【2022年版】トーンモバイルとは?評判からデメリット・メリットを解説

2022年1月22日

【2022年版】トーンモバイルとは?

大手キャリアと比較して月額料金が安くなることから乗り換えが増えている格安SIM。

そんな格安SIMの中には、子供にスマホをもたせる場合でも便利に利用できる見守り機能が付いていることや動画視聴以外でのインターネットが無制限で利用できることが特徴のトーンモバイルがありますよ。

しかし、これまでと違ったサービスを提供しているトーンモバイルのサービス内容について、よく分からないと感じる方が多いことも事実です。

そこでこの記事では、トーンモバイルの口コミから分かるメリット・デメリットや特徴などを具体的に解説していくので、これから格安SIMの新規契約や乗り換えを検討している方は参考にしてみてください。

目次

トーンモバイルとは?どこで契約できる?

トーンモバイル

それでは、最近注目されているトーンモバイルについて解説していきます。

初めて契約する方にも分かりやすいように、他社格安SIMと比較したトーンモバイルの特徴や契約できる場所についても解説していくので、トーンモバイルが気になる方はチェックしてみてくださいね。

トーンモバイルはどんなサービス?

トーンモバイルは、インターネット回線などを提供している株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営する格安SIMサービスです。

格安SIMに分類されることから月額料金が安いことに加えて、子供のスマホ利用を確認できる「見守り機能」が付いていることなどの特徴がありますよ。

また、トーンモバイルではドコモ回線を利用できるため、安定した通信を重視する場合でも使いやすいサービスと言えるでしょう。

他社格安SIMと比較したトーンモバイルの特徴は?

特徴を解説

最近では様々な種類の格安SIMが提供されていることから、トーンモバイル以外の格安SIMを検討している方も少なくないかもしれませんね。

そこで、他社格安SIMと比較したトーンモバイルの特徴を3つピックアップするので、どの格安SIMを契約するか迷っている方は参考にしてみてください。

動画視聴以外ではインターネットが使い放題

インターネット利用

他の格安SIMと比較したトーンモバイルを利用する特徴の1つが、動画視聴以外でのインターネット通信が使い放題であることです。

そのため、スマホで利用する機会の多いWEB検索やインターネット通話などもデータ容量に関係なく利用できることがトーンモバイルの大きな特徴となっていますよ。

プランがシンプルで分かりやすい

シンプルプラン

トーンモバイルで契約できるプランは、データ容量を無制限で利用できるプランが1種類のみとなっていることから、シンプルなプランを提供している格安SIMを契約したいと考えている場合にもおすすめのサービスです。

他の格安SIMでは、データ容量に応じた様々なプランが提供されているので、どのプランを利用すればいいのか分からない場合もトーンモバイルを選ぶメリットがあると言えるでしょう。

見守り機能「TONEファミリー」が標準で搭載されている

トーンモバイルは子供にもスマホを使えるように、GPSを利用した居場所確認やアプリの利用制限を行えるなどの機能がまとまった「TONEファミリー」が無料で利用できる特徴があります。

そのため、初めて子供にスマホをもたせる場合でも安心して利用することができるでしょう。

また、「TONEファミリー」を利用できるトーンモバイルは、東京都を含む9都県の自治体から推奨されている通信サービスなので、子供でも安心して利用できる通信サービスを探している方も魅力に感じるのではないでしょうか。

トーンモバイルはどこで契約できる?

申し込み方法

これからトーンモバイルを契約したいと考えている方の中には、大手キャリアのように実店舗が展開されてないトーンモバイルがどこで契約できるのか疑問に感じる方もいるのではないでしょうか?

そこで、トーンモバイルを契約できる3つの方法をそれぞれ紹介していくので、トーンモバイルの契約場所を確認したい場合はチェックしてみてくださいね。

公式WEBサイト

ネットで申し込む

他の格安SIMと同じようにトーンモバイルは、公式WEBサイトから申し込むことで契約することが可能です。

公式WEBサイトからの申し込みは、時間や場所に関係なく申し込めるため、すぐに新規契約・乗り換えの手続きを行いたい方はトーンモバイルの公式WEBサイトからの申し込みがおすすめですよ。

\公式サイトはコチラ/

ドコモショップ

ドコモ

2021年12月よりトーンモバイルはエコノミーMVNOとして、全国にあるドコモショップでも契約できるようになりました。

ドコモのエコノミーMVNOは、ドコモと提携する格安SIMサービスをドコモショップで契約できるサービスのため、大手キャリアと同じ方法で契約することができますよ。

もちろん、ドコモで提供しているプランより利用料金は安いので、月額料金を重視する場合もトーンモバイルを検討してみてくださいね。

カメラのキタムラ

トーンモバイルは、全国にあるカメラキタムラでも取り扱いがあるため、店舗で契約手続きをしたい場合でも安心できますよ。

ただし、iPhone端末とSIMカードのセットなど一部の契約はカメラのキタムラで行えないことやトーンモバイルを取り扱っていない店舗があることは注意したいポイントの1つでしょう。

トーンモバイルの口コミ・評判を紹介!

口コミ・評判は

上記ではトーンモバイルについて解説しましたが、申し込みをする前には既にトーンモバイルを利用している方の口コミ・評判を確認することがおすすめです。

実際に利用している方の口コミ・評判では、実際に利用している方の良い意見とイマイチな意見を同時に確認できるため、初めて格安SIMを契約する方も自分に合っているか簡単に確認することができるはずですよ。

そこで、インターネット上にあるトーンモバイルの口コミ・評判を紹介するので、申し込み前にトーンモバイルが自分に合っているサービスか確認してみてくださいね。

口コミ1

https://twitter.com/nakanopapa07/status/1473166303477530625

この口コミでは、子供へのクリスマスプレゼントとしてスマホを選んだことを紹介しています。

トーンモバイルのスマホを選んだ理由は、GPSが利用できることや細かいアプリ制限ができることだと紹介しているので、子供にスマホを持たせる場合はトーンモバイルを利用するメリットが大きいと言えますね。

また、子どもの成長に合わせて、操作できる範囲の制限を緩めることもできるため、長期的に利用する格安SIMとして利用することもおすすめですよ。

口コミ2

この口コミを投稿した方は、月額1,100円(税込)で動画視聴以外のインターネットを無制限で利用できるトーンモバイルに魅力を感じていることが分かりますね。

また、動画を視聴しない場合はトーンモバイルをサブ回線として利用できるため、様々な使い方ができる格安SIMですよ。

もちろん、口コミに投稿しているように仕事用の回線としても利用できるため、2回線目の契約を考えている方はトーンモバイルを検討してみてください。

口コミ3

この口コミでも、トーンモバイルをデュアルSIMで利用する方法を検討していることが分かります。

デュアルSIMとしてトーンモバイルを利用することで、異なる回線を利用できることや1つの回線が通信障害時になった場合でもインターネット通信を行えるなどのメリットがありますよ。

そのため、現在利用しているスマホでデュアルSIMを利用したいと考えている方は、契約する回線の1つとして、月額料金が安く、動画視聴以外のデータ容量に制限のないトーンモバイルを選ぶこともおすすめですね。

口コミ4

この口コミを投稿した方は、ドコモショップでトーンモバイルを契約した際に手続きが完了するまでに時間がかかったことを紹介しています。

実際の手続きに必要な時間は、申し込みを行う店舗や契約内容によって異なりますが、店舗で契約する場合は、混み具合などによって時間がかかる場合もあることも少なくないでしょう。

また、通信速度が発生する条件が不明瞭であることや通信制限時の速度が遅いなどのデメリットもあることは、トーンモバイルを利用する上で注意しておく必要がありますね。

口コミ5

この口コミでは、トーンモバイルで購入可能なスマホ端末である「TONE e21」が使いやすいことを投稿していますね。

TONE e21は、トーンモバイルが独自に開発・販売しているスマホ端末で、リーズナブルな料金ながらもスペックが良いことから、コスパの良いスマホ端末となっています。

ただし、スペックが必要となるゲームなど、スマホの利用用途によってはスペックが十分でないこともあるため、自分がスマホを利用するシーンから購入を検討することが重要ですよ。

口コミから分かるトーンモバイルのメリット・デメリットを解説!

メリットとデメリット

上記では、トーンモバイルを利用している方の口コミ・評判について解説しましたが、実際にトーンモバイルを利用する際にはメリットとデメリットの両方があることに気づいた方も少なくないでしょう。

そこで、口コミ・評判を中心としたトーンモバイルのメリットとデメリットを改めて紹介していくので、トーンモバイルを利用したいと考えている方は確認しておくことをおすすめしますよ。

トーンモバイルのメリット

merit

最初に口コミ・評判から分かるトーンモバイルを利用するメリットを解説していきます。

子供に安心してスマホを渡せる

ここがポイント

上記でも紹介したようにトーンモバイルでは、子供がスマホを使用する際にアプリの利用制限GPSで現在地を確認できるなどの機能が含まれた「TONEファミリー」を無料で利用することが可能です。

そのため、これから子供にスマホを持たせたいと考えている場合もトーンモバイルは便利に利用できるでしょう。

また、アプリの利用制限やGPSで現在地を確認する以外にも、自画撮りを防止する機能や家族専用のメッセンジャー機能なども利用できるため、トラブルに巻き込まれやすい要因を減らせることも嬉しいポイントですね。

月額料金が安い

料金が安い

トーンモバイルで契約できるプランは、月額1,100円(税込)であることから、大手キャリアと比較した場合はリーズナブルに利用することができます。

そのため、月額料金を重視して契約したい場合はトーンモバイルを選ぶメリットがあると言えるでしょう。

また、トーンモバイルで発行可能な「050」から始まる電話番号を利用する場合は、トーンモバイルユーザー同士の通話が無料になるなどのメリットもあるため、家族でまとめて乗り換える場合もお得に利用できる場合もが多いですよ。

様々な用途で利用できる

デュアルSIM

2つの通信サービスのSIMカードを利用するデュアルSIMなどの使い方ができることは、トーンモバイルを利用するメリットと言えるでしょう。

トーンモバイルは、ドコモの通信回線を利用してインターネット接続を行いますが、ドコモが保有している回線数よりトーンモバイルの回線数が少ないため、大手キャリアと比較すると通信速度が安定しにくいデメリットがあります。

しかし、デュアルSIMとして利用することで、大手キャリアとトーンモバイルの通信回線を状況に合わせて切り替えることもできるため、トーンモバイルのみを契約するより使いやすくなるケースも少なくありませんよ。

2種類の携帯電話番号を保有できる

トーンモバイルを契約することで2つの携帯電話番号を保有できることは、他社通信サービスにはない特徴と言えるでしょう。

なお、保有できる2つの番号は「090・080・070」から始まる携帯電話番号と「050」から始まるIP電話番号となっています。

どちらも普通に通話することが可能ですが、IP電話番号を利用した場合は、通常の通話より料金が安くなるので、音声通話を利用する際には嬉しいポイントの1つではないでしょうか。

危険なSMSを受け取ることがない

トーンモバイルでは、2022年3月24日より危険なサイトのURL・電話番号が含まれるSMSを自動で拒否する「危険SMS拒否設定」機能が開始されました。

最近では、SMSを利用した詐欺はウイルス感染なども増えているので、子供だけでなく様々な人が便利に利用できる機能ですね。

なお、利用料金は無料で、NTTドコモで危険なメッセージだと判定された内容が自動で受信拒否されるため、普段から利用しているメッセージなどは拒否されないことは嬉しいポイントですよ。

トーンモバイルのデメリット

demerit

次に口コミ・評判から分かるトーンモバイルのデメリットを解説していくので、申し込み前にチェックしておきましょう。

通信速度が安定しにくい

上記でも紹介したようにトーンモバイルは、大手キャリアより利用できる回線が少なく、通信が混み合う時間帯などで速度が安定しにくいことは、注意したいポイントの1つです。

しかし、トーンモバイルだけでなく、格安SIMの多くは大手キャリアより通信回線を借りており、借りている回線数に限りがあるため、大手キャリアより通信速度が安定しにくい特徴がありますよ。

そのため、安定してインターネット通信を行いたい場合は、大手キャリアを利用することにメリットがあると言えますね。

店舗での契約手続き時に時間がかかる場合もある

注意ポイント:

先ほど紹介したように、トーンモバイルは2021年12月からドコモショップで契約手続きが行える形になりましたが、店舗での手続き時には時間がかかる場合があることは注意したいポイントの1つです。

実際の申し込みにかかる時間は、利用する店舗の混雑具合などによって異なりますが、1時間以上はかかるケースが多いため、忙しい方は時間を確保することが難しい場合も少なくありません。

そのため、手続き時間を短縮したい場合は、時間や場所に関係なく申し込みが可能なWEBサイトからトーンモバイルを申し込むことがおすすめですね。

速度制限の条件が不明瞭

速度制限

トーンモバイルでは、動画視聴以外のインターネット利用が無制限であることを解説しましたが、一部のユーザーが通信回線を独占しないように速度制限があることを発表しています。

しかし、速度制限が発生する条件は、詳しく発表されていないため、どのくらいの通信を行えば速度制限になるのか分からないことが、トーンモバイルを利用する上でのデメリットの1つと言えるでしょう。

実際の通信速度がかかる条件は分かりませんが、大容量のファイルをダウンロードする場合などは速度制限にかかる可能性もあるため、短期間でのデータ通信量が多くなる場合は通信制限に注意することが重要ですね。

トーンモバイルと人気格安SIMを徹底比較!

徹底比較

ここまでトーンモバイルについて解説しましたが、人気の格安SIMと比較してトーンモバイルの契約を検討したい方も少なくないでしょう。

そこで、最近注目されている人気格安SIMとトーンモバイルの月額料金とデータ容量、通信速度の3つをそれぞれ比較するので、契約する格安SIMを迷っている方は確認してみてください。

通信サービス名月額基本料金(税込)データ容量平均通信速度
トーンモバイル1,100円無制限※12Mbps〜5Mbps
BIGLOBEモバイル1,078円〜8,195円1GB〜30GB12Mbps〜20Mbps
楽天モバイル0円〜3,278円〜無制限18Mbps〜30Mbps
mineo1,298円〜2,178円1GB〜20GB8Mbps〜11Mbps
※音声通話SIMを利用した場合
※1 動画視聴以外のインターネット利用時

トーンモバイル

トーンモバイル

最初に動画視聴以外でのデータ容量に制限がないことや子どものスマホ利用をサポートすることにメリットがあるトーンモバイルの月額基本料金とデータ容量、通信速度を解説していきますね。

 月額基本料金(税込)データ容量平均通信速度
トーンモバイル1,100円無制限※12Mbps〜5Mbps
※1 動画視聴以外のインターネット利用時

月額基本料金

料金で比較

トーンモバイルの月額基本料金は、上記でも紹介した通り1,100円(税込)となっています。

契約できるプランは1つのみなので、初めて格安SIMを契約する方でもプランに迷うことがないでしょう。

また、大手キャリアと比較すると月額料金も安くなっているため、大手キャリアからの乗り換えでもトーンモバイルはおすすめのサービスとなっていますよ。

データ容量

データ容量で比較

トーンモバイルの1ヶ月に使用できるデータ容量は、動画視聴以外では無制限となっています。

そのため、動画視聴以外でインターネットをよく利用する方はトーンモバイルが使いやすいサービスと感じるでしょう。

ただし、動画視聴メインでスマホを利用する方は、別途データ容量を購入する必要があり、月額料金が高くなることは注意したいポイントですね。

通信速度

通信速度で比較

トーンモバイルの通信速度を確認してみると、平均して2Mbps〜5Mbpsほどの速度で通信できることが分かりました。

他の通信サービスと比較すると全体的に通信速度が遅くなっているため、速度を重視する場合は注意する必要があるでしょう。

ただし、実際の通信速度は時間帯や通信場所などの環境によって変動するため、2Mbps〜5Mbps以上で通信できることも少なくありませんよ。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

YouTubeなどの対象となるサービス利用時のデータ容量をカウントしない「エンタメフリー・オプション」が人気のBIGLOBEモバイルとトーンモバイルを比較していきますね。

 月額基本料金(税込)データ容量平均通信速度
トーンモバイル1,100円無制限※12Mbps〜5Mbps
BIGLOBEモバイル1,078円〜8,195円1GB〜30GB12Mbps〜20Mbps
※音声通話SIMを利用した場合
※1動画視聴以外のインターネット利用時

月額基本料金

料金で比較

BIGLOBEモバイルの月額料金は、1,078円(税込)〜8,195円(税込)となっています。

データ容量が少ない場合は、月額料金が安くなっていますが、大容量のプランを契約した場合は、1ヶ月の料金が高くなることに注意しましょう。

そのため、料金を重視する場合は、使用できるデータ容量が多いトーンモバイルにメリットがあると言えますね。

データ容量

データ容量で比較

BIGLOBEモバイルの1ヶ月に使用できるデータ容量は、1GB〜30GBとなっています。

大容量プランを利用できることがBIGLOBEモバイルの特徴ですが、トーンモバイルでは動画視聴以外を無制限で利用できるため、全体的に見るとトーンモバイルが使いやすいと言えるでしょう。

ただし、動画視聴を頻繁に行う場合は、YouTubeなど対象のサービス利用時のデータ容量を消費しないエンタメフリー・オプションが利用できるBIGLOBEモバイルの方が使いやすいかもしれないため、自分の使い方に合わせて比較してみてください。

通信速度

通信速度で比較

BIGLOBEモバイルの通信速度を確認してみると、平均して12Mbps〜20Mbpsほどの速度で通信できることが分かりました。

通信速度は平均的に見ると安定しているように見えますが、昼の通信速度が極端に遅くなっていることが多かったため、休憩時間などにスマホを利用することが多ければトーンモバイルの方が使いやすいでしょう。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは、従量制プランを採用していることや国内通話が無料であることから人気の通信サービスなので、トーンモバイルと月額基本料金やデータ容量などについて比較していきますね。

 月額基本料金(税込)データ容量平均通信速度
トーンモバイル1,100円無制限※12Mbps〜5Mbps
楽天モバイル0円〜3,278円〜無制限18Mbps〜30Mbps
※音声通話SIMを利用した場合
※1 動画視聴以外のインターネット利用時

月額基本料金

料金で比較

楽天モバイルの月額基本料金は、0円〜3,278円(税込)となっています。

上記でも紹介した通り、楽天モバイルでは使用したデータ容量によって月額料金が変わる従量制プランを採用しており、1ヶ月に1GBまでのデータを使用した場合では月額料金が0円になるメリットが楽天モバイルにはありますよ。

対するトーンモバイルでは、1,100円(税抜)のプランのみが提供されているため、スマホでのインターネットを使用する頻度や用途によって楽天モバイルとトーンモバイルのどちらを利用するか選ぶことが重要ですね。

データ容量

データ容量で比較

楽天モバイルは固定プランではなく、従量制プランを採用していることから、1ヶ月に使用できるデータ容量に制限はありません。

しかし、楽天回線を利用できない場合はパートナー回線を利用するため、1ヶ月に5GBまでの高速通信が利用できる形になることは注意したいポイントです。

パートナー回線は、au回線を利用する形になるので、速度は安定していますが、5GB超過後は最大1Mbpsに制限されるため、使用するデータ容量が多ければ、エリアに関係なく動画視聴以外の無制限通信が可能なトーンモバイルにメリットがあると言えるでしょう。

通信速度

通信速度で比較

楽天モバイルの通信速度を確認してみると、平均して18Mbps〜30Mbpsほどの速度で通信できることが分かりました。

楽天モバイルは大手キャリアの通信回線ではなく、独自の通信回線を保有していることから、他社格安SIMと比較すると通信速度が安定している特徴がありますよ。

そのため、通信速度を重視する場合は、トーンモバイルより楽天モバイルにメリットがあると言えるのではないでしょうか。

mineo

mineo

契約時に大手キャリア3社から好きな通信回線を選べるmineoも格安SIMの中では人気のサービスなので、トーンモバイルと比較して解説していきますね。

 月額基本料金(税込)データ容量平均通信速度
トーンモバイル1,100円無制限※12Mbps〜5Mbps
mineo1,298円〜2,178円1GB〜20GB8Mbps〜11Mbps
※音声通話SIMを利用した場合
※1 動画視聴以外のインターネット利用時

月額基本料金

料金で比較

mineoの月額基本料金は、1,298円(税込)〜2,178円(税込)となっています。

全体的に安い料金となっていますが、トーンモバイルの方が月額料金は安くなっているため、料金を重視する場合はmineoよりトーンモバイルにメリットがあると言えるでしょう。

データ容量

データ容量で比較

mineoの1ヶ月に使用できるデータ容量は、1GB〜20GBとなっています。

同じ価格帯でもmineoで1ヶ月に使用できるデータ容量は1GBからとなっているため、使用するデータ容量が多い場合はmineoよりトーンモバイルが使いやすいと感じるのではないでしょうか。

通信速度

通信速度で比較

mineoの通信速度を確認してみると、平均して8Mbps〜11Mbpsほどの速度で通信できることが分かりました。

mineoでは時間帯に関わらず安定した速度で通信を行えることから、通信速度を重視する場合はトーンモバイルよりmineoを利用するメリットが大きいと言えるのではないでしょう。

ただし、mineoは利用する回線によって通信速度が異なることは注意したいポイントです。

ぜひ、この記事で紹介したトーンモバイルが気に入った場合は公式WEBサイトから申し込んでみてくださいね。

えにみろん自画像

トーンモバイルは通信速度より容量や料金にメリットがある格安SIMサービスですよ。公式サイトで確認してみてくださいね。

トーンモバイルを利用する際に注意したい3つのポイント

注意点

トーンモバイルは、動画視聴以外のインターネットが無制限で利用できることや子供のスマホを安心して利用できる様々な機能を搭載しているメリットがありますが、利用する際に注意したいポイントがあることも事実です。

そこで、トーンモバイルを利用する際に注意したいポイントを3つ解説していくので、トーンモバイルを利用したいと考えている方は確認しておくと安心できるはずですよ。

動画を視聴する場合はWi-Fiの利用またはチケットの購入が必要

トーンモバイルは動画視聴以外のインターネット利用が無制限であることが特徴になるため、動画視聴をする際はどうすればいいのか分からない方も少なくないでしょう。

結論から言うと、トーンモバイルで動画視聴する場合は1GBあたり330円(税込)~490円(税込)のチケットを購入するか、自宅などのWi-Fiを利用する必要がありますよ。

なお、チケットの料金は以下の通りです。

 契約内容料金(税込)
オリジナルAndroid端末    330円/1GB
TONE SIM(for iPhone)     490円/1GB
TONE for iPhone370円/1GB

また、動画視聴をするためのチケットは購入日を含めて31日間の有効期限があることも注意したいポイントです。

24ヶ月の最低利用期間がある

最低利用期間

トーンモバイルは、24ヶ月の最低利用期間が決まっていることは利用する際に注意したいポイントの1つです。

もし、24ヶ月以内に解約した場合は9,800円(不課税)の違約金が発生するため、短期で解約する可能性がある場合はトーンモバイルの契約をよく検討する必要がありますね。

ただし、ドコモで契約するトーンモバイルには最低利用期間と違約金が定められていないので、最低利用期間が気になる場合はドコモショップで契約することもおすすめですよ。

ドコモでの契約内容は条件が異なる

注意ポイント:

この記事では、トーンモバイルの公式WEBサイトから申し込んだ場合について解説しましたが、エコノミーMVNOに指定されたトーンモバイルは、ドコモショップでも契約できることを最初に紹介しました。

しかし、トーンモバイルをドコモで申し込んだ場合は、上記で解説したように最低利用期間の違いなどがあることは注意したいポイントですよ。

また、トーンモバイルの公式WEBサイトとドコモショップで申し込んだ場合は、支払い方法なども異なるので、どちらで契約するか迷っている方は違いをチェックしておく必要があるでしょう。

トーンモバイルがおすすめの場合は?

おすすめな方

先程は人気の格安SIMとトーンモバイルの月額料金やデータ容量などを比較して解説したので、どちらを利用するか迷っている方も少なくないかもしれませんね。

そこで、トーンモバイルを利用することがおすすめの場合を3つのシチュエーションごとに解説していきますよ。

子供にスマホを持たせたい場合

ここまでにも繰り返し紹介しましたが、子供にスマホを持たせたい場合はアプリの利用制限などを行えるトーンモバイルを便利に利用できるでしょう。

最近では、子どもをターゲットにした犯罪やトラブルも増えているので、標準機能として見守り機能が利用できるトーンモバイルは魅力に感じるはずですよ。

また、東京都を含む自治体からも推奨されている通信サービスなので、これから子どもにスマホを持たせたいと考えている方はトーンモバイルを契約してみてはいかがでしょうか。

動画視聴以外でインターネットを利用することが多い場合

インターネット利用

トーンモバイルは動画視聴する以外のインターネットが使い放題の格安SIMであるため、動画視聴以外でインターネットを利用することが多い方にもおすすめのサービスです。

そのため、Googleマップや音楽ストリーミングサービスなどでインターネット通信を利用することが多い方は、他の格安SIMよりトーンモバイルを便利に利用できるはずですよ。

ただし、継続的に通信回線を独占するほどの大容量データを使用した場合は、トーンモバイルから通信速度や通信量の制限がかけられる場合があることは注意したいポイントです。

2回線目のSIMカードを契約したい場合

デュアルSIMや仕事とプライベートの通信回線を分けたい場合にもトーンモバイルが便利に利用できるはずですよ。

トーンモバイルは動画視聴以外でのインターネットを無制限で利用できるため、プライベートで利用する通信回線を利用する場合はトーンモバイルが便利ですね。

また、トーンモバイルを契約した場合はトーンモバイルを契約している同士の通話が無料になる「050」の電話番号を利用できるため、2回線目の契約で音声通話を利用することも可能です。

トーンモバイルの契約時によくある質問をまとめました!

よくある質問

最後にトーンモバイル契約時によくある質問をまとめて紹介していきますね。

トーンモバイルは大手キャリアと違ったポイントも多いので、契約時に不安に感じることがある方は事前にチェックしておくと安心できるはずですよ。

契約申し込み時に必要なものは?

トーンモバイルは大手キャリアと違う特徴があるため、契約を申し込む際に何が必要か分からない方が多いのではないでしょうか。

結論から言うと、トーンモバイルの契約を申し込む際に必要なものは、手続きを行う場所によって異なるため注意する必要がありますよ。

そこで、WEBサイトからの申し込みとドコモショップ・カメラのキタムラなどの店舗で申し込む際に必要なものをそれぞれ紹介するので、申し込みを考えている場合は確認してみてくださいね。

WEBサイトからの申し込み時に必要なもの

ネットで申し込む

トーンモバイルの公式WEBサイトから申し込み時に必要なものが以下の3つです。

  • メールアドレス
  • クレジットカード
  • MNP予約番号

MNP予約番号は他社通信サービスからトーンモバイルへ乗り換えする際に必要となるため、新規でトーンモバイルを契約する場合は必要ありません。

また、他社から乗り換える場合は、キャリアで発行されたメールアドレスが乗り換え後に利用できなくなるため、キャリアのメールアドレス以外を準備しておきましょう。

店舗での申し込み時に必要なもの

店舗で申し込む

ドコモショップやカメラのキタムラなどトーンモバイルを取り扱っている店舗で申し込む際に必要なものが以下の4つです。

  • 本人確認書類
  • 端末購入代金
  • クレジットカード・キャッシュカード
  • MNP予約番号

WEBサイトでの申し込みで必要になるものと比較した場合では、端末購入代金が必要になることが注意したいポイントの1つでしょう。

ただし、端末は購入する際には一括払いだけでなく、クレジットカードを使用した分割払いも利用できるため、状況に合わせて支払い方法に合わせて選んでみてください。

トーンモバイル契約時にキャンペーンは利用できる?

キャンペーン

格安SIMでは、キャンペーンを利用することでお得に契約できる場合も多いため、トーンモバイルでキャンペーンが利用できるのか疑問に感じる方も少なくありません。

結論から言うと、トーンモバイルでは定期的にキャンペーンを実施しているため、条件を満たしていればキャンペーンを利用することが可能ですよ。

なお、2022年3月時点では、トーンモバイルを紹介して契約した場合に紹介者・紹介された側の月額基本料金が無料になる紹介キャンペーンと60歳以上の方がトーンモバイルを契約した場合に月額料金が最大1年間無料になるキャンペーンを実施しているため、通常よりお得に契約することができます。

ただし、キャンペーンによって実施期間と適用条件が異なるため、申し込み前によくチェックしておきましょう。

LINEでの通話は料金が発生する?

メッセージアプリとして人気のLINEでは通話を利用できることから、トーンモバイルでLINE通話を利用した時に料金が発生するか気になる方が多いことも事実です。

しかし、LINEでの通話は音声通話と異なり、インターネット回線を利用する通話方法のため、通話料金が発生することはありませんよ。

そのため、LINEをよく利用する方は動画視聴以外のインターネット通信が無制限のトーンモバイルを利用するメリットが大きいと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

トーンモバイルは、動画視聴以外でのインターネット通信が無制限で使えることや子供のスマホ利用を見守れる機能などが使える便利な格安SIMサービスです。

それ以外にも月額基本料金やトーンモバイルが独自に開発したスマホを購入できるなどのメリットもあるため、初めて格安SIMを利用する方にもおすすめですよ。

ぜひ、この記事で紹介したトーンモバイルが気に入った場合は公式WEBサイトから申し込んでみてくださいね。

えにみろん自画像

トーンモバイルはメリットとデメリットがはっきりしている格安SIMです。デメリットが問題なければお得なサービスですよ!

トーンモバイル

Posted by guest