【2020年版】Ymobile(ワイモバイル)の料金は?iPhoneに機種変更した場合の料金も解説!

Ymobile(ワイモバイル)はソフトバンクのサブブランドとして格安スマホや格安SIMを販売しており、人気タレントを起用したテレビコマーシャルにより業界のなかでも高い知名度を誇っています。

大手キャリアから格安スマホに乗り換えをする人が増加傾向にあるなか、ワイモバイルが多くの人から支持されている理由とは何なのでしょうか。

そこで今回は、ワイモバイルの料金プランやiPhoneをセットで契約した場合の料金について解説し、あわせて特徴やキャンペーンについても紹介していきます。

ワイモバイルの特徴

  • ソフトバンクの回線を使える
  • 料金プランがわかりやすく利用しやすい
  • 店舗数の多さ
  • ワイモバイルで購入できる珍しい機種がある
  • SIMカードのみの購入が可能
  • テザリングが無料で利用できる
  • キャンペーンが豊富

ソフトバンクの回線を使える

ソフトバンク回線を利用できる

ワイモバイルはソフトバンクの回線を使っているため、4Gエリアが非常に広く全国各地で高速データ通信を可能にしています。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドということもあり、回線をそのまま利用しているためネット利用時の操作もストレスフリーです。

ネット状況があまり良くない場所や時間帯でも安定して通信ができることから、格安スマホのなかでも評価は高く人気を集めています。

えにみろん
えにみろん

特に回線が込み合う夕方から夜間にかけて、格安SIMの中でも安定して利用できるという口コミが目立ちます。

料金プランがわかりやすく利用しやすい

料金プランがシンプルで分かり易い

格安スマホは料金プランがいくつもあり、どれを契約すれば良いかわからないという声も少なくありません。

その点ワイモバイルは料金プランが3種類に分かれており、データ通信の容量により金額が異なるだけとシンプルなのが特徴です。

通話もネットも含まれていて、かつ面倒な縛りがないので利用しやすい点も人気の理由に繋がっています。

公式ホームページにプランの詳細等が掲載されているため、ぜひチェックしてみてください。

店舗数の多さ

店舗数が多いのでサポートも安心

格安スマホを提供している会社は多くなってきており、街中や家電量販店で店舗を見かけることも増えているのではないでしょうか。

ワイモバイルは全国におよそ4,000店舗あり、サポートが充実しているのも人気の理由であり特徴です。

ワイモバイルの店舗はソフトバンクと併設していることが多く、契約時にわからないことがあれば店舗に出向くことでスタッフが対面で丁寧に案内をしてくれます。

ワイモバイルで購入できる珍しい機種がある

スマホの機種も多いので、iPhone以外にも選択肢が多い

ワイモバイルではAndroidやiPhoneなどあらゆる種類の端末を扱っており、そのなかでワイモバイルで購入できる珍しい機種があるのも特徴といえます。

その機種はAndroid Oneといい、Googleがメーカーと協力して開発したスマートフォンです。

日本国内では一部の種類がソフトバンクでも販売されていますが、ほぼワイモバイルでしか扱っていないことから珍しい機種として人気を集めています。

ワイモバイルで格安スマホを契約しようと考えている人は、ぜひチェックしてみましょう。

SIMカードのみの購入が可能

SIM単体でも購入可能なので、お持ちのスマホでもそのまま利用できる

ワイモバイルはスマホとSIMカードのセット販売だけでなく、SIMカードだけを購入してSIMフリーの端末にて使用できます。

SIMロックが解除されているスマホであれば、カードを挿入するだけでワイモバイルの端末として低料金で利用可能です。

「SIM替えとく?」を合言葉にお得な変更ができ、データ通信専用SIMと音声通話SIMから選択できます。

えにみろん
えにみろん

データ通信専用SIMに関しては最低利用期間という縛りがないのも特徴です。

テザリングが無料で利用できる

テザリングでその他のWi-Fi機器(パソコンなど)のサブ回線代わりにも利用できる

ワイモバイルはテザリングによりWi-Fiルーターとして活用でき、パソコンやゲーム機器などをネットに接続できます。

支持されている理由として、テザリング機能がオプションにて無料で付帯されていることです。

ワイモバイルの本家となるソフトバンクの場合は、申し込みが必要なうえ月額料金として500円がかかります。

キャンペーンが豊富

お得なキャンペーンを毎月やっているので更にお得に

月々の利用料金を安くするためにワイモバイルなどの格安スマホの乗り換える人は少なくありません。

そして契約をするうえで注目すべきが随時実施されているキャンペーンです。

ワイモバイルではさまざまなキャンペーンがあり、月々の支払いに影響してくることからチェックは欠かせません。

テレビコマーシャルでも宣伝がされているため情報収集はしやすいですが、利用するには条件が設けられているため詳細も確認しておきましょう。

ワイモバイルの料金プランを解説

SMR
2,680円3,680円4,680円
月々3GB月々9GB月々14GB
国内無料通話付き国内無料通話付き国内無料通話付き

Sプランの特徴

ワイモバイルで用意されているプランのうち、最も安い金額で利用できるのがSプランです。

本来の利用料金は2,680円ですが、新規割で契約をした場合は6カ月間1,980円で利用できます。

さらに「おうち割」という光セットもしくは家族割引サービスの適用で、6カ月間1,480円で利用可能です。

またデータ通信量は通常で月々3GBですが、データ増量無料キャンペーンが適用されることで1年間は月々4GBとなります。

1回あたり10分以内であれば国内通話が無料なため、少しだけ電話をするという人はよりお得です。

えにみろん
えにみろん

長く電話する場合でも一度切ってから、電話し直せば無料通話が可能です!

Mプランの特徴

続いてMプランは通常3,680円のところ、新規割で契約から6カ月間は2,980円で利用できます。

さらに「おうち割」との」セットもしくは家族割引サービスの適用で2,480円となり、月々のデータ通信容量も9GBが付帯されているため非常にお得なプランです。

上述したSプランと同様に、データ通信無料キャンペーンを利用することで1年間月々12GBまで増量できるため、それなりにデータ容量が必要な人にはおすすめのプランです。

また国内通話も1回10分以内であれば無料で利用できることから、電話利用が多少ある人でもお得に利用できます。

Rプランの特徴

最後にRプランの詳細ですが、まず通常の利用料金は4,680円です。

しかし、新規割で契約をすることで月々の利用料金を6カ月間3,980円に下げられます。

さらに「おうち割 光セット」もしくは家族割引サービスを適用することで6カ月間3,480円となり、月々のデータ通信容量は14GBです。

データ増量無料キャンペーンによってデータ通信容量を月々17GBまで増やせるので、ネット利用が多い人にはおすすめのプランです。

こちらも国内であれば1回10分の無料通話が付帯されています。

iPhoneとセットで契約した場合

iPhone6sの場合

ワイモバイルはiPhoneとセットで契約できるプランがあり、Apple製品を利用したい人に人気を集めています。

綺麗な写真が撮影できる優れたカメラ機能を搭載したiPhone6sの場合、32GBで27,360円で購入できます。

Sプランで機種変更の場合、機種代金が36回払いで760円、そこに利用料金を含めると3,708円で契約可能です。

新規・乗り換えでの契約であれば新規割が適用され月々2,738円で利用できます。

Mプランの場合は機種変更で4,808円、新規と乗り換えで3,838円です。

そしてRプランの場合は機種変更で5,908円、新規と乗り換え、は4,938円で契約できます。

公式ホームページには128GBのプラン料金も掲載されているため、ぜひチェックしてみてください。

iPhone7の場合

高性能なカメラとHDディスプレイ、さらにハイパワーのバッテリーなどが特徴のiPhone7もワイモバイルではセットで契約できます。

データ容量が32GBの場合、機種代金は37,440円となり月々の機種代金は36回払いで1,040円です。

Sプランの場合は機種変更で3,988円、新規と乗り換えであれば月々3,018円で契約できます。

Mプランの場合は機種変更で5,088円、新規もしくは乗り換えで4,118円です。

そしてRプランの場合は機種変更で6,188円、新規と乗り換えでは5,218円でiPhone7が使えます。

上述したiPhone6sと同じく、128GBのプラン料金も用意されているため、容量が大きい端末を使う人は確認しておきましょう。

ワイモバイルで実施しているキャンペーン

ワイモバ学割

ワイモバイルではワイモバ学割というキャンペーンが実施されていて、期間は2019年11月29日から2020年6月1日までです。

5歳から18歳の人が対象となるキャンペーンで、ベーシックプランのMもしくはRの基本料金から最大で13カ月間、1,000円割引がされます。

ワイモバ学割はワイモバイルで扱っているすべての機種が対象で、かつ端末とセットではなくSIMのみでも適用可能です。

対象となる契約は新規や他社からの乗り換え、または番号移行やPHSからの契約変更などが挙げられます。

個人の契約のみに適用されるキャンペーンなので、途中で法人へ譲渡した場合は割引の適用は終了となるためご注意ください。

また回線を解約した場合や対象外となるプランへの変更をした際もワイモバ学割の適用は終了します。

申込みには運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要なので、事前に準備物を確認しておきましょう。

また契約者が未成年の場合は、本人確認書類とあわせて親権者の同意書を用意しなければいけません。

詳しい詳細は公式ホームページを参照してみてください。

公式ホームページを見る

60歳以上通話ずーっと無料キャンペーン

最近ではスマホを所持する年配の方も増加傾向にあるため、各社でお得に利用できるキャンペーンが用意されています。

ワイモバイルでは60歳以上の人を対象に、かんたんスマホを購入すると国内通話がかけ放題となる「スーパーだれとでも定額」というものがあります。

こちらのプランはかけ先の相手がワイモバイルではなく他社のスマホや携帯、もしくは固定電話の場合でも無料で通話をすることが可能です。

条件としてかんたんスマホに申し込みをした時点での年齢が60歳以上でなければいけません。

また料金プランがスマホプランもしくはスマホベーシックプランであること、さらに申し込みが新規契約や番号移行、契約変更や機種変更などが挙げられます。

こちらのプランについても、詳しくは公式ホームページに情報が記載されているため確認してみてください。

公式ホームページを見る

データ増量無料キャンペーン2

新規契約や乗り換えをする場合、月々の利用料金に大きく関わってくるキャンペーンです。

2019年11月29日から実施されており、スマホベーシックプランを契約した場合に1年間データ容量が上乗せされます。

契約をした翌月を1ヶ月目として、1年間は通常500円がかかるデータの増量が無料で利用できます。

ただし、回線を解約した場合は、その月の利用分までが割引の適用期間となるためご注意ください。

また、データ増量無料キャンペーン2は内容や期間が予告なく変更となる場合があると公式ホームページに記載されているため、まめに確認しておく方が良いでしょう。

公式ホームページを見る

ワイモバイルの料金プランまとめ

ワイモバイルはソフトバンクの回線を使っていることで安定した通信を可能にしつつ、毎月の利用料金も抑えられることから高い人気を誇ります。

料金プランは3種類あり、他社と比較してシンプルなため選びやすい点も人気の理由に繋がっています。

また人気のiPhoneをセットで契約できるプランも用意されているため、Android以外の端末を利用したい人は注目です。

キャンペーンをうまく活用することで、よりお得にワイモバイルを契約できるので公式ホームページなどを参考にチェックしておきましょう。