金が必要ないので安心してくださいね。

マンションタイプの場合で解約すると違約金が7,000円または9,500円発生します。auひかりのマンションタイプの契約プランは、マンションにある設備や利用するマンションで契約されている数などによって8つのプランによって分かれているため、自分がどのプランを契約しているか分からない場合はサポートセンターに問い合わせてみてください。

事務手数料

事務手数料

auひかりの引っ越しで必要な手数料は事務手数料である800円のみなので、手数料で心配することは少ないと思います。他の光回線では契約時の手数料が高いこともあるので、手数料が安く済むのは嬉しいポイントですね。

工事費

工事費

インターネットの引っ越しで必要な工事は、引っ越し元の回線を撤去する回線撤去工事と引っ越し先でインターネット回線を新しく開通する回線開通工事が必要です。auひかりの場合は、どちらの工事でも費用が必要になるので注意してください。

引っ越し元で行う回線撤去工事の費用は契約している建物の種類に関わらず28,800円となります。以前は退去時に光ファイバーの撤去工事を行なわないこともできましたが、2018年3月から契約内容が改定されており、現在は退去時に撤去工事を必ず行わなくてはならないので注意してくださいね。

もう1つの引っ越し先で行う回線開通工事の費用は、戸建てタイプで37,500円、マンションタイプで30,000円となっています。こちらも引っ越し先でauひかりを使うためには必要な工事なので覚えておきましょう。

また土日祝日に工事を行う場合は出張手数料として、工事費に3,000円上乗せされるので、お得に工事を行いたいなら平日の工事をおすすめしますよ。

工事費残債

工事費の残り

新規契約時に工事費を分割で支払った場合には、解約時に支払っていない分割料金分の費用が必要です。

工事費を分割した場合の料金は、戸建てで625円×60回払い、マンションタイプで1,250円×24回払いが基本になります。そのため10回分の支払いをしていた場合の工事費残債は、戸建てで31,250円、マンションタイプで11,500円になるので参考にしてみてください。もし残りの工事費残債が分からない場合や不安を感じる時は、サポートセンターに問い合わせるのもおすすめですよ。

auひかりで引っ越し手続きをした場合は費用の一部が免除に!

上記では、auひかりでインターネットの引っ越しをした場合に発生する費用を解説しましたが、解約違約金と工事費残債は引っ越し手続きを行うことで実質無料になります。解約違約金は手続き費用からすぐに免除となりますが、工事費残債は引っ越し先で利用する月々のインターネット利用料金から減額または還元となり、すぐに費用が免除されるわけではないので注意してくださいね。

また、工事費も定期的に行われているキャンペーンの対象になれば、無料になることがあるので、引っ越し手続きを行う際にはauひかりで実施しているキャンペーンも確認してみてください。

auひかりを引っ越し先で利用する場合の流れ

乗り換えする場合の手順

ここまで、auひかりの引っ越しができる条件や費用などについて解説しましたが、実際にインターネットの引っ越しを行う流れが気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで、dauひかりを引っ越し先で利用する場合の流れをステップごとに詳しく紹介していくので、どのように引っ越し先で利用するのかが気になる方はチェックしてみてください。

1.引っ越しの手続きを行う

ステップ1:

auひかりでインターネットの引っ越しを行うには、最初にインターネットまたは電話で手続きの申し込みを行います。

インターネットの場合は、公式サイトにある申し込み専用フォームからの手続き、電話での申し込みの場合は、サポートセンターに問い合わせることで申し込みができますよ。

2.KDDIからの連絡を待つ

ステップ2:

手続き申し込み後はKDDIからの連絡を待ちましょう。連絡が来るまでは約1〜3週間かかることが多いですよ。

KDDIからの連絡では、回線工事日の日程案内と新しく発行される電話番号の内容が登録したメールアドレス宛に届きます。回線工事日の日程案内では、工事日の予約ができるURLを記載しているので、確認を忘れないようにしておきましょう。

3.案内文とインターネット機器を受け取る

ステップ3:

回線工事日と電話番号の連絡が届いた後は、ご利用開始の案内文とインターネットを接続するために必要な機器を受け取ります。ご利用開始の案内文は届いた箱の中に入っているので、届いたら確認してみてください。

4.回線開通工事を行う

ステップ4:

回線工事日の日程案内から工事の日程が決まると、平均で2週間〜4週間後に回線開通工事が行われます。詳しい工事内容は後から紹介しますが、回線開通工事には立ち会いが必要になるので、工事日のスケジュールをあらかじめ調整しておきましょう。工事が完了するまでの時間は1〜2時間ほどが多いですよ。

5.インターネット接続機器の設定

ステップ5:

回線開通工事が行われるとインターネットを利用することができますが、インターネットを接続するために必要な機器の設定をする必要があります。基本的には、工事後に渡される設定ガイドを見ることで簡単に行なえますが、分からない部分があった場合は有料で設定を代行してもらえる「かけつけ設定サポート」を利用するのもおすすめですよ。

auひかりの引っ越し手続きで利用する注意点

注意点

auひかりは比較的簡単に引っ越し先でも利用することができますが、引っ越し手続きの際に注意したポイントもいくつかあるので、それぞれ紹介していきますね。

引越し先でauひかりが対応しているかを確認する

auひかりの対象エリア外でも手続きの申し込み自体はできますが、後日に手続きができない連絡がKDDIより来るので、手間がかかるデメリットがあります。

そのため、引っ越し前にはあらかじめ引っ越し先でauひかりを利用できるかの確認をしておきましょう。繰り返しになりますが、利用できるエリアの確認方法は後ほど解説するので、安心してくださいね。

引っ越し先で回線工事が行えるかを確認する

先程も解説しましたが、引っ越し先での回線開通工事が行えない場合はauひかりを利用することができないので注意してください。また、賃貸マンション・アパートへ引っ越す場合で、回線工事をしてはいけない建物で工事をした時は、損害賠償などのトラブルになる可能性もあるので、あらかじめ工事をして良いかの確認をすることも重要ですよ。

早めに引っ越しの手続きを行う

インターネットの引っ越しでは、手続きの申込みから開通工事が完了するまでの期間が空いてしまうので、注意したいポイントになります。

基本的に戸建てタイプで1ヶ月マンションタイプで2週間〜1ヶ月の期間が必要になるので、引っ越しの時期が分かったタイミングで早めに申し込むことをおすすめしますよ。特に転勤や大学入学などのイベントが多い引っ越しシーズンは、工事までに1ヶ月以上かかることもあるので、気をつけてくださいね。

au光を引き続き利用するのと乗り換えはどちらがおすすめ?

継続利用か乗り換えか

インターネットを引っ越し先で利用する主な方法は、現在使用しているサービスを引き続き利用すること、新しいサービスに乗り換える方法の2つがメインの方法になりますが、どちらを選べば良いのか分からない方がいるかもしれませんね。

そこで、auひかりを引き続き利用するメリット・デメリット、他のサービスに乗り換えをするメリット・デメリットをそれぞれ紹介するので、参考にしてみてください。

引き続き利用するメリット

継続利用
merit

まず、auひかりを引き続き利用するメリットを紹介していきますね。

いままでと同じ様に利用できる

auひかりから他のインターネットサービスに乗り換えた場合は、新しいサービスの使い方が分からないなど少し戸惑う部分があるかもしれないがあるかもしれません。ですが、サービスを引き続き利用した場合は、いままでと同じようにサービスを利用できるので、安心して利用できるメリットがありますよ。特に引っ越しを行った後は忙しいことが多いと思うので、使いやすいサービスを引き続き利用するのも1つの方法ですね。

引っ越し手続きを簡単に済ませられる

乗り換える場合は契約書類の準備など手続きに時間がかかることも多いです。ですが、引き続き利用する場合は、新規契約に必要な書類の準備などが不要な場合が多いので、手続きを簡単に済ませたいと考えている方は、auひかりを引き続き利用するのもおすすめですよ。

引き続き利用するデメリット

継続利用
demerit

次にauひかりを引き続き利用するデメリットを紹介していきますね。

他社の方が安くなる可能性がある

引っ越し時点で行われているキャンペーンなどによって変わりますが、auひかりから他のサービスに乗り換える場合がお得なこともあります。もちろん、乗り換えを検討しているサービスの契約内容によって、お得になるかは変わってくるので、乗り換えを考えている場合は、現在契約している内容と乗り換えを検討しているサービスの内容を比較することが重要ですね。

引っ越し元より通信速度が遅くなる場合がある

インターネットの引っ越し全般に言えることですが、引っ越し元で通信速度に満足していても、引っ越し先での通信速度が遅くなりサービスを解約してしまうケースも実際にはあります。特にマンションタイプに引っ越した場合は、光回線をマンションで共有するため、いままでの速度より遅く感じてしまうこともあるので注意したいですね。ですが最近では、マンションタイプの通信速度も改善しているため、いままでと同じようにインターネットを利用できる場合もありますよ。

乗り換えをするメリット

乗り換え
merit

続いてauひかりから他のインターネットサービスに乗り換えをするメリットを紹介していきますね。

新しいサービスでお得なキャンペーンを適用できる

キャンペーン

auひかりから他社サービスに乗り換えをする場合は、新規契約になることが多いので適用されるキャンペーンが多いのも事実です。新規契約では、キャッシュバックや工事費無料などお得なキャンペーンが多数行われているので、魅力に感じるキャンペーンがある場合は乗り換えるのも1つの方法ですね。

スマホ料金の割引を受けられる可能性がある

スマホセット割

auひかりだけでなく、他のインターネットサービスでもスマホ料金割引を行っているため、ソフトバンクやドコモなど他通信会社のスマホを利用している場合は、別のサービスに乗り換えることで月々のスマホ料金が安くなることもあります。

もちろん、auのスマホを利用している場合は、auスマートバリューを適用できるauひかりの割引がお得になるため、乗り換え前にはよく検討してみてください。

乗り換えをするデメリット

乗り換え
demerit

最後にauひかりから他のインターネットサービスに乗り換えをするデメリットを紹介していきます。

新規契約の手続きを新しく行う必要がある

上記でも解説しましたが、乗り換える場合は新規契約となる場合が多いので。契約に必要な書類を新しく準備するなど、引っ越し手続きを行うより時間と手間がかかるのもデメリットの1つです。そのため、実際に引っ越しのタイミングで忙しい方は、引き続き利用するケースも多いですよ。

違約金が発生する

auひかりで長期契約プランを契約していた場合に解約すると、違約金が発生することがあります。違約金は契約しているプランによりますが、7,500円〜15,000円の違約金となりますよ。ただし、更新月での解約を行った場合は違約金が必要ないので安心してくださいね。また、乗り換え先によっては違約金相当のキャッシュバックを行う場合もあるので、乗り換えるならキャッシュバックキャンペーンも確認しておきたいポイントの1つです。

インターネットを乗り換えるならNURO光がおすすめ!

乗り換え先のおすすめ

上記では、auひかりから他のインターネットサービスに乗り換えるメリット・デメリットを紹介しました。そこで気になるのが、auひかりから他のインターネットに乗り換える場合におすすめのサービスではないでしょうか。

結論から言うと、現在インターネットを乗り換えるならお得に契約できるNURO光がおすすめです。そんなNURO光はおすすめできるポイントがいくつかあるので、それぞれ紹介していきますね。

プラン名NURO光G2V
月額料金5,217円(税込)
最大通信速度2Gbps(下り)
1Gbps(上り)
工事費44,000円(税込)
※公式キャンペーンで実質無料
事務手数料3,300円(税込)
(初回のみ)
契約期間2年間
解約金10,450円(税込)

通信速度が速い

通信速度

NURO光は光回線の中でも通信速度が速いので、インターネットを選ぶ際に通信速度を重視する方に人気のサービスです。

実際に他の光回線の最大通信速度は1Gbpsに対して、NURO光は2Gbpsなので約2倍の通信速度があることになりますね。そのため、通信速度が気になる方や複数の端末を同時に接続する方には人気のサービスとなっていますよ。

お得なキャンペーンを行っている

キャンペーン

NURO光ではキャッシュバックや1年間の利用料金が安くなる内容などのお得なキャンペーンが多数行われていることも魅力の1つです。他のサービスでもキャンペーンは行われていますが、サービスごとに実施している内容が異なるので、乗り換えの前には確認することをおすすめしますよ。

NURO光は公式サイトがキャッシュバックを実施しているのが特徴です!
以下から詳細を確認してみてくださいね。

電気やガスとの同時利用でお得に利用できる

NUROでんき

生活に必要不可欠な電気やガスなどもNURO光を提供している会社では、NURO電気・NUROガスとしてインフラサービスが提供されています。

そのためNURO光と同時にNURO電気やNUROガスを利用すると、NURO光の月額料金が安くなるメリットもありますよ。それぞれNURO電気が月々100円の割引、NUROガスが月々200円の割引と大きな割引ではないですが、生活に必要なサービスなので利用できるならNURO光・ガスを検討してみてくださいね。

auひかりの引っ越しでよくある質問をまとめました

よくある質問

ここまでauひかりを引っ越し先でも使う方法を紹介してきましたが、実際にインターネットの引っ越しは行う機会が少ないため、分からないことや疑問に感じる部分が多いかもしれませんね。そこで、auひかりの引っ越しでよくある質問をまとめたので、インターネットの引っ越しを行う前にチェックしてみてくださいね。

工事内容はどのような内容?

光回線の開通には基本的に開通工事が必要ですが、どのような工事を行うのか気になる方がいるかもしれませんね。実はauひかりの回線工事は契約する建物のタイプ・プランによって異なるので、それぞれ工事を行う内容を確認していきますね。

ホームタイプ(戸建てタイプ)

戸建て

引っ越し先が戸建てタイプの方は、電柱から光ファイバーの引き込みと専用のコンセントを利用するために必要な光コンセントの設置が必要な工事となっています。

戸建てタイプの場合は、マンションタイプより工事内容が多くなっているので、工事費用も少し高くなっているというわけですね。

マンションタイプ

マンション

引っ越し先がマンションタイプの方は、マンション共有部の回線工事が行われます。マンションタイプが契約できる場合、回線がもともとマンションに引かれているため、戸建てタイプより工事内容が少ないのが特徴となっていますよ。

マンションミニギガ

3階建て以下で総戸数8戸以上のマンションやアパートが契約条件となっているプランがマンションミニギガです。通常のマンションタイプで契約できるプランより条件が厳しくなっていますが、利用者が多くないことなどの理由からホームタイプと同等の通信速度のインターネットを利用できるメリットがありますよ。

そんなマンションミニギガ、は宅内への光ファイバー引き込みとONUの設置が工事内容となっています。こちらもホームタイプや通常のマンションタイプと同じく、基本的に工事を行う際に立ち会いが必要となるので注意してくださいね。

工事でインターネットが利用できない期間はある?

インターネットが利用できない期間

引っ越し元の撤去工事から引っ越し先の開通工事が完了工事の間にインターネットが利用できるか心配な方は多いと思います。結論から言うと、引っ越し元の撤去工事から引っ越し先の開通工事が完了するまでの間はインターネットが利用できません

そのため、インターネットの引っ越し手続きを行う際には期間に余裕を持っておく必要がありますよ。また、契約時に発行されたメールアドレスやインターネットを利用したマイページの確認なども利用できないので注意してくださいね。

引っ越し元で利用していた機器はどうすればいい?

wifiルーター

インターネットの引っ越し手続きを行うと、引っ越し先で利用する機器が届きますが、引っ越し元で利用していた機器をどうすればいいのか分かりにくいのも事実です。

結論から言うと、基本的に引っ越し元で利用していた機器は返却します。ですが、回線開通工事後に機器を郵送することになるので、申し込み手続きからすぐに返却しないようにしましょう。返却については着払いで行えるので、返却をする時には着払いの伝票をサポートセンターに問い合わせてくださいね。また、条件によっては引っ越し先でも引っ越し元で利用していた機器を継続して利用する場合があるので注意してください。

引っ越しの手続きはどこで申し込むのがおすすめ?

どこで申し込むのがおすすめ

「auひかりの引っ越し手続きを行いたいけど、どこで申し込みを行うのがおすすめなの?」という疑問もよくある質問の1つです。先ほど紹介した通り、auひかりの引っ越し手続きの申し込みは、インターネットまたは電話で申し込むことができますよ。

どちらからでも簡単に申し込むことができますが、電話での申し込み受付は9時から20時までとなっているため、時間が合わない方はインターネットでの申込みがおすすめになります。もちろん分からないことを聞きたい場合は、電話での申し込みの方が分かりやすいこともあるため、状況に合わせて申し込み方法を選んでみてくださいね。

auひかりを利用できるエリアの確認方法は?

auひかりを利用できるエリアの確認方法

先程はauひかりを利用できるエリアは決められていることを解説しましたが、利用できるエリアを調べたいと思う方は多いかもしれませんね。

auひかりを利用できるエリアの調べ方は、auひかりの公式サイトや代理店のページから建物の種類や郵便番号などを入力することで調べることができますよ。マンションタイプの場合は利用できるプランも同時に確認できるので、利用前にはぜひ調べてみてくださいね。

\以下の代理店窓口より検索できます/

まとめ

まとめ

auひかりは手続きを行うことで引っ越し先でも利用できるインターネットサービスです。ですが、引っ越しの手続きには費用や注意ポイントなど分かりにくい部分があるのも事実。

この記事ではインターネットの引っ越しを行う流れや気をつけたいポイントを詳しく解説しているので、契約をしている時に分からないことがあれば、ぜひ確認してみてくださいね。

関連記事