【2021年最新】WiMAXの速度制限とは?通信制限解除に裏ワザがある?

WiMAXの速度制限とは

回線開通工事が必要なく、広いエリアで使えるインターネットサービスとして人気なのがWiMAXです。

そんな便利に使えるWiMAXですが、一定量の通信を行なうと速度が規制される速度制限があることをご存知でしょうか?

実際に速度制限にかかると動画がスムーズに見れないなどのストレスを感じるため、速度制限になることを避けたいと思う方が多いと思います。

この記事では、WiMAXで速度制限がかかるための条件や制限を解除する方法などを解説していくので、WiMAXの速度制限について知りたい方は確認してみてください。

WiMAXってどんな通信方法?光回線やポケットWi-Fiなどと比較!

WiMAXを徹底比較

最初にWiMAXのサービス内容や利用するメリットなどを解説していきますね。

合わせて同じ通信サービスとして人気の光回線やポケットWi-FiとWiMAXの違いについても紹介していくので、どのインターネット通信サービスを契約するか迷っている方も参考にしてみてください。

WiMAXとは?

WiMAX

WiMAXは、UQコミュニケーションズの回線を利用したインターネット通信サービスです。

WiMAXはスマホの通信サービスのように1ヶ月に使用できるデータ容量が決められていないプランがあるため、データ容量に関係なく通信できる魅力がWiMAXにはありますよ。

ただし、この記事で解説していく通信制限はあるので、よく確認してみてくださいね。

\WiMAXの申し込みはこちらから/

WiMAXと光回線・ポケットWi-Fiの違いは?

インターネットの種類トップ画像

最近では、契約できる通信サービスが増えており、WiMAXと一緒に比較されるサービスとして光回線やポケットWi-Fiがあるのも事実です。

しかし、初めて通信サービスを契約する方は、それぞれがどのようなサービスであるか分かりにくいと思うので、光回線やポケットWi-FiをWiMAXと比較しながらサービスを紹介していきますね。

WiMAXと光回線の違いは?

光回線

光回線は光ファイバーを使用したインターネット通信サービスです。

WiMAXと比較すると高速通信を安定して行なうことができますが、光ファイバーケーブルを自宅に導入する回線開通工事が必要なことや自宅以外ではインターネット通信を利用できないデメリットがあるサービスですよ。

WiMAXとポケットWi-Fiの違い

ポケットWi-Fi

ポケットWi-FiもWiMAXと同じく基地局を利用したインターネットサービスですが、ポケットWi-Fiは大手キャリアの通信回線を利用したインターネット通信サービスとなっており、WiMAXはUQコミュニケーションズの回線を利用した通信を行なう形になりますよ。

そのため、WiMAXとポケットWi-Fiの大きな違いは利用するインターネット接続に使用する回線ということになりますね。

WiMAXを利用するメリットは?

merit

上記では、WiMAXと光回線・ポケットWi-Fiの違いを紹介しましたが、どの通信サービスを利用するか迷っている方もいるのではないでしょうか。

そこで、WiMAXを利用するメリットを3つ紹介するので、契約する通信サービスを検討している方はチェックしてみてみるのもおすすめですよ。

回線開通工事が不要

工事の必要がない

先程も紹介しましたが、WiMAXは無線を利用した通信サービスのため、光回線のように回線開通工事が不要であることがWiMAXを利用するメリットの1つです。

そのため、マンションやアパートなどで工事が難しい場合には、WiMAXのホームルーターを利用するケースも多いですよ。

利用できるエリアが広範囲

利用エリア

WiMAXは、全国各地にある40,000以上の屋外基地局を利用して通信を行なうことから、対応しているエリアが広範囲であることが特徴です。

そのため、広い範囲で利用できるメリットがWiMAXにはありますね。

また後ほど詳しく解説しますが、WiMAXの通信とauの4G通信と合わせて利用するハイスピードプラスエリアモードもオプションとして利用できることから、WiMAXの回線を受信できない場所でもインターネットに接続することが可能ですよ。

同時接続台数が多い

同時接続数

WiMAXはインターネットサービスの中でも、同時接続できる端末が多いメリットがあります。

特に自宅でWiMAXを利用する方を対象にしたホームルーターでは、同時接続台数が40台という機種もあるため、たくさんの端末や家電などをインターネットに接続したい場合は、同時接続数が多いWiMAXのルーターを利用するといいですね。

WiMAXで利用できるハイスピードプラスエリアモードって何?

これからWiMAXの契約を検討している方の中には、ハイスピードプラスエリアモードという名前を聞いたことがある方もいるかもしれません。

ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAXで利用できるオプションの1つで、WiMAXの通信と4G通信を合わせて使うことによって、通常より広い範囲で通信を行なうことが可能となっていますよ。

またWiMAXを3年契約していた場合は、基本的にハイスピードプラスエリアモードを無料で利用できるメリットもあるので、外出時にWiMAXを利用する方はハイスピードプラスエリアモードを利用してみてはいかがでしょうか。

WiMAXに速度制限がかかる条件は?解除する裏ワザはある?

ここがポイント

WiMAXは、速度制限があることを最初に紹介しましたが、速度制限がかかる条件について詳しく知りたい方が多いのではないでしょうか。

そこで、WiMAXの速度制限がかかる条件について詳しく解説していきます。

また、速度制限時の速度や解除する方法なども合わせて紹介していくので、WiMAXの速度制限について詳しく確認したい方は参考にしてみてください。

WiMAXは3日で10GB利用すると通信制限にかかる!

速度制限

WiMAXの速度制限で1番気になるポイントが、どのくらいデータ通信を利用すると速度制限にかかるかということではないでしょうか。

結論から言うと、WiMAXでは3日で10GBのデータ通信を行った翌日の18時から翌々日の2時頃まで通信制限がかかりますよ。

しかし、10GB以上の通信を行っていなければ、翌々日の2時以降は通常の高速通信に戻るので安心してくださいね。

通信制限にかかったときの通信速度はどのくらい?

通信速度

WiMAXを契約できるプロパイダの多くは、1ヶ月に利用できるデータ容量が無制限のプランと7GBのプランをどちらか選んで契約する形になりますが、無制限のプランと7GBプランでは速度制限時の速度が異なるので、それぞれにおける速度制限時の速度を紹介していきますね。

無制限プラン

まず、1ヶ月に利用する高速通信のデータ容量が無制限であるプランでは、速度制限時の速度が1Mbps程度になります。

1Mbpsの速度は通常のWiMAXを利用した場合より遅い速度にはなりますが、標準画質での動画再生やメールの送受信、インターネットを利用した通話など高速通信を必要としない操作は問題なく行えるので安心してくださいね。

7GBプラン

1ヶ月に利用できる高速通信のデータ容量が7GBまでのプランでは、速度制限時の速度が128kbps程度になります。

無制限でデータを利用できるプランと比較すると、7GBプランは速度制限時の通信速度が厳しくなっているため注意が必要です。

また128kbpsの通信速度では、インターネットサービスのほとんどは快適に利用できないため、7GBプランを契約する場合は速度制限にかからないようにデータ通信の容量を調整しましょう。

通信制限にかかった時に解除する裏ワザはある?

通信制限にかかった場合は、速度制限をすぐに解除したいと思う方は多いかもしれませんね。

しかし、通信制限にかかった場合に利用できる裏ワザはないので、通信制限が解除されるまで待つしか方法がありませんよ。

ただし、7GBプランでの速度制限は翌月まで解除されないことから、無制限プランより待つ時間が長くなってしまうことは注意したいポイントなります。

\WiMAXの申し込みはこちら/

3日で10GBのデータ容量では何ができるの?

データ容量で比較

3日で10GB以上のデータ通信によって速度制限がかかるWiMAXですが、3日で10GBのデータ通信量は、どのくらいなのか分かりにくいと感じる方もいるのではないでしょうか。

そこで、10GBのデータ容量で行えることを通信サービスごとに分けて紹介していくので、10GBのデータ容量がどのくらいなのか分かりにくい方は、サービスごとのデータ使用量をチェックしてみるのおすすめです。

動画視聴

動画コンテンツ

スマートフォンの普及と同時に通学・通勤時などの隙間時間に動画視聴をする方は多いかもしれませんね。そんな動画視聴で使用するデータ容量は、動画の画質によって異なるため、それぞれの画質で使用するデータ容量を紹介していきますね。

低画質(240p)

低画質の動画再生では、10GBのデータ容量で約60時間の動画視聴が可能です。

低画質での動画視聴は、長時間の動画再生を行った場合でもデータ容量の消費は大きくありませんが、動画によっては画質が粗く、見にくい場合もあるので他の画質で視聴するのもおすすめです。

中画質(360p)

スマートフォンから動画を視聴する際によく使用される中画質は、10GBのデータ容量で約36時間の動画視聴が可能です。

パソコンなどでは画質が少し荒く感じる程度ですが、スマートフォンであれば中画質の動画視聴でも違和感は少ないため、比較的使用するデータ容量の少ない360pで動画を視聴している方も多いですよ。

HD画質(720p)

ハイビジョン

動画を視聴できるサービスの中では高画質であるHD画質は、10GBのデータ容量で約15時間の再生が可能ですよ。

HD画質は、タブレットやパソコンで動画を視聴する場合ではきれいに感じられる画質なので、きれいな画質で動画視聴をしたい場合に利用されるケースが多いですね。

フルHD画質(1080p)

フルHD

フルハイビジョンとも呼ばれるフルHD画質は、動画を視聴するストリーミングサービスなどによって変わりますが、約10時間の再生が可能ですよ。

フルHDは、ブルーレイと同じ画質であることから、きれいな画質で動画視聴を楽しみたい方にはおすすめですが、ストリーミングサービスなどで長時間の映像を見る際にはデータ容量に注意したいですね。

4K画質(2160p)

4K作品

最近では、テレビなどでも注目されている4K画質ですが、ストリーミングサービスなどを利用して動画を4K画質で再生した場合は、1時間で約12GBのデータ容量を使用します。

1時間の動画視聴で、WiMAXの通信制限がかかる条件を満たしてしまうことから、WiMAXでの4K画質で動画を視聴するのは少し難しいですね。

ちなみに4KのKは1,000こと。画面横の画素数が約4,000という事で、HD画質の4倍の画素数でキレイという意味なんですよ!

WEBサイトの閲覧

インターネット利用

WEBサイトの閲覧では、1ページの閲覧で約500KB〜1MBのデータ通信を行います。

これを10GBに変換すると、10,000ページから20,000ページの閲覧が可能であることからWEBサイトの閲覧だけでは、WiMAXの通信制限にかかることは少ないですよ。

ただし、動画を埋め込んだサイトや画像を利用するオンライン通販サイトなどの閲覧は、1MB以上のデータを使用することもあるので、頻繁に利用する場合はデータ使用量を確認しておくといいですね。

オンラインゲーム

オンラインゲーム

これからWiMAXを契約して、自宅や外出先でオンラインゲームをしたいと考えている方もいるかもしれません。

そんなオンラインゲームで使用するデータ通信量は、コンテンツによって異なりますが、1時間あたり10MB〜100MB程度のデータ容量を使用することが多いですよ。

オンラインゲームの中でもインターネットを利用して対戦や協力をするゲームは、データ通信量が必要になるケースが多いので注意したいですね。

また、スマホゲームなどではアプリや初回にダウンロードするデータなどでもインターネット通信を行なうことが多いため、スマホでゲームを行なう際はデータ通信量も合わせて確認しておくことが重要です。

インターネットを利用した通話

LINE通話

最近では、インターネットを利用した通話サービスが、電話やミーティングで使われることが多くなっているため、インターネットを利用した通話サービスに使用するデータ容量を知りたい方が多いのではないでしょうか。

インターネットを利用した通話サービスの1つであるLINE通話であれば、1時間で約20MBのデータ容量を使用することから10GBのデータ容量では約500時間の通話が可能です。

そのため、LINE通話だけでは通信制限の要因となることは少ないですよ。ただし、ビデオ通話では1時間に約300MBのデータ通信を行なうことから、WiMAXの通信制限にかかる要因となる場合もあるので気をつけましょう。

ストリーミングサービスを利用した音楽の再生

音楽コンテンツ

インターネットを利用して音楽を再生できるストリーミングサービスを利用している方は多いかもしれませんね。

そんな音楽ストリーミングサービスを利用して音楽再生を行った場合では、音質によって異なりますが、1曲あたり1MB〜10MB程度のデータ容量を使用しますよ。

そのため、10GBのデータ容量であれば1,000〜10,000曲ほどの楽曲が聞けることになるので、WiMAXの通信制限がかかる要因としてはあまり関係ないと言えるのではないでしょうか。

\WiMAXの申し込みはこちら/

WiMAXの速度制限に関するよくある質問をまとめました!

よくある質問

最後にWiMAXの速度制限でよくある質問をまとめて紹介していきますね。

実際に利用する上で速度制限はストレスになることが多いので、速度制限に関する質問はよく確認しておくことをおすすめしますよ。

ハイスピードプラスエリアモードにも速度制限はある?

WIMAXには、WiMAXの通信と4G通信を合わせて利用することで、通常より広い範囲で通信を行なうことができるハイスピードプラスエリアモードというオプションがあることを先程解説しましたね。

そんな便利に利用できるハイスピードプラスエリアモードですが、1ヶ月に7GB以上すると速度制限がかかるため注意が必要ですよ。

また、ハイスピードプラスエリアモードで速度制限になった場合、WiMAXの通信も速度制限制限の対象となってしまうことから、ハイスピードプラスエリアモードを使う場合はデータ通信量に気をつけることが重要になりますね。

使用したデータ容量はどのように確認するの?

WiMAXは基本的に、3日で10GB以上のデータ通信量またはハイスピードプラスエリアモードを7GB利用した場合に速度制限がかかることから、これまでに使用したデータ容量を確認する方法を知りたい方もいるのではないでしょうか。

そこで、WiMAXで使用したデータ容量を確認できる方法を2つ紹介するので、データ通信量を確認したい方はどちらかの方法を行ってみてくださいね。

契約しているプロパイダのマイページ

使用したデータ容量を確認する1つ目の方法が、WiMAXを契約しているプロパイダのマイページから確認する方法です。

マイページは契約後に利用できるページで、インターネット上から契約内容の確認や変更などが行えるサービスなっていますよ。

基本的には契約すれば利用することができますが、プロパイダによってはマイページ利用の手続きが必要となる場合もあるので、マイページの利用方法が分からない方は、それぞれのプロパイダのサポートセンターなどを活用してみてください。

ルーター本体

WiMAXの通信で使用したデータ容量は、ルーター本体から確認することもできます。

ルーターで使用したデータ容量の確認する方法は、利用しているルーターごとに異なりますが、マイページから確認する方法より簡単なので、使用したデータ容量を素早く確認したい時はルーターから確認するのがおすすめです。

1ヶ月に100GBを利用すると速度制限が発生するのは本当?

WiMAXでは、3日で10GBを利用すると速度制限がかかることを解説しましたが、1ヶ月に100GB以上のデータ通信を利用すると速度制限になるという情報があるのも事実です。

結論から言うと、3日で100GB以上利用すると速度制限がかかるわけではありませんが、3日10GBを計算すると1ヶ月で100GB程度になるという形で表現されているわけですね。

ただし、速度制限は3日で10GB以上のデータ通信を使用した後の翌日18時頃〜翌々日2時頃までとなることから、実際には1ヶ月に100GB以上のデータ通信も可能ですよ。

まとめ

まとめ

WiMAXでは、3日で10GB以上のデータ通信を行なうと翌日18時頃〜翌々日2時頃まで速度制限がかかることをこの記事で解説しました。

実際に速度制限がかかるとストレスに感じてしまうことが多いかもしれませんが、契約者がWiMAXを快適に使うためのルールとしてあるので、安定してWiMAXを使うために速度制限をしていると言い換えることもできます。

しかし、3日で10GB以上のデータ通信を行わなければ速度制限がかかることは基本的にないので、データ容量に気をつけながらWiMAXを利用してくださいね。

WiMAXは速度制限はあるため、利用環境にあっているかの事前確認がポイントですよ!

WiMAX

Posted by えにみろん