YouTubeをブラウザ版(URL)で開く方法!見れない場合の対処方法【2020年版】

「YouTubeをブラウザで見たいのに、勝手にアプリが開かれてしまう…」と困っていませんか?

仕様変更に伴い、YouTubeをネットで検索して開こうとすると、アプリが開いてしまいます。

このページでは、スマホのブラウザでYouTubeを開く6つの方法を紹介します。

スクリーンショットを交えて解説するので、ぜひ参考にして下さい!

仕様変更でブラウザで検索してもアプリが開く

これまではSafariなどのブラウザで「YouTube」と検索すると、ブラウザ版YouTubeを開けました。
しかし最近ではブラウザでYouTubeを見ようとしても、自動でアプリ版YouTubeが開かれてしまいます。

実際に、スマホで「YouTube」と検索し、ブラウザ版YouTubeのURLをクリックしてみます。

YouTubeと検索

すると、確かにアプリ版YouTubeが開かれました。

自動でYouTubeのアプリが開く

アプリが自動で開かれる原因としては、YouTubeのバージョンアップや、スマホのアップデートの影響が考えられます。


また「自社アプリの利用者数を増やしたい」というYouTube側の狙いもあるのでしょう。

しかし通信容量やバッテリー消耗、メモリなどの負担を考慮すると、アプリよりもブラウザ版を使用したいところです。


またYouTubeを保存できるアプリ(Clipboxなど)の利用者は、動画のURLが取得しづらいのも難点。

とはいえ、ブラウザで絶対に視聴できないわけではありません。

スマホのブラウザでYouTubeを視聴する方法を紹介します。

スマホのブラウザでYouTubeを視聴・開く6つの方法

少しの手順を踏むだけで、スマホのブラウザでも簡単にYouTubeを開けます。下記6つの方法を詳しく紹介しましょう。

  • ブラウザで検索して「キャンセル」をクリックする
  • YouTubeのURLをコピーして検索バーに貼る
  • YouTubeを長押しして新規タブで開く
  • 動画の「共有」ボタンからURLをコピーして検索バーに貼る
  • メモアプリからYouTubeを開く
  • アプリ上部にある「Safari」ボタンをタップ

ブラウザで検索して「キャンセル」をクリックする

ブラウザで「YouTube」と検索し、ブラウザ版YouTubeのURLをクリック。
すると「“YouTube”で開きますか?」と確認画面が表示されるので、「キャンセル」をクリック。

YouTubeで開きますかをキャンセルする

以上でブラウザ版YouTubeを開けました。
YouTubeをブラウザで見るのに、最も手軽な方法な方法です。

ただしスマホのバージョンによっては、確認画面が表示されないので注意が必要です。

YouTubeのURLをコピーして検索バーに貼る

スマホブラウザ版YouTubeのURLは、「m.youtube.com」と頭にmが付くのが特徴です。

スマホでYouTubeと検索し、ブラウザ版YouTubeを長押しし、「コピー」をクリック。

コピーを選択する

画面上部の検索バーをタップ。

上部の検索バーを選択

「ペーストして開く」をクリックすれば、ブラウザ版YouTubeを開けます。

ペースとして開くを行う

Clipboxなどでブラウザ版を開きたい時にも利用できます。

なおブラウザ版YouTubeを開いた後は、ブックマークに登録しておきましょう。
次回以降はワンタップで、YouTubeをブラウザで表示できます。

IPhoneでブックマークに登録する場合、画面下部のオプションボタンをクリック。

画面下部のオプションボタンを選択

「ブックマークを追加」をクリック。

ブックマークを追加を選択

ブックマーク名や保存場所を選択して、「保存」をクリックすればOKです。

画面右上の保存を選択

登録したブックマークをクリックすると、ブラウザ版YouTubeを開けます。

YouTubeを長押しして新規タブで開く

ブラウザからそのままYouTubeを開こうとすると、自動でアプリに切り替わってしまいます。
そのため新しいタブでYouTubeを開けば、ブラウザのまま表示可能です。

スマホでYouTubeと検索し、ブラウザ版YouTubeを長押しし、「新規タブで開く」をクリック。

新規タブで開くを選択

以上でYouTubeをブラウザで開けました。

ただし複数のタブを開いた状態になるので、メモリやバッテリーの消耗に負担を欠ける可能性があります。
閉じる時は、必ずタブを閉じてスッキリ整理しましょう。

なお触角タッチに対応していないスマホでは、長押しで開けないので、設定などから「新規タブで開く」をクリックしましょう。

動画の「共有」ボタンからURLをコピーして検索バーに貼る

アプリ版YouTubeから、ブラウザを開くことも可能です。

アプリ版YouTubeから見たい動画を開いて、「共有」ボタンをクリック。

共有のボタンを選択

「コピー」をクリック。

共有画面のコピーを選択

後はアプリを閉じて、safariを開き、検索バーにコピーしたURLを「ペーストして開く」で入力すればOKです。

ペーストして開くをタップする

見たい動画に直接アクセスできるので便利です。

YouTubeのアイコンを選択

また左上の「YouTube」ホームボタンをクリックすれば、ブラウザのままトップページへ遷移できます。

メモアプリからYouTubeを開く

メモアプリにYouTubeのURLを保存すれば、ブラウザ版を開けます。
メモアプリをブラウザのブックマークとして利用するイメージです。

まずはブラウザ版のYouTubeのURLをコピー。そしてメモアプリを開き、「新規作成」ボタンをクリック。

メモ帳を開き、下部の新規作成を選択

新規ページで「ペースト」をクリックして、コピーしたURLを貼り付けます。

ペーストを選択

後は貼り付けたURLをタップすれば、ブラウザ版YouTubeを開けます。

貼り付けたURLはメモアプリに保存されるので、メモからならいつでもYouTubeをブラウザで視聴できます。

YouTubeのURLをテキストでペーストする

ただしメモアプリには、複数のフォルダが存在します。

メモ帳のフォルダを選択する

現状メモアプリからブラウザ版YouTubeを開けるのは、「ICLOUD」と「IPHONE」フォルダのみです。
コピーしたURLをペーストする前に、保存フォルダを確認しましょう。

アプリ上部にある「Safari」ボタンをタップ

ブラウザから検索すると、アプリ版YouTubeの上に「Safari」と表示されます。

サファリを選択する

「Safari」をクリックすれば、ブラウザ版YouTubeに移行するので手軽です。
ただしアプリも開いた状態になるので、メモリ・バッテリーの消費を軽減するため、アプリは閉じるようにしましょう。

YouTubeをブラウザで見れない・開けない時の2つの対処法

基本的には上記の方法で、ブラウザ版YouTubeを開けます。ただし「どうしてもアプリが勝手に開いてしまう…」ケースもあるかもしれません。そんな時は下記3つの対処法を試してみて下さい。

  • スマホ本体を再起動する
  • スマホを最新バージョンにアップデートする

スマホ本体を再起動する

スマホをずっとオンの状態にしていると、不具合が生じるケースもあります。
そのため何度やってもYouTubeをブラウザで開けない時は、不具合が生じているかもしれません。

一度スマホ本体の電源を落として、再起動しましょう。
スマホの再起動はYouTubeに限らず、不具合を解消するために役立つ手法なので、まず第一に試してみて下さい。

スマホを最新バージョンにアップデートする

そもそもYouTubeアプリが自動で開かれるようになったのは、YouTube・スマホの仕様変更が影響しています。

とはいえYouTubeやスマホは利便性を高めるために、定期的にアップデートが繰り返されています。

そのため最新バージョンにアップデートすれば、ブラウザでそのままYouTubeを開ける可能性も考えられます。

まとめ

まとめ

通常の方法では、ブラウザでYouTubeを開こうとしても、アプリが勝手に開いてしまいます。

しかしURLを検索したり新規タブで開けば、YouTubeをブラウザで視聴可能です。特に確認画面で「キャンセル」をクリックする方法が、手軽なのでおすすめです。

どうしても開けない場合、再起動やアップデートを行いましょう。YouTubeをブラウザで開く方法を画像付きで紹介したので、真似しながら実践してみて下さい。