【2021年版】 IIJmioへ機種変更する方法を解説|eSIM対応やキャンペーンも紹介

IIJmioへ機種変更する方法を解説

2021年に入り、大手キャリアや格安SIMサービスなどが新料金プランを開始したので、この機会に他社通信サービスに乗り換えたいと考えている方がいるかもしれませんね。そんな新料金プランを開始した中には、格安SIMサービスとして人気のIIJmioがあります。

IIJmioは、これまで契約できたプランも魅力的でしたが、新料金プランでは月額料金だけでなくeSIM専用プランなども利用できるようになり、より便利なサービスにリニューアルされていますよ。ですが、IIJmioを使うにあたって機種変更の方法が分からないという方が多いのも事実。

そこで、この記事ではIIJmioでの機種変更の方法を解説していくので、気になる方は確認してみてくださいね。

IIJmioの機種変更はできる?

IIJみお

早速ですが、IIJmioの機種変更について解説していきますね。機種変更で必要な端末の準備方法や機種変更を行なう場所などについても解説していくので、IIJmioでの機種変更について知りたい方はチェックしてみてください。

IIJmioの機種変更は簡単にできます!

機種変更

これまでにIIJmioで機種変更を行ったことがない方は、IIJmioの機種変更が難しいのか気になる方がいるかもしれません。しかし、IIJmioの機種変更は簡単に行なうことができるので安心してください。

詳しい機種変更の方法は、後ほど詳しく解説していくので、ここではIIJmioの機種変更は難しくないことだけ覚えておいてくださいね。

IIJmioの機種変更で必要なスマホ端末はどのように準備する?

端末の購入

IIJmioで機種変更する場合に必要なのがスマホ端末ですが、端末の準備は大きく分けて、2つの方法で行なうことができるので、それぞれの方法を分けて紹介していきますね。

IIJmioで購入する

IIJみお

端末を準備する方法の1つが、IIJmioで端末を購入する方法です。IIJmioで端末を購入するメリットは、端末の準備が簡単なことやIIJmioのサービスに対応している端末を選べるメリットがありますよ。

また、申し込みのタイミングが合えば、お得に端末を購入できるキャンペーンが適用できることもあるので、端末を購入したいと考えている方は、IIJmioの公式サイトから取り扱いのあるラインナップとキャンペーン内容を確認してみてくださいね。

IIJmioは基本料金が安いことも特徴のひとつです!公式サイトで確認してみてくださいね。

IIJmio(みおふぉん)

家電量販店などで端末を購入する

家電量販店

もう1つの方法が、自分で端末を用意する方法です。自分で端末を準備する場合は、家電量販店などスマホ端末の取り扱いがあるお店やインターネットオークションなどで端末を購入することになりますよ。

自分で端末を購入する場合は、自分の使いたい端末を選べることや、場合によってはIIJmioより端末を安く購入できるメリットがありますね。

IIjJmioの機種変更はどこで行なうの?

ここがポイント

これまでに大手キャリアを利用してきた方などは、手続き方法などが異なるため、IIJmioで機種変更を行なう際にどこで手続きを進めていくのか分からない方がいるかもしれませんね。

結論から言うと、端末の購入やSIMカードのサイズ変更時以外の手続きは基本的に必要ありません。そのため、端末とSIMカードがあれば機種変更は自宅で完結できるということになりますね。

IIJmioの機種変更方法をステップごとに解説します!

それでは、実際にIIJmioで機種変更する際の方法を解説していきますね。端末の準備する方法ごとに分けて解説していくので、自分が端末を準備する方法から機種変更の方法を確認してみてくださいね。

IIJmioで端末を購入する場合

端末を購入する場合

まず、IIJmioで端末を購入する場合での機種変更の方法をステップごとに解説していきますね。

1.データをバックアップする

ステップ1:

まず、機種変更をする際にこれまで使っていた端末のデータが必要な場合は、バックアップを行います。バックアップの方法は、様々な方法がありますが、Androidの方はGoogleのサービスを利用した方法、iPhoneの方はiCloudやiTunesを使ったバックアップが主流となっていますよ。

利用環境などによってバックアップ方法は異なるので、分からない方は利用している端末の説明書や公式サイトの確認、IIJmioのサポートセンターを活用してみてくださいね。

2.IIJmioで端末を申し込む

ステップ2:

次にIIJmioから購入したい端末を申し込みます。申し込み方法は、マイページにログインした後に欲しい端末を選択して申し込むだけなので、簡単に手続きができますよ。

3.端末を受け取る

ステップ3:

申し込み後が完了すると、端末が登録してある住所に届くので受け取りましょう。

端末が自宅に届くまでは、おおよそ3日〜4日かかりますが、申し込みが増える4月などは3日〜4日以上かかる場合もあるので、端末をIIJmioで購入する方は気をつけてくださいね。

4.届いた端末にSIMカードを入れ替える

ステップ4:

端末が自宅に届いたら、現在使っている端末から新しい端末にSIMカードを入れ替えます。

この際に静電気や水分がICチップに触れてしまうと、故障の原因となるので、SIMカードを入れ替える際は注意する必要がありますよ。

5.インターネット接続設定をする

ステップ5:

SIMカードの入れ替えが終わった後は、インターネットの接続設定を行います。インターネットの接続設定は、APN設定とも呼ばれ少し複雑な設定が必要なので、IIJimioの公式サイトまたはこちらから手続きの方法を確認することをおすすめしますよ。

ただし、IIJmioで購入したAndroid端末は既にAPN設定が完了しているので、SIMカードを差し込むだけで利用できるのは嬉しいポイントかもしれませんね。

6.新しい端末にデータを移行する

ステップ6:

最後にデータを移行した方は、バックアップしたデータを新しい端末に移行します。データの移行方法は、最初にバックアップした方法と同じ形なので、同じようにデータ移行すると覚えておきましょう。

自分で端末を用意する場合

自分で購入する

次に家電量販店やインターネットオークションなどを利用して、自分で端末を準備した場合の機種変更方法を解説していきます。

1.端末を準備する

ステップ1:

自分で端末を準備する方は、まず端末を準備しましょう。

最近ではインターネットオークションなどを利用して、簡単にスマホを購入できるようになりましたが、購入後にインターネットに繋がらない赤ロムを購入するなどのトラブルも増えているので、購入する際には気をつけてくださいね。

2.データをバックアップする

ステップ2:

次にIIJmioで端末を購入する際にも必要なデータのバックアップを行います。

上記と同じくバックアップの方法は、Androidの方はGoogleのサービスを利用した方法、iPhoneの方はiCloudやiTunesを使ったバックアップが主流となっています。

ですが、これまで利用してきた端末に保存してあるデータが新しい端末で必要ない場合は、本体の初期化してデータを削除しても問題ありませんよ。

3.準備した端末にSIMカードを入れ替える

ステップ3:

自分で端末を準備した場合は、これまで利用してきた端末から購入した端末にSIMカードを入れ替えます。この際にSIMカードのサイズが違う場合は、入れ替えができず、サイズ変更の手続きをする必要があるので注意してくださいね。

4.インターネット接続設定をする

ステップ4:

IIJmioと異なり、自分で端末を用意した場合は、Android端末でもインターネット接続設定をする必要があるので注意してください。設定方法については、同じくIIJimioの公式サイトまたはこちらから詳しい方法を確認できるので、チェックしてみてくださいね。

5.新しい端末にデータを移行する

ステップ5:

同じくデータ最後にバックアップしたデータを新しい端末に移行します。データの移行方法は、最初にバックアップした方法と同じ形なので、iPhoneの方はiCloudやiTunesを使ったバックアップ、Androidの方はGoogleのサービスを利用した方法で行ってみてください。

IIJmioの端末セットで申し込める端末は何?

IIJmioの端末セット

最初に解説しましたが、IIJmioの機種変更ではIIJmioで端末を購入する方法と自分で端末を準備する方法のどちらかでスマホ端末を用意します。

そこで気になるのが、IIJmioで購入できる端末はどのような種類があるのかということだと思うので、IIJmioで取り扱いのある端末について紹介していきますね。

IIJmio申し込める端末はたくさんあります!

スマホの種類

実は、IIJmioで取り扱いのある端末は格安SIMサービスの中でも多いので、自分が使いたいと思う端末を選べるメリットがありますよ。

2021年4月時点では、スマホ端末が24種類、タブレットが2種類、ノートPCが9種類、ワイヤレスイヤホンやモバイル電子機器14種類がIIJmioで購入することができ、スマホ端末以外も豊富なラインナップとなっているので、スマホ以外にも気になる端末があればチェックしてみてくださいね。

IIJmioでおすすめの端末を7機種ピックアップして紹介!

IIJmioでおすすめの端末

上記ではIIJmioで取り扱いのある端末は豊富であることを紹介しましたが、多くの種類がある中でどれを選べばいいのか分からないと感じる方がいるかもしれません。

そこで、IIJmioで購入できるスマホ端末を7つピックアップして紹介していくので、IIJmioでスマホ端末の購入を検討している方はチェックしてくださいね。

iPhone SE

iPhoneSE

IIJmioで購入できるiPhoneの1つがiPhone SEです。

iPhone SEは最近販売されたiPhoneシリーズの中でもディスプレイが小さいので、スマホの操作を片手で行いたい方や女性の方からも人気がありますよ。

また、小さいながらも高性能なCPUを搭載していることやバッテリー性能なども優れており、端末価格も安いので、コスパの良い端末になっています。

\iPhoneSEはこちら/

端末名iPhone SE
一括端末料金(税込)43,780円
24回分割端末料金(税込)1,837円
OSIOS 14
CPUApple A13 Bionic
内部メモリ(RAM)3GB
ストレージ容量(ROM)64GB
メインカメラ約1,200万画素
インカメラ約700万画素
ディスプレイ約4.7インチ
バッテリー1,821mAh
大きさ縦:138mm
横:67mm
厚さ:7.3mm
重さ約148g
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
防水機能

Xperia 10 II

国産スマホとして人気の端末がXperia 10 IIです。端末の特徴として6.0インチの縦長ディスプレイを採用しており、映像を楽しむことやアプリの操作も簡単に行なうことができますよ。

また、ソニー独自の高音質で映像や音楽を楽しむことができるので、ライブのような臨場感を気軽に楽しむことができる端末ですよ。

\Xperia 10 IIはこちら/

端末名Xperia 10 II
一括端末料金(税込)21,780円
24回分割端末料金(税込)935円
OSandroid 10
CPUQualcomm® Snapdragon 665 オクタコアCPU
(2GHz+1.8GHz)
内部メモリ(RAM)4GB
ストレージ容量(ROM)64GB
メインカメラ約1,200万画素
インカメラ約800万画素
ディスプレイ約6.0インチ
バッテリー3,600mAh
大きさ縦:157mm
横:69mm
厚さ:8.2mm
重さ約151g
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
防水機能

OPPO A73

大画面の有機ディスプレイと高性能カメラが魅力の端末がOPPO A73。有機ディスプレイは6.4インチの大画面なので、動画視聴やゲームなども迫力満点で楽しむことができますよ。

また、本体に搭載しているカメラは、4つのカメラをシーン別に自動的に切り替えるので、シチュエーションを問わずキレイな写真を取ることも可能。

本体のデザインも高級感のあるレザー調なので、デザインを重視する方からも人気のある端末です。

\OPPO A73はこちら/

端末名OPPO A73
一括端末料金(税込)22,880円
24回分割端末料金(税込)957円
OSColorOS 7.2
(based on Android™ 10)
CPUQualcomm® Snapdragon 662 オクタコアCPU
(4×2.0GHz+4×1.8GHz)
内部メモリ(RAM)4GB
ストレージ容量(ROM)64GB
メインカメラ約1,600万画素
インカメラ約1,600万画素
ディスプレイ約6.4インチ
バッテリー4,000mAh
大きさ縦:160mm
横:73mm
厚さ:7.5mm
重さ約162g
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
防水機能×

Zen Fone7 Pro

Zen Fone7 Pro

Zen Fone7 Proは、これまでと違ったスマホを使いたい方におすすめの端末。

まず、注目したいのが撮影に応じて使いわけることができるフリップカメラです。フリップカメラは通常のカメラと異なり、高画質のカメラをワンクリックで反転してインカメラに変えることができるので、通常では取りにくい写真も撮影可能ですよ。

また、5G通信に対応していることや最長18日間の待受が可能な大容量バッテリーなどハイスペックな機能が多数搭載されているので、高機能なスマホを使い方は検討してみてくださいね。

\Zen Fone7 Proはこちら/

端末名Zen Fone7 Pro
一括端末料金(税込)83,600円
24回分割端末料金(税込)3,485円
OSColorOS 7.2
(based on Android™ 10)
CPUQualcomm® Snapdragon 865 Plus (オクタコアCPU)
内部メモリ(RAM)8GB
ストレージ容量(ROM)256GB
メインカメラ約6,400万画素
インカメラ約6,400万画素
ディスプレイ約6.7インチ
バッテリー5,000mAh
大きさ縦:165mm
横:77mm
厚さ:9.6mm
重さ約230g
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
防水機能×

moto g9 play

リーズナブルな価格で便利な機能が利用できるスマホを探している方におすすめの端末がmoto g9 playです。

注目したいポイントはカメラで4800万画素のメインカメラを含めた4つのカメラで最適の写真を撮影することが可能ですよ。

もちろん、カメラ以外にも1回の充電で2日以上駆動するバッテリーや6.5インチのディスプレイなども搭載しているので、どのようなシチュエーションでも利用することができるスマホ端末です。

\Zen Fone7 Proはこちら/

端末名moto g9 play
一括端末料金(税込)23,980円
24回分割端末料金(税込)1,001円
OSAndroid 10
CPUQualcomm® Snapdragon 662 オクタコアプロセッサ
内部メモリ(RAM)4GB
ストレージ容量(ROM)64GB
メインカメラ約4,800万画素
インカメラ約800万画素
ディスプレイ約6.5インチ
バッテリー5,000mAh
大きさ縦:165mm
横:75mm
厚さ:9.2mm
重さ約200g
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
防水機能防滴加工

P40 lite 5G

P40 lite 5G

HUAWEIが開発・販売を行っている大画面ディスプレイを搭載したスマホがP40 lite 5Gです。ディスプレイは6.5インチでほぼベゼルレスになっているため、本体全面の約90%で映像などを楽しむことができますよ。

また、本体に搭載している4つの高性能カメラや5G通信に対応していながらもリーズナブルな価格となっているため、コスパを重視して端末を購入したい方におすすめとなっています。

\P40 lite 5Gはこちら/

端末名P40 lite 5G
一括端末料金(税込)41,580円
24回分割端末料金(税込)1,738円
OSAndroid 10
CPUHUAWEI Kirin820 オクタコア
(1×2.36GHz+3×2.22GHz+4×1.84GHz)
内部メモリ(RAM)6GB
ストレージ容量(ROM)128GB
メインカメラ約6,400万画素
インカメラ約1,600万画素
ディスプレイ約6.5インチ
バッテリー4,000mAh
大きさ縦:162mm
横:75mm
厚さ:8.6mm
重さ約189g
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
防水機能×

arrows M05

arrows M05

スマホの操作を簡単に行いたい方から人気の端末がarrows M05です。

本体には使いやすいように文字を大きくするできる機能やアプリのアイコンなどを見やすく表示できる機能が搭載されているので、これからスマホを使い始める方や高齢者の方が購入を検討していることが多いですよ。

また、機能だけでなく持ちやすいサイズ感など使い勝手にこだわりがあるので、使いやすいスマホを探している方はチェックしてみてくださいね。

\arrows M05はこちら/

端末名arrows M05
一括端末料金(税込)32,780円
24回分割端末料金(税込)1,375円
OSAndroid 9
CPUQualcomm® Snapdragon450 オクタコア
(1.8GHz)
内部メモリ(RAM)3GB
ストレージ容量(ROM)32GB
メインカメラ約1,310万画素
インカメラ約800万画素
ディスプレイ約5.8インチ
バッテリー2,880mAh
大きさ縦:149mm
横:72mm
厚さ:8.8mm
重さ約166g
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
防水機能

IIJmioで購入できるeSIMに対応している機種はこちら!

eSIM

2021年4月からIIJmioで開始された新プランでは、従来のSIMカードではなく本体に内蔵されたSIMカードの設定を変更することで、インターネット通信が可能なeSIM専用のプランを契約することができます。

そんなeSIMを使うためには、eSIMに対応したスマホ端末が必要になるので、IIJmioで購入できるeSIM対応のスマホ端末も紹介していきますね。

iPhone SE

iPhoneSE

IIJmioで購入できるiPhoneの中では、iPhone SEがeSIMに対応しています。

また、ナノSIMとeSIMを同時に利用できるデュアルSIMとなっているため、他社通信会社のSIMとIIJmioのeSIMを同時に使うこともiPhone SEでは可能ですよ。

OPPO A73

OPPO A73もIIJmioで購入できるスマホの中でeSIMに対応していますよ。

iPhone SEより端末価格が安いので、eSIMに対応しているリーズナブルなスマホ端末を購入したい場合はOPPO A73がおすすめですね。

IIJmioの料金プランを解説

料金プラン

上記ではIIJmioで端末セットとして購入できる機種を紹介しましたが、IIJmioは基本料金もお得です。

2021年4月より新料金プランが開始され、元々安かったサービスが更に値下げがされているのでチェックしてみてください。

データ容量も2~20GBと幅広いプランが用意されているので、ご自身の利用環境に合わせたプランがおすすめですよ。

データ通信専用とはネット利用のみ、SMS機能付きとは通話はできないけど、LINEなどは利用できるプランですよ!

データ容量音声通話
SIM(税込)
SMS機能付き
SIM(税込)
データ通信専用
SIM(税込)
eSIM(税込)
2GB858円825円748円440円
4GB1,078円1,045968円660円
8GB1,518円1,485円1,408円1,100円
15GB1,848円1,815円1,738円1,430円
20GB2,068円2,035円1,958円1,650円

IIJmioの機種変更で注意したい3つのポイント

注意ポイント:

ここまで機種変更について解説していきましたが、機種変更の際に気をつけたいポイントもいくつかあるので、機種変更をする前に確認してみてくださいね。

機種変更する端末によってはSIMカードのサイズ変更が必要

SIMサイズ

先程も解説しましたが、これまでの端末から新しい端末に機種変更する際に気をつけたいポイントの1つが、SIMカードのサイズです。

SIMカードの種類は大きく分けて、標準のSIMカードとmicroSIM、nanoSIMの3種類があり、新しい端末がこれまで使っていたSIMカードのサイズと異なる場合は、サイズ変更の手続きが必要ですよ。

サイズ変更の申し込みは、契約後にログインできるマイページから行なうことができるので、サイズ変更が必要な方は確認してみてくださいね。

機種変更時に端末保証に加入することはできない

サポート

IIJmioでは機種変更をする際に端末を購入することができますが、その際には端末保証に加入できないので注意しましょう。

IIJmioの端末保証である「つながる端末保証」は、SIMカード契約時のみ加入できるので、機種変更の際には端末保証に加入できないと覚えておいてくださいね。

自分で端末を購入する場合はIIJmioのサービスに対応している必要がある

端末の購入

IIJmioで端末を購入せず、自分で端末を準備する場合はIIJmioのサービスに対応しているかを確認しておきましょう。

もし、自分で準備した端末がIIJmioのサービスに対応していない場合は、利用できない場合があるので、端末を準備する前にIIJmioに対応しているかを確認しておくといいですね

。IIJmioに対応している端末は、公式サイトまたはこちらから端末名やメーカーを入力して調べることができるので、自分で端末を準備する方は確認してみてくださいね。

IIJmioの機種変更でよくある質問をまとめました!

よくある質問

最後に、IIJmioで機種変更を行なう際によくある質問をまとめました。実際に機種変更をした方がよく分からないと感じるポイントを紹介していくので、これから機種変更の申し込みをする方は手続きを行なう前に参考にしてみてくださいね。

機種変更時に利用できるキャンペーンはある?

キャンペーン

機種変更時によくある質問の1つが、機種変更の際に利用できるキャンペーンがあるのかという質問です。結論から言うと、2021年4月1日からから5月31日までは、ギガプラン開始を記念したスマホ端末の特価キャンペーンが行われていますよ。

スマホ端末の特価キャンペーンは、他社通信サービスからギガプランに乗り換えることで適用されるキャンペーンで、スマホ端末の割引と初期費用が1円になるキャンペーンとなっています。中には、スマホ本体と初期費用を合わせて110円(税込)で申し込める場合もあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

機種変更後にインターネットが繋がらないときはどうすればいい?

インターネットが利用できない時

機種変更した後によくあるトラブルの1つがインターネットに繋がらないということです。機種変更前に問題なくインターネットに繋がっていた場合は、インターネットに繋がらない原因は主に2つになるため、機種変更後にインターネットに繋がらない場合は確認してみてくださいね。

SIMカードを再挿入する

インターネット接続をするにはSIMカードが必要なので、スマホ本体とSIMカードの接触不良などが原因の場合は、本体に挿入しているSIMカードを再挿入することでインターネットに繋がる場合もあります。

SIMカードを再挿入する場合は、スマホ本体の電源をオフにした後、SIMカードを抜き、柔らかい布などで拭いた後に本体にSIMカードを再挿入しましょう。もし、SIMカードを再挿入しても繋がらない場合は、下記のAPN設定をやり直す方法も試してみてください。

APN設定をやり直す

先程も解説した通り、機種変更後は端末のインターネットに繋ぐための設定であるAPN設定を行なう必要があります。もし、APN設定をする際にユーザー名やパスワードなどが間違っていた場合はインターネットに接続できないので、SIMカードを再挿入した後でもインターネットが繋がらない場合は、APN設定をもう1度やり直してみてくださいね。

まとめ

まとめ

IIJmioは機種変更を簡単に行なうことができるので、初めて格安SIMを利用する方にもおすすめのサービスです。

ですが、機種変更の際に気をつけたいポイントや契約できる端末が多すぎて分からないと感じる方が多いので、IIJmioで機種変更の手続きを考えている方は申し込みをする前に確認してみてくださいね。