【2020年版】LINEモバイルの料金プランを徹底解説!新旧プランや電話料金など

2020年8月19日

【2020年版】LINEモバイルの料金プランを徹底解説!新旧プランや電話料金など

格安SIMの中で有名なサービスの1つがLINEモバイル。インターネットやテレビのCMで知っている人も多いのではないでしょうか。そんなLINEモバイルですが、月々の通信量を安くするために切り替えたいと思っている人も多いと思います。

この記事では、LINEモバイルの料金プランを解説していくので、LINEモバイルに切り替えたい人や料金プランが気になる人は、ぜひ確認してみてください。

LINEモバイルの料金プランについて解説します

LINEモバイルの料金プラン

最初にLINEモバイルの料金プランについて解説していきます。料金プランの選び方から契約できるそれぞれのプランを解説していくので、料金プランを詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

料金プランの選び方を解説

料金プランの選び方を解説

料金プランをそれぞれ解説していく前に、LINEモバイルでの料金プランの選び方を解説していきます。LINEモバイルに乗り換えたいと思っている人は、自分でプランを決めて申し込み手続きする必要があるので、確認してみてください。

①SIMタイプを決める

SIMとは

料金プランを決めるために最初に必要なのが、SIMタイプを決めることです。SIMタイプは音声通話SIMとデータSIM(SMS付き)の2つがあります。

音声通話SIMは音声通話をする方に必要なSIMです。音声通話SIMでは電話番号が発行され、通話することができますが、データSIMでは電話番号が発行されず、通話ができないので注意が必要です。

新規契約では携帯電話番号が新規で発行されますが、乗り換えの場合、使用している電話番号を引き続き利用することができるので、とても便利ですよ。

データSIM(SMS付き)はデータ通信専用のSIMとなっています。音声通話が必要ない方やタブレットなど通話をメインとしない端末でLINEモバイルを使用したいと考えている方にオススメのSIMタイプです。

データ通信以外にもSMS機能を使用できるので、WEBサービスなどで必要なSMS認証も行うことも可能になっています。最近ではアプリなどでSMS認証を使うことも多いので助かりますね。

②データ容量を決める

SIMタイプを決めた後は、月々に使用することができるデータ容量を決めます。LINEモバイルでは500MB、3GB、6GB、12GBの4つのデータ容量を選択することができます。データ容量が多いほど月々の料金も高くなるので、自分の使い方によってデータ容量を決めましょう。

③データフリーオプションを選ぶ

ここがポイント:データフリーオプション

契約するSIMタイプとデータ容量を選択した後は、データフリーオプションを選択します。
データフリーオプションは、対象となっているサービス利用時にデータ容量を消費しないオプションです。対象となっているサービスが違うLINEデータフリー、SNSデータフリー、SNS音楽データフリーの3つがあります。

LINEデータフリーはLINE利用時のデータ容量を消費しないオプションになります。こちらは月額の料金が必要ないので、通信料を安くしたい方やLINEでのコミュニケーションを中心にしている方にオススメのオプションです。

SNSデータフリーはLINE、Twitter、Facebook利用時のデータ容量を消費しないオプションになります。TwitterやFacebookをよく利用する方はSNSデータフリーに加入することでお得になります。

SNS音楽データフリーはLINE、Twitter、Facebook、 Instagram、LINE MUSIC、Spotify、AWAが利用できるデータフリーオプションです。音楽聴き放題のサービスを多く利用できるので、たくさん音楽を聞きたい方に人気のオプションとなっています。

料金プランを表にまとめて解説します

それでは、料金プランについて解説してきます。それぞれのプランを分かりやすくするために表を使って料金プランを解説していきますね。

音声通話SIM

音声通話SIM
データ容量料金
500MB1,100円
3GB1,480円
6GB2,200円
12GB3,200円

音声通話SIMは500MBが月々1,100円、3GBが月々1,480円、6GBが月々2,200円、12GBが月々3,200円となっています。少ないデータ容量から大容量のプランの中から選択できるので、自分に合ったプランを選択することができますね。

音声通話SIMの中で一番契約が多いのは、3GBのプランになるので、どのプランにするか迷っている方は参考にしてみてください。

データ専用SIM

データ専用SIM
データ容量料金
500MB600円
3GB980円
6GB1,700円
12GB2,700円

データSIMは500MBが月々600円、3GBが月々980円、6GBが月々1,700円、12GBが月々2,700円となっています。音声通話SIMと比較すると月々の料金が安くなっているのが特徴になります。

データSIMを契約する人は、タブレットや2台目のスマートフォンに利用する人も多いので、データ通信を行いたい端末がある方はデータSIMを契約してもいいかもしれませんね。

データフリーオプション

LINEモバイルのデータフリー(カウントフリー)プランを解説!ビデオ通話やミュージックはフリー?
オプション名料金対応サービス
LINEデータフリー0円LINE
SNSデータフリー280円LINE
Twitter
Facebook
SNS音楽データフリー480円LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
Spotify
AWA

先程も説明しましたが、LINEデータフリーは料金が必要ないので、あまりSNSを使わない方はLINEデータフリーを使用することでお得になります。

SNSデータフリー、SNS音楽データフリーの対象となっているサービスはデータ通信量を多く使うサービスもあるので、SNSをメインに使用する方はデータフリーオプションに加入することでお得に利用できますよ。

SNS音楽データフリーはLINE、Twitter、Facebookに加えてInstagram、LINE MUSIC、Spotify、AWAが利用できるデータフリーオプションです。SNS、音楽聴き放題サービスをよく利用する方にオススメのオプションになります。
2020年7月からSpotifyとAWAがSNS音楽データフリーオプションの対象サービスに追加されたので、これまで以上にお得に利用することができますよ。

新プランと旧プランについて

新プランと旧プランについてを比較

料金プランをインターネットなどで調べてみると、新プランと旧プランの2つがあり、ややこしく感じた方もいるかもしれませんね。ここでは、新プランと旧プランの特徴、違いについて解説するので、よく分からない方はチェックしてみてくださいね。

新プラン(ベーシックプラン)

新プランはLINEモバイルで現在契約できるプランのことを指します。また、新プランはベーシックプランと呼ばれることが多いので、間違えないようにしましょう。新プランは2020年の2月19日から開始されたプランになります。

旧プラン

旧プランは上記で説明したとおり、新プラン(ベーシックプラン)が開始される前に、契約できたプランになります。現在では契約できないので、あまり気にする必要はありません。
新プランが開始される前に旧プランを契約していた方は、引き続きプランを利用するか新プランに移行することができます。

新プランと旧プランの違い

新プランと旧プランを解説したところで、新プランと旧プランの違いを紹介していきます。新プランと旧プランの違いは、契約できるデータ容量とデータフリーオプションが選択できることになります。

旧プランで契約できるデータ容量は1GB、3GB、5GB、7GB、10GBの5つがありましたが、新プランでは500MB、3GB円、6GB、12GBとなっています。少ないデータ容量と大容量のプランが選択できるようになったことが1番の特徴になりますね。

旧プランには、データフリーオプションがプランにあらかじめ組み込まれていたことも新プランと旧プランの違いになります。そのため、現在のプランの方が分かりやすいかもしれませんね。

通話料金について解説

通話料金について解説

上記では、月々の料金プランを解説しましたが、通話料金について触れていませんでした。LINEモバイルで通話をした場合、月々の料金とは別に通話料金が必要になるので、通話料金について解説していきますね。

基本の通話料金

LINEモバイルの基本の通話料金は20円/30秒となっています。大手通信キャリアや他の格安SIMサービスでの同じ料金体系となっていることが多いです。

しかし、LINEモバイルが独自に発行している通話アプリ「いつでも電話」経由で通話することで、半額の料金である10円/30秒で通話を行うことができます。
「いつでも電話」は申込みも必要なく、簡単にインストールできるので、LINEモバイルで契約した際にはぜひアプリをインストールしてくださいね。

通話かけ放題のオプションもあります

基本の通話料金が20円/30秒、通話アプリ「いつでも電話」経由で通話すると10円/30秒になりますが、音声通話をよくする方はかけ放題のオプションに加入したいかもしれませんね。

LINEモバイルでは10分電話かけ放題オプションを提供しており、月額880円で10分以内の通話がかけ放題になるので、通話をよくする方はかけ放題オプションに加入することで、よりお得に利用できます。

注意点として、通話アプリ「いつでも電話」経由以外で通話をするとかけ放題対象外となること、10分を超過すると10円/30秒の料金が発生するので注意してくださいね。

よくある質問をまとめました

よくある質問

ここまでLINEモバイルの料金プランを解説しましたが、実際に契約してみると分からないことも多いと思います。そこで、LINEモバイルでよくある質問をまとめたので、ぜひ確認してみてくださいね。

契約している料金プランを確認したい

契約している料金プランの確認は、LINEモバイル契約後にログインすることができるマイページの「プラン・オプション」から確認することができます。契約者の情報もマイページの「契約情報」から確認することができます。

現在の利用データ量を確認したい

マイページの「データ通信量・履歴」から利用データ量を確認することができます。また、LINEモバイルとLINEアカウントを連携できる契約者連携を行うことで、LINEアプリから利用データ量を確認することもできます。
契約者連携をしていた場合は、LINEモバイル公式アカウントのメニュー内にある「データ残量」から利用データ量を確認することができます。

料金プランの変更をしたい

料金プランの変更はマイページの「プラン・オプション」から変更することができます。プラン変更の手続きは無料なので、安心ですね。
注意点として音声通話SIMからデータSIM、データSIMから音声通話SIMのSIMタイプ変更はできないので注意が必要です。SIMタイプを変更する場合は、一度解約してから再契約の形になるので、契約の際によく検討して申し込んでくださいね。

通話明細を確認したい

通話明細は月額100円で加入できる通話明細オプションに加入することで、マイページから通話・SMSごとの明細を確認することができます。通話明細オプションは利用日付、利用時刻、通話先電話番号、通話時間、通話種別、通話料金を確認することができます。

毎月の請求内容を確認したい

マイページの「料金明細」から基本料や通話料を項目ごとに確認することができます。料金明細は、明細を確認した月から12ヶ月分を確認することができるので、少し前の明細を確認したいときにも便利ですね。

まとめ

まとめ

LINEモバイルは低価格な料金プランに加えて、データフリーオプションなどの魅力的なオプションがあるので人気となっている格安SIMです。

コミュニケーションアプリとしてよく利用されているLINEをはじめとして、SNSをよく利用する方はお得に利用できるので、この記事を参考にしてLINEモバイルを検討してみてくださいね。

LINEモバイルはWEBから申し込みできるので、ぜひ検討してみてください!

関連記事