Wi-Fiの繋ぎ方をわかりやすく解説!スマホとパソコン、光回線やルーターなど紹介

Wi-Fiの繋ぎ方をわかりやすく解説!スマホとパソコン、光回線やルーターなど紹介

iPhoneに機種変更したから自宅のWi-Fiにつなごうとしてみたけれど、うまくいかない。

iPhoneのWi-Fiをオンにしただけでは、インターネットはできないのだろうか?そう困っていませんか。

スマホ・パソコンをWi-Fiにつなぐには、光回線などのインターネット回線が必要ですし、無線LANルーターも必要です。

この2つがそろっていたら、あとはデバイスにSSIDとパスワードを入力することで、Wi-Fiを使えるようになります。

この記事では、Wi-Fi接続に必要なものを確認しつつ、Wi-Fiに接続する方法を詳しく解説していきます。

アパート・マンションでWi-Fiをつなぐ方法も合わせて解説していくので、この記事を読めば、自宅でスマホ・パソコンをWi-Fiに接続できない問題を解決できます。

自宅でスマホ・パソコンのWi-Fiへのつなぎ方:インターネット回線・無線LANルーターがある場合

自宅でスマホ・パソコンのWi-Fiへのつなぎ方:インターネット回線・無線LANルーターがある場合

自宅のスマホ・パソコンにWi-Fiを接続するには、SSIDとパスワードが必要になります。

ただスマホのWi-Fiをオンにしただけでは、インターネットは利用できません。自宅のルーターに対応したSSIDを選択し、パスワードを入力することでWi-Fiへの接続ができるようになります。

また、スマホ・パソコンでWi-Fiを使うには、インターネット回線が開通済みで、無線ルーターがあるのが前提です。

今まで他のデバイスでWi-Fiを使用していた、という人なら問題ありませんが、今まで有線LANでインターネットをしていたけど、これからはWi-Fiを使いたい。そういう人は、まずは無線LANルーターが必要になるので、準備しておきましょう。

新しい家に引っ越したばかりという人の場合、インターネット回線が開通し、モデム(ONU)が自宅にあるかから、確認が必要です。

ルーターがない場合、モデムがない場合にWi-Fiに接続する方法については、後ほど解説していきます。

Wi-Fiを使うのに必要なSSIDとパスワードの確認方法

スマホ・パソコンをWi-Fiに接続するのに必要になるSSIDとパスワード(暗号化キー・ネットワークセキュリティキー)は、ルーター本体の背面や側面、裏面。もしくはルーターの説明書に記載があります。

SSIDとパスワード

ルーターによってはSSID・パスワードが裏面などあって見つけにくいかもしれないので、本体の底までしっかり確認しましょう。

どうしてもSSIDとパスワードが見つからない場合は、ルーターのレンタル・購入先に連絡を取る必要があります。

SSIDとは?どのSSIDを使うべか?

SSIDとはアクセスポイント・ネットワークの名前になります。ルーターには1~3のように、複数のSSIDがあるケースが多いので、一つのルーターで複数のネットワークから選んでWi-Fiに接続することができます。

SSIDの違いは主に、ネットワークの周波数の違いです。5GHzのSSIDは高速ですが、遠くまで届きにくく、2.4GHzのSSIDは混雑しやすく低速ですが、遠くまで届くのが特徴です。

基本的に使用するのは、高速通信が可能な5GHzのSSIDがよい でしょう。何番のSSIDが何GHzでどのような役割かというのはルーターの説明書に記載があるはずなので、そちらで確認しておきましょう。

スマホ(android)でWi-Fiに接続する方法

スマホでWi-Fiに接続するには、設定をタップし、ネットワークとインターネットをタップします。

ネットワークとインターネットをタップ

ネットワークとインターネットを開いたら、Wi-Fiをオンにし、画像赤枠内のWi-Fiの欄をタップします。SSIDの一覧が表示されるので、その中からルーター対応のSSIDを探しましょう。

Wi-Fiをオンにし、画像赤枠内のWi-Fiの欄をタップ

自宅でのWi-Fi使用なら、基本的にアンテナが強くなるので一覧の上の方にルーター対応のSSIDが表示されているはずです。

SSIDはネットワークを追加から手入力

SSIDはネットワークを追加から手入力も可能です。しかし、SSIDの入力は面倒で打ち間違う可能性もあるので、SSIDは一覧から選んでタップしたほうが良いでしょう。

一覧にルーター対応のSSIDがない場合、スマホで電波が受信できていない可能性が高いので、ルーターの電源が入っているか・配線が正しいか確認が必要です。

また、スマホとルーターの距離が遠すぎて電波を受信できていない可能性もあるので、SSIDが見つからない場合は、スマホをルーターの近くでまで持っていってみましょう。

ルーターにスマホを近づけてSSIDが表示されるようなら、部屋まで電波が届いていなかったという証拠です。ルーターの設置位置を見直して、部屋まで電波が届くように調整しておきましょう。

接続したいSSIDを見つけたら、タップしてパスワードを入力します。

パスワードを入力

ここで入力するパスワードは、名称が暗号化キーとなっていたりネットワークセキュリティキーとなっていたりしてややこしいです。

名称は違っても、ルーター本体(もしくは説明書)に記載されているパスワードを入力するので、しっかりルーター、もしくは説明書を確認しておきましょう。

パスワードを入力し、接続をタップしたら、しばらく待ちましょう。

パスワードを入力後、表示が接続済みになり、スマホが面上部のアイコンがWi-Fiになっていれば接続が完了です。

スマホが面上部のアイコンがWi-Fiになっていれば接続が完了

iPhoneでWi-Fiに接続する方法

iPhoneでWi-Fiに接続するには、設定アプリを起動し、Wi-Fiをタップします。

Wi-Fiをオンに切り替え、表示されるSSIDの一覧から、自宅のルーターに記載されていたものをタップ。

パスワードを入力すれば、Wi-Fiに接続できます。

パソコン(Windows10)でWi-Fiに接続する方法

パソコン(Windows10)でWi-Fiに接続するには、スタートメニューをクリックし、歯車アイコンの設定をクリックします。

歯車アイコンの設定をクリック

設定が開いたら、ネットワークとインターネットをクリック。

ネットワークとインターネットをクリック

Wi-FiをクリックしてWi-Fiの画面に切り替え、利用できるネットワークの表示をクリックします。

利用できるネットワークの表示をクリック

パソコンが受信しているSSIDの一覧が表示されるので、ルーター対応のSSIDを選択、クリックします。

、ルーター対応のSSIDを選択

パスワード(ネットワークセキュリティキー)の入力が求められるので、入力。

ネットワークセキュリティキーを入力

パスワード(ネットワークセキュリティキー)を入力してしばらく待てば、パソコンがWi-Fiに接続されます。

もし、パスワードを入力してもインターネットに接続できない場合は、パスワードを再確認。パスワードが正しいのにインターネットに接続できない場合は、ルーターに記載されている他のSSIDを試してみましょう。

自宅でスマホ・パソコンをWi-Fiにつなげるには無線LANルーターが必要

自宅にインターネット環境があっても、無線LANルーターがなければWi-Fiは使えません。

今まで有線LANでインターネットを使っていたけれど、無線にしたいという場合。初めてスマホを自宅でWi-Fiで使いたいという場合なら、自宅に無線LANルーターがあるか、確認しておきましょう。インターネット回線があるだけでは、Wi-Fiは使えません。

インターネット回線を開通すると設置されるモデム(ONU)とルーターは基本別物なので、注意が必要です。(モデムとルーターの一体型もあり)

無線LANルーターは家電量販店・Amazonで購入可能ですが、わざわざ購入しなくても、プロバイダーによってはレンタルが可能です。無線LANルーターが必要ならレンタルできないか、プロバイダーに確認してみましょう。

無線LANルーターの利用には初期設定が必要

無線LANルーターがあっても、初期設定が完了していないとWi-Fiが使えません。

無線LANルーターを設置したら、説明書をよく確認して初期設定を完了させましょう。

ルーターによって設置・設定方法が異なりますが、たいていの場合は、モデム(ONU)のWANもしくはインターネットという部分にLANケーブルをさしてルーターとモデムを接続。

ルーターとパソコンをWi-Fiもしくは有線LANで接続し、パソコンの画面上でユーザーIDとパスワードを入力し、ルーターをセットアップ、という流れになります。

ルーターの初期設定を終えていないと、スマホ・パソコンでWi-Fiは使えないので、設置・初期設定はWi-Fiの使用前に済ませておきましょう。

インターネット回線がないならまずはインターネット回線業者との契約が必要

インターネット回線がまだないという場合は、インターネット回線業者との契約が必要になります。

引っ越したばかりでインターネット回線がない、というケースだと当然Wi-Fiは使えません。

現状だと、インターネット回線は通信料を気にせず高速で使える光回線がおすすめです。光回線は設置に工事が必要ですが、月々の利用料金は4,000円から6,000円程度とADSL・モバイル回線と同じぐらいになっています。

これからインターネット回線を引くなら、高速で使える光回線の業者を選んだほうが良いでしょう。

Wi-Fiに必要な光回線の選び方

一口に光回線といっても、NTTフレッツ光・ドコモ光・ソフトバンク光・auひかりなど選べる選択肢は豊富です。安さ・キャンペーン・スマホとのセット割、工事の費用・時間などを比較して、自分にあった光回線を選択する必要があります。

光回線は万人にお得と言える正解がありません。自身が使用しているスマホとのセット割などで、どの光回線がお得になるかが変わります。安易に表面上の料金だけで光回線を選ぶと、損になる可能性があるので、注意しましょう。

一応の目安としては、迷ったら使っているスマホキャリアとのセット割がある光回線を検討するのがよいでしょう。

工事が面倒・できない場合はモバイルルーター・ホームルーターが選択肢に

賃貸住宅で光回線の工事ができない。工事完了を待っていられないという場合なら、モバイルルーター・ホームルーターが選択肢に入ります。

ホームルーターはコンセントにつなぐだけでインターネットを利用できるので、工事不要で手軽に使えます。モバイルルーターは持ち運びもできるので、自宅以外でもWi-Fiを使いたいなら便利です。

ただし、モバイルルーター・ホームルーターはやや安定性・通信速度にかけるので、Wi-Fiの利用がネットゲームなど通信負荷の大きいものなら、工事をしてインターネット回線を自宅に引く方法を模索した方が良いでしょう。

アパート・マンションでWi-Fiを接続する方法

アパート・マンションは、建物によってWi-Fiにつなぐための方法が異なります。

  • Wi-Fiが完備されたアパート・マンションの場合
  • インターネット回線が設置済みのアパート・マンションの場合
  • インターネット回線がないアパート・マンションの場合

Wi-Fiが完備されたアパート・マンションでスマホ・パソコンをWi-Fiにつなげる方法

アパート・マンションによっては、Wi-Fiが完備されているケースがあります。その場合は、記事の最初で紹介した方法で、デバイスのWi-Fiをオンにしてから、SSIDとパスワードを入力すれば、Wi-Fiを使用可能です。

Wi-Fiが完備されたアパート・マンションのSSIDとパスワードは、管理会社から教えてもらいます。

インターネット回線が設置済みのアパート・マンションでスマホ・パソコンをWi-Fiに接続する方法

アパート・マンションによっては、Wi-Fi環境はないけれど、インターネット回線は設置済みというケースもあります。この場合は、無線LANルーターを用意すれば、Wi-Fiを使用できます。

ただし、アパート・マンションで無線LANルーターを使用すると、近くの部屋の人も無線LANルーターを利用していた場合にルーターが干渉し、2重ルーターという状態になってインターネットができなくなる可能性があります。

ルーターをAP(アクセスポイント)モードに切り替えれば対処できるのですが、ご近所トラブルを避けるためにも、アパート・マンションで無線LANルーターを使用する場合は、管理会社にネット利用に関する確認をとってから、無線LANルーターを設置しましょう。

インターネット回線がないアパート・マンションでスマホ・パソコンをWi-Fiにつなげる方法

アパート・マンションにインターネット回線がないケースでは、自分でインターネット回線を部屋に準備する必要があります。

また、インターネット回線がある場合でも、アパート・マンションだと一つの回線を大勢で使うため通信速度が遅くなる傾向にあります。そのため、ネットゲームの利用など通信速度を重視する場合は、自分の部屋に独自のインターネット回線を引くのを検討しなければいけません。

部屋にインターネット回線の工事が必要な場合は、管理会社に確認してから、インターネット回線を準備しましょう。

インターネット回線の工事が受け入れられるかは管理会社次第なので、工事不可の場合はモバイルルーター・ホームルーターの利用を検討する必要があります。

まとめ

まとめ

スマホ・パソコンをWi-Fiに接続するには、インターネット回線・無線LANルーターが必要です。

インターネット回線・無線LANルーターを準備したら、デバイスのWi-Fiをオンにし、SSIDを選択。パスワードを入力してWi-Fiに接続しましょう。

SSIDとパスワードはルーター本体か説明書に記載があるはずなので、事前に確認が必要です。

アパート・マンションの人は、建物によってWi-Fi完備、インターネット回線ありといった環境が違うので、インターネット環境がどうなっているか確認してから、必要なものをそろえていきましょう。

関連記事