プリンターのおすすめ10選【2020年版】|家庭用でコスパの良い機種を徹底比較

2020年10月4日

プリンターのおすすめ10選【2020年版】|家庭用でコスパの良い機種を徹底比較


プリンターはパソコンやスマホに入っている写真や文章などを印刷することができる便利な家電です。

家庭用にプリンターを買っておけば、印刷するときにいちいちコンビニなどに行く必要がなくなるので重宝するでしょう。

そこで今回は、プリンターの種類や選び方を解説しつつ、おすすめのプリンターをご紹介していきます。

目次

覚えておきたい2種類のプリンター

まずはじめに、プリンターは大きく2種類に分けられることを知っていますか?

プリンターには「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」があり、印刷方式が違います。

それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

インクジェットプリンター|家庭用におすすめ

インクジェットプリンターは、インクを用紙に直接吹きつけて印刷するプリンターです。

主な特徴としては色の再現度が高いため、キレイに印刷できることがあげられます。
ですから、インクジェットプリンターは写真などの色味が大切な印刷に向いているといえるでしょう。

ほかにも以下のような特徴があげられます。

  • 消費電力が少ない
  • 本体サイズが小さくて省スペース
  • 本体価格が安い

なお、インクジェットプリンターは印刷スピードが遅く、インクの交換頻度が多い(インクを蓄えられる量が少ない)ため大量印刷には向いてません。

そのため、インクジェットプリンターは家庭用として使われることが多いです。

レーザープリンター|オフィス用におすすめ

レーザープリンターの印刷の仕組みは、まず感光体といわれるプリンター内部の筒状のものに、レーザーで印刷するイメージを照射します。
そして、照射したイメージにトナー(着色剤)を付着させ、用紙に押しつけて転写する印刷方式になります。

レーザープリンターの最大の特徴は、印刷スピードの速さなので大量の資料を速く印刷することが可能です。
一方で、色の再現度に関してはインクジェットプリンターに劣るため、写真よりは文書の印刷に向いているといえるでしょう。

ほかには以下のような特徴があります。

  • 用紙に色がにじみにくい
  • 1枚あたりの印刷にかかる費用が安い
  • トナーの交換頻度が少ない

なお、レーザープリンターは本体サイズが大きく、高価なので家庭用というよりはオフィス用で使われることが多いです。

プリンター選びで見るべき5つのポイント

プリンターを買うときは、まずどういう目的でプリンターが必要なのかをしっかりと整理します。
そのうえで、以下5つのポイントを参考にプリンターを選んでみましょう。

  • 目的にあったタイプのプリンターを選ぶ
  • インクの種類は何をメインに印刷するかで決める
  • インクカートリッジでランニングコストが変わる
  • 使用可能用紙サイズをチェック
  • ワイヤレス(無線)接続対応だと配線なしで便利

それぞれ詳しく解説していきます。

目的にあったタイプのプリンターを選ぶ

プリンターは、主に以下3タイプに分けられます。

  • 単機能プリンター
  • 複合機(コピー機)
  • フォトプリンター

各タイプどのような機能なのかを解説するので、参考にして目的にあったプリンターを選びましょう。

印刷だけできればいいなら「単機能プリンター」

単機能プリンターは、基本的に印刷機能だけできるようになっています。

コピーやスキャンはできないですが、プリンターのサイズが小さくて省スペースで、本体価格も安価なものが多いので家庭用に向いているでしょう。

お使いのパソコンに入っている写真や文書の印刷だけできればいい人は単機能プリンターがおすすめです。

コピーやスキャン、FAXも使うなら「複合機」

複合機(コピー機)は、印刷に加えてコピーやスキャン、FAXなどの機能が使えるプリンターです。

単機能プリンターと比べて機能が充実していることもあり、プリンターのサイズが大きく、高価なものが多いのがデメリットといえるでしょう。

ただ、複合機を1台持っておけばスキャナーやFAXを別に買わなくていいメリットもあります。

印刷以外にもコピーやスキャン機能なども使いたい人には複合機がおすすめです。

スマホで撮った写真の印刷なら「フォトプリンター」

フォトプリンターは、スマホやデジカメの写真を印刷できるプリンターです。
サイズはコンパクトで持ち運びしやすくなっています。

パソコンを経由する必要はなく、スマホやデジカメから直接印刷できるので手軽に使うことができるでしょう。

スマホで撮った写真を印刷して楽しみたい人にはフォトプリンターがおすすめです。

インクの種類は何をメインに印刷するかで決める

プリンターで使われるインクは「染料インク」と「顔料インク」の2種類あります。

インクによって印刷の仕上がりが変わるので、プリンターを選ぶときに使えるインクはなんなのかをしっかりチェックしましょう。

写真の印刷がメインなら「染料プリンター」

染料インクは、色の発色がきれいなので写真などの見栄えが大事な印刷に向いています。
価格が顔料インクより安いのも特徴のひとつです。

写真や画像などをメインに印刷する人は染料インクのプリンターを選びましょう。

一方で、水ににじみやすく乾燥するまで時間がかかる/などのデメリットがあることから、文書の印刷がメインのビジネス用には不向きといえます。

文書の印刷がメインなら「顔料プリンター」

顔料インクは色がはっきりと出て、にじみが少ないので文書の印刷に向いています。
耐水性・耐久性にも優れているため、長期間の保存も可能です。

文書をメインに印刷する人は顔料インクのプリンターを選びましょう。

一方で、色の再現度が低いデメリットがあるので、写真などの色味が大事な印刷には不向きです。

写真・文書どちらも印刷するなら「ハイブリッドプリンター」

写真の印刷には染料インク、文書の印刷には顔料インクといったように使い分けられるハイブリッドプリンターもあります。

写真も文書もキレイに仕上げたい人はハイブリッドプリンターを選ぶといいでしょう。

インクカートリッジでランニングコストが変わる

インクカートリッジは「独立型」と「一体型」に分けられます。

独立型は、1つ1つのインクが独立しているので、インクがなくなった色だけ交換可能です。

対して一体型は、インクの色がまとまっているので、どれか1色が早くなくなってしまっても全部一緒に交換することになります。

以上のことからランニングコストを抑えるなら独立型がおすすめです。

なお、一体型は独立型より価格が安いメリットもあるので使い方にあわせて選ぶといいでしょう。

使用可能用紙サイズをチェック

プリンターには使える用紙のサイズが決まっています。

A4サイズの印刷だけであれば問題ないですが、A3のような大きめのサイズを印刷するならプリンターが対応しているのかチェックが必要です。

ただ、A3サイズに対応しているプリンターとなると本体サイズが大きくなってしまいます。

ワイヤレス(無線)接続対応だと配線なしで便利

Wi-FiやBluetoothなどを使ったワイヤレス(無線)接続に対応したプリンターであれば、配線する必要がなくなるので非常に便利です。

一方で、有線接続に比べてネットワーク環境に左右されたり、接続設定が面倒などのデメリットがあります。

ご家庭の環境にあわせて有線かワイヤレスかを選びましょう。

プリンターの人気メーカーをご紹介

プリンターはメーカーごとに特徴があるので、ここでは人気プリンターメーカー「エプソン」と「キャノン」をご紹介します。

【エプソン】低コストで大量印刷できるエコタンク

エプソン(EPSON)はエコタンクやカラリオプリンターが有名です。

エコタンクによってインク交換の頻度が減り、ランニングコストが抑えられることから人気がでています。

また、カラリオプリンターについては染料インクを6色使い、写真を色鮮やかに印刷することができます。

【キャノン】写真も文書もキレイに印刷できるハイブリッドインク

キャノン(Canon)はPIXUSのプリンターが有名です。

最新モデルでは6色のハイブリッドインクを採用していて、写真と文書両方をキレイに印刷できるのが強みでしょう。

キャノンのプリンターは写真も文書もバランスよく印刷したい人におすすめです。

プリンターのおすすめ5選|家庭用

ここまで解説してきたプリンターの選び方を踏まえて、家庭用におすすめなプリンターをご紹介していきます。

【キャノン】インクジェットプリンター PIXUS(ピクサス) TS3130S ブラック PIXUSTS3130SBK

PIXUSTS3130SBK

価格:4,800円 (税込)

Wi-Fi対応で4色ハイブリッドインクの低価格プリンター

5,000円以下で買える人気PIXUSシリーズのプリンターです。
低価格ながらもコピーやスキャン機能が搭載されているコスパの高いプリンターといえるでしょう。

また、Wi-Fiによるワイヤレス接続に対応しているため配線が必要ありません。

基本機能を抑えつつ、コンパクトサイズで家庭用にぴったりのプリンターです。

印刷方式インクジェット
プリンタータイプ複合機
インクの種類4色ハイブリッド
インクカートリッジ一体型
使用可能用紙サイズ〜A4
ワイヤレス接続Wi-Fi

【エプソン】A4対応 カラーインクジェット複合機 Colorio(カラリオ) EW-052A

EW-052A

価格:6,459円 (税込)

独立型インクカートリッジで経済的なプリンター

Wi-FI対応で置き場所に困らないコンパクトサイズのプリンターです。
スマホからプリンターにアクセスして手軽にプリントすることができます。

顔料ブラックインクが採用されているため、はっきりと見やすい文字で書類を印刷できるでしょう。
独立型インクカートリッジなのでなくなったインクは個別に交換できます。

経済的にインク交換をしたい人におすすめなプリンターです。

印刷方式インクジェット
プリンタータイプ複合機
インクの種類4色ハイブリッド
インクカートリッジ独立型
使用可能用紙サイズ〜A4
ワイヤレス接続Wi-Fi

【キャノン】インクジェットプリンター PIXUS(ピクサス) TS8230 ブラック PIXUSTS8230BK

PIXUSTS8230BK

価格:15,600円 (税込)

6色ハイブリッドインクで写真も文字もキレイな仕上がり

写真は色鮮やかに、文字はくっきりとシャープに印刷できる6色ハイブリッドインク採用のプリンターです。
「自動写真補正」機能が搭載されていて、どのようなシーンで撮られた写真なのかを自動で解析し、適切に補正してくれます。

また、紙の投入口は前後に2カ所あったり、自動両面プリント機能があったりなど使う人のことを考えた設計となっています。

便利で使いやすいプリンターを探している人におすすめです。

印刷方式インクジェット
プリンタータイプ複合機
インクの種類6色ハイブリッド
インクカートリッジ独立型
使用可能用紙サイズ〜A4
ワイヤレス接続Wi-Fi

【キャノン】レーザープリンター LBP621C

LBP621C

価格:19,869円 (税込)

シンプル操作で使いやすいレーザープリンター

20,000円以下で買える低価格なカラーレーザープリンターです。
印刷機能だけですが、その分サイズもコンパクトなので家庭用で使えるレーザープリンターになります。

大量印刷が可能でインクの代わりにトナーを使っているのでランニングコスト低め。

低予算でレーザープリンターを買いたい人におすすめです。

印刷方式レーザー
プリンタータイプ単機能プリンター
インクの種類トナー
インクカートリッジ一体型
使用可能用紙サイズ〜A4
ワイヤレス接続Wi-Fi

【エプソン】A4対応 カラーインクジェット複合機 エコタンク搭載モデル EP-M552T

EP-M552T

価格:29,601円 (税込)

印刷コストが安いエコタンク搭載モデル

4色染料インクで写真の印刷に特化したプリンターです。
エコタンク方式を採用してるので、1枚あたりの印刷コストが安いのが魅力でしょう。

スタイリッシュなデザインでサイズもコンパクトなので置く場所に困りません。

エコタンク方式で安いプリンターを探している人におすすめのモデルです。

印刷方式インクジェット
プリンタータイプ複合機
インクの種類4色染料
インクカートリッジ独立型
使用可能用紙サイズ〜A4
ワイヤレス接続Wi-Fi

プリンターのおすすめ3選|A3対応

続いては、A3用紙に対応したプリンターをご紹介します。

【キャノン】A3ノビ対応 インクジェットプリンター PIXUS(ピクサス) iP8730 PIXUSIP8730

PIXUS iP8730

価格:24,318円 (税込)

A3サイズに対応した6色ハイブリッドプリンター

大きめの写真や文書もキレイに仕上げるA3フォトプリントモデルです。
A3対応プリンターでありながら、コンパクトなデザインで家庭用としても十分使えます。

大容量インクタンクが搭載されていて、インクの交換頻度が少ないため印刷コストを削減することができます。

印刷のみのシンプルな機能で、A3サイズ対応のプリンターがほしい人におすすめです。

印刷方式インクジェット
プリンタータイプ単機能プリンター
インクの種類6色ハイブリッド
インクカートリッジ独立型
使用可能用紙サイズ〜A3ノビ
ワイヤレス接続Wi-Fi

【エプソン】A3対応 インクジェット複合機 Colorio(カラリオ) EP-10VA

EP-10VA

価格:45,324円 (税込)

大きめの写真を高画質な仕上がりに

6色染料インクで色鮮やかなカラー写真からなめらかなモノクロ写真まで実現できるプリンターです。

高画質な写真を実現させてるのが「マイクロピエゾヘッド」技術で、細かい描画やグラデーションの再現を可能にしています。
また、マイクロピエゾヘッド技術はインクの劣化を防ぐため、印刷した紙の耐久性を高めるでしょう。

A3サイズの写真を高画質に印刷したい人におすすめのプリンターです。

印刷方式インクジェット
プリンタータイプ複合機
インクの種類6色染料
インクカートリッジ独立型
使用可能用紙サイズ〜A3
ワイヤレス接続Wi-Fi

【エプソン】A3対応 カラーインクジェット複合機 Colorio(カラリオ) EP-982A3

EP-982A3

価格:29,259円 (税込)

コンパクトボディのA3対応プリンター

コンパクトなデザインで置く場所に困らないA3対応のプリンターです。
4.3型タッチパネルがついていて快適に操作することができます。

また、スマホアプリとも連動しているので、スマホから手軽に操作できるでしょう。

A4メインでたまにA3サイズも印刷する人におすすめのプリンターです。

印刷方式インクジェット
プリンタータイプ複合機
インクの種類6色染料
インクカートリッジ独立型
使用可能用紙サイズ〜A3
ワイヤレス接続Wi-Fi

プリンターのおすすめ2選|コンパクト(フォト)

最後に、スマホで使えるコンパクトプリンターをご紹介します。

【キャノン】コンパクトフォトプリンター SELPHY(セルフィー) CP1300 ホワイト CP1300-WH

CP1300-WH

価格:12,375円 (税込)

スマホで使えるお手軽コンパクトプリンター

Wi-Fiを使ってスマホやデジカメ、パソコンの写真を簡単に印刷できるコンパクトプリンターです。
iPhone、Android両方対応しています。

本体にアクセスポイントが内蔵されているのでネットワーク環境がないところでも使うことができます。
また、Wi-Fiに限らずメモリーカードやUSBケーブルを接続してプリントすることもできます。

スマホやデジカメで撮影した写真を手軽に印刷したい人におすすめのプリンターです。

印刷方式昇華型
プリンタータイプフォトプリンター
インクの種類専用カセット
インクカートリッジ
使用可能用紙サイズ専用紙
ワイヤレス接続Wi-Fi

【キャノン】スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC PV-123 ブルー PV-123-SB

PV-123-SB

価格:12,375円 (税込)

Bluetooth接続のスマホ専用プリンター

スマホ専用のBluetoothで接続できるプリンターです。
手のひらサイズの超コンパクトプリンターなので持ち運びがラクラク。

印刷はスマホアプリから行い、印刷する前には写真にメッセージやスタンプなどを入れて加工することができます。

また、印刷用紙はシール紙にも対応してるのでオリジナルのシールを作って楽しむこともできるでしょう。

スマホ用に持ち歩けるコンパクトなプリンターがほしい人におすすめです。

印刷方式Zero Ink
プリンタータイプフォトプリンター
インクの種類
インクカートリッジ
使用可能用紙サイズ5×7.6cm
ワイヤレス接続Bluetooth

まとめ

まとめ

今回は、プリンターの種類と選び方を解説しながら、おすすめのプリンターをご紹介しました。

プリンターは大きく分けて「単機能プリンター」、「複合機」、「フォトプリンター」があるので目的にあったものを選びましょう。

また、本記事ではプリンターを選ぶときに見るべきポイント5つを解説しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 目的にあったタイプのプリンターを選ぶ
  • インクの種類は何をメインに印刷するかで決める
  • インクカートリッジでランニングコストが変わる
  • 使用可能用紙サイズをチェック
  • ワイヤレス(無線)接続対応だと配線なしで便利