本サイトはプロモーションが含まれています

携帯ブラックリストでも契約できる方法【2023】時効は?短期契約は?疑問を解説

携帯ブラックリストでも契約できる方法

日常生活で必須と言っても過言ではないスマホは、申し込み時に審査が行われることが一般的です。そのため、審査に落ちてしまうとスマホを利用することができません。

スマホの審査はクレジットカードやローンと比較すれば緩いですが、携帯ブラックリストに載ってしまうと審査に通らない可能性も高いです。しかし、携帯ブラックリストについてよく分からない方も多いでしょう。

そこでこの記事では、携帯ブラックリストの概要について解説します。さらに、携帯ブラックリストに載っていても契約できるスマホサービスを紹介するので確認してみてください。

携帯ブラックリストとは?

携帯ブラックリストとは、スマホの契約ができないようにリストアップされていることです。実際にブラックリストというもの自体は存在しませんが、審査に落ちる状態のことを「ブラックリストに載る」と言います。

そのため、スマホの契約ができない状況を作らないためには、ブラックリストへ載らないようにしておくことが重要でしょう。そこで、ブラックリストに載ってしまう主な原因について解説します。

携帯ブラックリストに載ってしまう原因は何?

原因を解説

携帯ブラックリストに載るとスマホの契約が困難になります。そのため、ブラックリストに載る原因を理解しておき、スマホが契約できない状況を作らないことが重要です。

そこで、携帯ブラックリストに載ってしまう主な原因を紹介します。いつでも問題なくスマホを契約できるように主な原因を確認しておきましょう。

携帯料金を滞納している

携帯料金の滞納は、ブラックリストに載ってしまう原因の1つです。そのため、スマホ契約時にスマホ料金を滞納していると、スマホの新規契約・乗り換えは難しいでしょう。

また、スマホ料金の延滞が多い場合も契約できない可能性が高いです。滞納・延滞といった情報は情報機関を通じてスマホの申し込み時にチェックされるため、料金の支払いは忘れないようにしましょう。

クレジットカードやローンの延滞・未払いがある

滞納がある

携帯料金だけでなく、クレジットカードやローンの延滞・未払いでもブラックリストに載ってしまうので注意が必要です。スマホの審査に関わりがないと考える方もいますが、滞納・延滞した情報は情報機関に残ります。

そのため、クレジットカードの利用が多い方やローンを組んでいる方は延滞・未払いに注意しましょう。また、延滞が続いていると利息が発生する場合もあるため、返済計画は綿密に立てることが重要です。

携帯の短期解約を何度も行う

解約

1度だけではブラックリストに載らない可能性は高いですが、携帯電話の短期解約を何度も繰り返しているとブラックリストに載る可能性は十分に考えられるでしょう。

ただし、短期解約で審査が通らないのはキャリア独自のブラックリストに載っている可能性が高いです。一般的なブラックリストは信用情報機関に登録されたものであり、審査時にキャリア側が機関を通して確認します。

一方、各キャリアが持つブラックリストは、これまでの申し込み経歴などを基準にしたものです。各キャリアが独自の基準を設けて契約の可否を判断しているため、短期解約が審査落ちの理由となる可能性も考えられます。

携帯ブラックリストの調べ方は?

方法を解説

上記では携帯ブラックリストに載る主な原因を紹介しましたが、自分自身がブラックリストに載っているか知りたいと考える人は少なくないでしょう。実はブラックリストは自分で調べることが可能です。

ブラックリストは信用情報機関が管理しており、各機関が取り扱っている情報は以下のように異なります。

信用情報機関名取り扱いのある主な信用情報
株式会社シー・アイ・シー(CIC)・クレジットカード
・ローン
株式会社日本信用情報機構(JICC)・消費者金融
全国銀行個人信用情報センター(KSC)・銀行

そして、ブラックリストを確認するためには、自身が知りたい情報を扱っている信用情報機関にWEB・窓口・郵送のいずれかで開示請求を行います。WEBからの申し込みは場所に関係なく申請できるのでおすすめです。

ただし、申請方法は各機関によって異なるため、開示請求を行う場合は事前に手順を確認しておきましょう。

携帯ブラックリストに時効はある?何年で消える?

いつからいつまでなのか

携帯ブラックリストを調べた結果、自分がブラックリストに載っていれば消したいと考える人が多いはずです。そのため、ブラックリストの時効や期間を知っておく必要があります。

結論から言うと、ブラックリストに残った情報は自分で消すことはできません。ただし、信用情報機関に登録された情報は、ブラックリストに載った原因が解消してから5年または10年で消えます。

一般的には5年でブラックリストは消えますが、個人再生または自己破産の場合は手続き完了から10年で消える形です。状況によって消えるまでの期間が異なるため、あらかじめ把握しておきましょう。

携帯ブラックリストに載っていてもスマホは契約できる?

ここがポイント

携帯ブラックリストはスマホを契約する際に大きく関わるものですが、携帯ブラックリストに載っているとスマホの新規契約・乗り換えを行えないのか気になる人も多いでしょう。

結論から言うと、ブラックリストに載っていると審査に通らず、スマホを契約できない可能性が高いです。ただし、誰でもスマホのような携帯ブラックリストに載っていても契約可能なサービスはあります。

そのため、ブラックリストに載っていてもスマホが利用できないというわけではありません。そこで、ブラックリストに載っていても契約できる誰でもスマホについて紹介します。

携帯ブラックリストに載っていても契約できる誰でもスマホとは?

携帯ブラックリストに載っていると、大手キャリアや格安SIMの契約は難しい可能性が高いです。しかし、携帯ブラックリストに載っていてもスマホ契約したい方は誰でもスマホを検討してみると良いでしょう。

誰でもスマホ は株式会社アーラリンクが運営しているサービスで、携帯ブラックリストに載った人の支援実績が多くあります。また、他のキャリアにはない特徴も多いため詳しく解説します。

他のキャリアにはない!誰でもスマホの特徴

特徴を解説

現在では多くのキャリアが提供されているため、誰でもスマホ以外の通信サービスの契約を検討している方も多いでしょう。また、ブラックリストに載ってしまっている方は詳しいサービス内容が気になるはずです。

そこで、誰でもスマホの特徴をまとめました。他のキャリアで申し込みしても審査に通らなかった方は特徴を確認して、自分に適したサービスであるか確認してみると良いでしょう。

\公式サイトはこちら/

契約期間の縛りなし

契約期間

誰でもスマホは契約期間の縛りがなく、いつ契約・解約しても問題ありません。キャリアによっては短期解約することで各社が管理しているブラックリストに載る可能性があるため、縛りがないことは魅力と言えます。

また、他のキャリアが契約できる状態になるまで、誰でもスマホを利用することも可能です。例えば、もう少しでブラックリストが消える状態であれば、他のキャリアより誰でもスマホを選ぶ方が良いでしょう。

携帯ブラックリストに載った人の支援実績が多い

実績が多い

上記でも紹介したように、誰でもスマホは携帯ブラックリストに載った人の支援実績が多い通信サービスです。他のキャリアでは契約できなかった人も契約した実績があるため、契約を検討する価値は充分にあるでしょう。

なお、誰でもスマホでは10年で2万人以上携帯電話ブラック支援した実績があります。生活保護を受給している方や自己破産済みの方でも契約できた実績があるため、他キャリアで契約できなかった方は特におすすめです。

コンビニでの料金支払いに対応

コンビニ支払い

携帯ブラックリストに載っている方はクレジットカードや銀行口座を持っていない可能性もあるでしょう。しかし、誰でもスマホはコンビニ払いに対応しているため、クレジットカードや銀行口座がなくても契約できます。

一般的に大手キャリア・格安SIMでは、クレジットカードまたは口座振替で利用料金を支払う形です。そのため、支払い方法が対応していないことで契約できない場合は、誰でもスマホにメリットがあります。

全てのプランにかけ放題が付いている

かけ放題

誰でもスマホで契約できる全てのプランには、かけ放題が標準で付いていることも特徴の1つです。通常であればかけ放題を利用するためには、有料オプションを契約する必要があるためお得に感じるでしょう。

また、誰でもスマホのプランに付帯しているかけ放題は時間・回数に関わらず利用できるかけ放題です。そのため、音声通話をよく利用する方なら他社キャリアよりお得に利用できるかもしれません。

料金プランが豊富

利用料金

誰でもスマホは豊富なプランを提供しており、自分の使い方に合わせて利用することが可能です。そこで、誰でもスマホで提供されているスマホ向けプランの月額料金を表にまとめました。

データ容量月額料金(税込)
1GB3,278円
3GB3,938円
5GB4,598円
7GB5,258円
10GB6,248円
15GB7,898円
20GB9,548円
25GB11,198円

格安SIMと比較すると料金は少し高いですが、ブラックリストに載っていても契約できることに加えて、全てのプランに時間・回数無制限の音声通話かけ放題が付いているため、利用しやすいサービスでしょう。

誰でもスマホの申し込み方法

申し込み方法

ここまで誰でもスマホの特徴について解説しましたが、自分の使い方に合っていれば申し込みしたいと考える人も多いでしょう。しかし、申し込み方法は大手キャリアと異なるため、手順を確認しておくことが重要です。

そこで、誰でもスマホの申し込み方法をWEB・店舗に分けて紹介します。各申し込み方法で手順や注意するべきポイントが異なるため、事前に確認しておくとスムーズに申し込めるはずです。

WEBからの申し込み

ネットで申し込む

誰でもスマホをWEBから申し込む場合は以下の手順で進めます。

  1. 誰でもスマホ の公式サイトにアクセスする
  2. 申し込みフォームを記入・送信
  3. メールに記載された決済番号で料金を支払う
  4. 発送された商品を受け取る

WEBから申し込む場合は誰でもスマホの公式サイトにアクセスして、専用の申し込みフォームを記入・送信します。そして、申し込みが完了すると決済番号が記載されたメールが届くのでコンビニで料金を支払う流れです。

コンビニの決済が確認できれば、本人確認書類に記載された住所に商品が発送されるので受け取りましょう。なお、17時までに入金が確認できた場合は当日発送を行うため、急ぎの方は17時までの手続きがおすすめです。

店舗での申し込み

店舗で申し込む

誰でもスマホを店舗で申し込む場合は以下の手順で進めます。

  1. 誰でもスマホの店舗に来店予約する
  2. 店舗で申し込みを行う
  3. 最寄りのコンビニで料金を支払う
  4. 店舗で商品を受け取る

誰でもスマホを店舗で申し込むためには、公式サイトから店舗に来店予約する必要があります。なお、誰でもスマホの店舗は関東と近畿地方にあるので、都市圏在住の方は店舗で契約しやすいでしょう。

そして、予約が完了したら希望した店舗で誰でもスマホの申し込みを行う流れです。店舗での申し込みは15分〜30分程度の時間がかかり、受付後は最寄りのコンビニで初期費用を支払います

初期費用の支払いが完了した後は、商品の店舗受取が可能です。ただし、確認書類が「住民票」「生活保護受給証」などの場合は、本人確認書類の現住所へ商品が発送されることには注意する必要があります。

まとめ

まとめ

この記事では、スマホの契約に関わる携帯ブラックリストについて解説しました。

携帯ブラックリストは携帯料金やクレジットカード、各種ローンの延滞・滞納などの原因により載る可能性が高いです。しかし、ブラックリストに載っても誰でもスマホなら契約できます。

そのため、他のキャリアを契約できなかった場合は誰でもスマホを検討してみると良いでしょう。全てのプランにかけ放題が付いていることやコンビニ支払いに対応している特徴があるため、使い勝手も良いサービスです。

えにみろん自画像

ブラックリストに載ってしまっても携帯の契約は可能です!
申し込みも手軽にできるので、検討してみてくださいね。