【2020年】プロ野球の中継放送を見る方法!無料視聴やスカパー、DAZNなどネット中継などまとめ

2020年8月16日

プロ野球の中継放送を見る方法一覧!無料で見れるかやネット中継など方法まとめ

「自宅でプロ野球観戦を楽しみたい」と思っていませんか?

プロ野球は様々な配信サービスで中継されており、テレビ・パソコン・スマホアプリで視聴できます。サービスによって配信される球団・料金が異なるので、自分にあったものを選びましょう。

このページではプロ野球が見れる配信サービスや、注意点を徹底解説!コスパ良くプロ野球中継を見るために、ぜひ参考にしてみてください!

プロ野球の中継放送を見れる配信サービス一覧

プロ野球放送の内容で比較

プロ野球の中継は、大きく分けて「複数球団・リーグの試合」「特定球団のみの試合」を放送する配信サービスに分けられます。
プロ野球の中継放送を見れる配信サービスは、下記の通りです。

サービス名球団月額料金/無料期間
DAZN11球団1,990円/1ヶ月
スカパー全12球団4,931円/1ヶ月
パ・リーグLIVEパ6球団508円/×
パ・リーグTVパ6球団+α1,595円/1ヶ月
Rakutenパ6球団702円/×
GIANTS LIVE巨人1,650円/×
Hulu巨人1,026円/2週間
フジテレビONEヤクルト・西武1,100円/×
J SPORTS広島・中日1,980円/×
虎テレ阪神600円/×
ニコニコ生放送DeNA基本無料
PraviDeNA925円/2週間

より多くの球団の試合を見たい時は、全12球団の試合を生中継する「スカパー!プロ野球セット」や、11球団を取り扱う「DAZN」がおすすめです。
またパ・リーグの中継は豊富なので、料金・特徴に合わせて選びましょう。

一方でセ・リーグの球団は、特定球団の応援チャンネルが豊富です。
自分の応援したい球団に合わせて、選んでみてください。

その他の動画配信サービスについての詳細はこちら

プロ野球の中継放送を見れる各サービスの詳細

プロ野球の中継放送を見れる各サービスの特徴を、3つに分けて詳しく紹介します。

• セ・パ両リーグの中継が見れる配信サービス2つ
• パ・リーグの中継が見れる配信サービス3つ
• 特定球団の応援・試合中継が見れる配信サービス7つ

セ・パ両リーグの中継が見れる配信サービス2つ

まずは、セ・パ両リーグの中継が見れる配信サービスを2つ紹介しましょう。

DAZNスカパー!
球団11球団
※広島、一部中日主催試合を除く
全12球団
放送生中継&見逃し配信全試合生中継&見逃し配信
月額料金990円〜1,990円4,931円
無料期間1ヶ月間最大1ヶ月間

DAZN(ダゾーン):月額1,990円で11球団の試合を視聴できる

DAZN
取扱球団11球団の試合を生中継
※広島、一部中日主催試合を除く
視聴デバイススマホアプリ・パソコン
月額料金基本料金:1,990円
docomoユーザー:990円
無料期間登録日から1ヶ月間

スポーツ系の動画配信サービスとして、大人気のDAZN(ダゾーン)。

広島カープの主催試合を除く、11球団の試合を生中継しています。
中日ドラゴンズ主催試合は一部放送されないというアナウンスがあるため、一部主催試合が放送されない模様です。

セ・パ両リーグ戦はもちろん、オープン戦・2軍戦・オリジナル番組も充実。

コンテンツが充実していながら、料金は月額1,990円と安いのも魅力です。
またドコモユーザーなら、月額990円でDAZN for docomoに加入できます。

スマホアプリやパソコンに対応しており、ネット環境があればどこでも視聴可能です。
見逃し配信・後追い再生もできるので、好きなタイミングで野球観戦もできます。

ちなみにDAZNでは、国内のプロ野球以外にも、MLBやサッカー、テニスなど、様々なスポーツがライブ配信されています。
「プロ野球をコスパよく楽しみたい!」方は、DAZNがおすすめです。

以下のリンクから無料登録ができるので、ぜひお試しください!

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

DAZNの登録方法は、下記の通りです。

1. 公式サイトにアクセス
2. 「1ヶ月の無料体験を始める」を選択

DAZN「1ヶ月の無料体験を始める」を選択

3. アカウント作成画面で情報を入力

DAZNアカウント作成画面で情報を入力

4. 支払い情報の画面で支払い方法を選択

DAZN支払い情報の画面で支払い方法を選択

5. 完了後、無料期間がスタート!

DAZNに登録完了後、1ヶ月間の無料期間がスタートします。
1ヶ月以内に解約すれば料金は発生しないので、試してみてください。

スカパー!プロ野球セット:全12球団の全試合を生中継で放送

スカパー
取扱球団全12球団の試合を完全生中継
視聴デバイステレビ・スマホアプリ
月額料金4,931円
無料期間申し込み月

「プロ野球を自宅でガッツリ楽しみたい!」方におすすめしたいのが、スカパー!プロ野球セットです。
セ・パ全12球団の全試合が、完全生中継で放送されています。

月額料金は4,931円と高めですが、全試合を楽しめるのはスカパーだけです。
開始前から開始後のインタビューまで放送されたり、応援番組なども楽しめます。

また一般的にスカパーの視聴には、BS・CS対応テレビが必要ですが、スマホアプリ「スカパー!プロ野球オンデマンド」も利用できます。
ネット中継・見逃し配信を見たい時や、通勤中・出張先で試合を視聴したい時におすすめです。

スカパーもすぐに申し込むことができますので、ぜひ確認してみてください!

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

スカパーのプロ野球セットの登録方法は、下記の通りです。

1. スカパー!の公式サイトにアクセス

2. 申し込画面で「手続きページへ進む」を選択

スカパー申し込画面で「手続きページへ進む」を選択

3. 「お申し込みフォームへ進む」を選択

スカパー「お申し込みフォームへ進む」を選択

4. 商品一覧から「プロ野球セット」を選択し、「選択商品の確認へ進む」を選択

スカパー商品一覧から「プロ野球セット」を選択し、「選択商品の確認へ進む」を選択

5. 内容を確認し、「次のステップへ進む」を選択

スカパー内容を確認し、「次のステップへ進む」を選択

6. 「B-CASカード番号(ACAS番号)」を入力し、「次のステップへ進む」を選択

スカパー「B-CASカード番号(ACAS番号)」を入力し、「次のステップへ進む」を選択

7. お客様情報を入力し、「次のステップへ進む」を選択

スカパーお客様情報を入力し、「次のステップへ進む」を選択

8. お支払い方法を選択し、「次のステップへ進む」を選択

スカパーのお支払い方法を選択し、「次のステップへ進む」を選択

9. アンケートに回答し、「次のステップへ進む」をクリック

スカパーのアンケートに回答し、「次のステップへ進む」をクリック

10. 申込み内容を確認し、「申し込む」を選択

スカパーの申込み内容を確認する
「申し込む」を選択

公式サイトへアクセスし、プロ野球セットを選んで手続きを進めましょう。
スカパー!プロ野球オンデマンドを利用したい場合でも、上記の手順です。

ちなみに全球団を視聴できるプロ野球セットではなく、単品チャンネルに加入することも可能です。
単品チャンネルなら、月額料金を抑えられます。

球団放送チャンネル月額料金
巨人日テレジータス972円
阪神スカイA1,080円
横浜TBSチャンネル21,080円
ヤクルトフジテレビONE1,080円
広島J SPORTS 12,469円
中日J SPORTS 22,469円
ロッテTBSニュースバード401円
ソフトバンクFOXスポーツ&エンタテイメント1,026円
西武フジテレビTWO1,080円
日本ハムGAORA SPORTS1,296円
楽天J SPORTS2,469円
オリックスJ SPORTS2,469円

もしも「特定のチームの試合だけ見たい」時は、単品での加入も検討してみてください。
ただし単品加入の場合、視聴できるのは主催試合のみでビジター戦は放送されません

パ・リーグの中継が見れる配信サービス3つ

次にパ・リーグの中継が見れる配信サービスを、3つ紹介します。

サービス名球団月額料金/無料期間
パ・リーグLIVEパ6球団508円/×
パ・リーグTVパ6球団+α1,595円/1ヶ月
Rakutenパ6球団702円/×

パ・リーグLIVE:月額508円でパ6球団の試合を配信

取扱球団パ6球団の試合を完全生中継
視聴デバイススマホアプリ・パソコン
月額料金508円
無料期間なし

パリーグの全試合を格安で視聴したい方は、パ・リーグLIVEがおすすめです。
月額508円で、パ・リーグ公式戦全試合・パ球団主催の交流戦・パリーグクライマックスシリーズが、生放送されます。

またYahoo!プレミアム会員や、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら、無料で利用できます。
コンテンツは試合中継のみですが、格安価格でパリーグの楽しみたい方におすすめです。

パ・リーグTV:パリーグのコンテンツがとにかく充実

取扱球団パ6球団+一部試合
視聴デバイススマホアプリ・パソコン
月額料金1,595円
無料期間1ヶ月

パ・リーグTVは、サービス名通り、パ・リーグのコンテンツがとにかく充実しています。
パリーグ主催の全試合生中継はもちろん、2012年以降の全試合のアーカイブ配信・オープン戦も視聴できます。
またアングルの変更や実況オフ、最大3試合の同時視聴など、自宅でも臨場感のある試合観戦が可能です。

パ・リーグ戦だけでなく、巨人・阪神主催の交流戦や、ファーム公式戦も視聴できます。
パ・リーグ系配信サービスの中では、料金が高いですが、パ・リーグ戦を満喫したい方におすすめです。

Rakuten パ・リーグSpecial:楽天ポイントを貯めながらパ6球団の試合を視聴

取扱球団パ6球団
視聴デバイススマホ・パソコン・テレビ・ゲーム機
月額料金702円
無料期間×

Rakuten パ・リーグSpecialは、楽天が提供するパ・リーグ系の動画配信サービスです。
月額702円で、パリーグ主催の試合が高画質で生中継・見逃し配信されています。
特集番組や、過去2年分の試合もアーカイブ配信されているので、コンテンツも豊富です。

また利用する毎に、楽天ポイントを貯められるのも魅力。
年額5,093円のプランも用意されており、単品で継続するよりも年間2,575円安いです。
キャンペーンが充実しているため、お得に利用したい方におすすめです。

特定球団の応援番組・試合中継が見れる配信サービス7つ

最後に特定球団の応援番組・試合中継が見れる配信サービスを、計7つ紹介します。

サービス名球団月額料金/無料期間
GIANTS LIVE巨人1,650円/×
Hulu巨人1,026円/2週間
フジテレビONEヤクルト・西武1,100円/×
J SPORTS広島・中日1,980円/×
虎テレ阪神600円/×
ニコニコ生放送DeNA基本無料
PraviDeNA925円/2週間

GIANTS LIVE STREAM:巨人の主催試合・一部ビジターも配信

取扱球団巨人
視聴デバイススマホアプリ・パソコン
月額料金1,650円
無料期間×

巨人専用のライブ配信サービスである、GIANTS LIVE STREAM。
巨人主催の全試合や、阪神・DeNA・ソフトバンク・ロッテのビジター試合、2軍戦が生中継・見逃し配信されています。

また過去2年分の試合もアーカイブ視聴できたり、会員専用のイベント、オリジナル番組も充実。
とにかく巨人愛が溢れる配信サービスなので、巨人ファンにおすすめです。

なお通常の月額料金は1,650円です。
しかしGIANTS IDに無料登録すれば、月額1,100円で利用できます。
安く利用できるので、申し込みの際に登録を忘れないようにしましょう。

Hulu:巨人の主催試合や映画を楽しめる

取扱球団巨人
視聴デバイススマホアプリ・パソコン
月額料金1,026円
無料期間2週間

映画・ドラマなどの動画配信サービスのHuluは、巨人主催の全試合を生中継しています。
ハイライトや、キャンプ特集などのコンテンツも。
一方で見逃し配信には対応していないので、注意が必要です。

もちろんHuluに加入しているので、映画・ドラマ・アニメなども視聴できます。
巨人の主催試合を見ながら、動画配信サービスを利用したい方におすすめです。

日テレドラマ

フジテレビONE・TWO:ヤクルト・西武の主催試合が月額1,080円

取扱球団ヤクルト・西武
視聴デバイステレビ・スマホアプリ
月額料金1,080円
無料期間×

CS放送のフジテレビONE・TWOでは、ヤクルト・西武の主催試合が全試合生中継されています。
月額料金は、フジテレビONE・TWOとセットで、1,080円です。

なおスマホアプリも利用できますが、必ずWEB版FOD(フジテレビオンデマンド)から登録しましょう。
アプリで契約するよりも、毎月150円節約安くなります。

ヤクルト・西武の試合以外にも、フジテレビ系バラエティ・ドラマ・アニメも楽しめるので、動画配信サービスとしても利用可能です。

J SPORTSオンデマンド:広島・中日の主催試合を配信

取扱球団広島・西武
視聴デバイステレビ・スマホアプリ
月額料金1,980円
無料期間×

CS放送のJ SPORTSでは、広島・中日の主催試合が全試合生放送されています。
広島の試合が配信されるのは珍しく、貴重な配信サービスです。
DAZNと組み合わせて契約すれば、全12球団の試合を視聴できます。

また野球パックの月額料金は1,980円ですが、25際以下ならU25割で990円で利用可能。
テレビ・スマホ・ネット中継も用意されているので、好きなデバイスで視聴できます。

なお広島主催試合は、広島県内・及び近隣エリアで視聴できません。
また中日主催試合は、見逃し配信が非対応なので注意しましょう。

虎テレ:阪神主催の全試合・2軍戦を配信

取扱球団阪神
視聴デバイススマホアプリ
月額料金600円
無料期間×

阪神タイガースが公式で運営する、動画配信サービスの虎テレ。
阪神主催の全試合はもちろん、2軍戦、ハイライト、オリジナル応援番組が充実しています。
特にオリジナル番組は、公式チャンネルならではの映像・選手の素顔を楽しめます。

また機能も充実しており、試合を見ながら「よっしゃ!」「そりゃないで!」など、ユニークな関西弁で応援できます。
料金も月額600円と安いので、阪神ファンならより視聴を楽しめるでしょう。

ニコニコ生放送:横浜DeNAの試合を見ながら実況できる

取扱球団DeNA
視聴デバイススマホアプリ・パソコン
月額料金500円(プレミアム)
無料期間基本無料

ユーザーと実況しながら、生放送の番組を楽しめるニコニコ生放送。
ニコ生では横浜DeNAの試合を生配信しており、ファン同士でコメントしながら視聴できます。
また再放送・タイムシフト視聴も用意されており、見逃し視聴もできます。

ニコニコ生放送は基本無料で利用できますが、画質が悪かったり、途中退出になるケースも。
安定して試合を楽しみたい方は、月額500円のプレミアム会員に加入するのが良いでしょう。

Paravi:横浜DeNAの主催全試合を配信

パラビ
取扱球団DeNA
視聴デバイススマホアプリ・パソコン
月額料金1,017円
無料期間2週間

TBS・テレ東系の地上波番組を配信しているParavi(パラビ)。
横浜DeNAの主催試合を、全試合生中継&見逃し配信しています。

一方でオリジナルコンテンツはなく、基本的に試合を配信するのみです。
横浜DeNAの試合だけでなく、映画・ドラマも一緒に楽しみたいファンにおすすめです。

プロ野球の中継放送を見る際の注意点2つ

プロ野球の中継放送を見る際の注意点

プロ野球の中継放送を見る際の注意点を、2つ紹介します。

• 契約前に見たい球団が配信されているかをチェック
• オールスター・日本シリーズなどは配信されないケースも

契約前に見たい球団が配信されているかをチェック

動画配信サービス毎に取扱いのある球団が異なるので、必ず自分の見たいチームの試合が放送されるかチェックしましょう。

特に特定球団の配信チャンネルでは、主催試合こそ生中継されますが、ビジター戦は配信されないケースが多いです。
全チームの試合を見たい時は、「スカパー!野球セット」か、「DAZN+J SPORTS」を利用しましょう。

また配信サービスで取扱われる球団は、放映権の関係でシーズン毎に異なります。

• DAZN:2019年より巨人の主催試合を追加
• FODプレミアム:2020年にヤクルトの試合から徹底
• スポナビライブ:2018年にサービス終了
• プロ野球24:2019年にサービス終了

前シーズンが見れたからといって、来シーズンも必ず見れるわけではありません。
「見たいチームがないのに契約更新してしまった…」とならないよう、必ずホームページをチェックしましょう。

オールスター・日本シリーズなどは配信されないケースも

スポーツ系の動画配信サービスでは、各球団の主催試合が放送されます。
そのためセ・パ両リーグ戦や、交流戦、クライマックスシリーズ、2軍戦などは、基本的に放送されます。

しかし日本野球機構が主催するオールスター・日本シリーズなどは、配信されないケースがほとんどです。
オールスター・日本シリーズが見たい時は、地上波・ラジオの生中継や、録画を利用しましょう。

まとめ

まとめ

プロ野球は様々な配信サービスで中継されています。
自分の見たい球団や、サービス料金・特徴に合わせて選びましょう。

特に全球団の試合が生中継される「スカパー!プロ野球セット」や、コスパの良い「DAZN」がおすすめです。
自分にぴったりの配信サービスを選んで、自宅での野球観戦を楽しんでください!

\全球団放送の「スカパー!プロ野球セット」の詳細はこちら/

スカパー!プロ野球セット

\広島、一部中日の主催試合以外放送のコスパの良い「DAZN」の詳細はこちら

関連記事